オリンピック&メダル

大会 結果 競技 種目
リオデジャネイロ 2016
大会 結果 競技 種目
リオデジャネイロ 2016
#3
Tennis Singles
ロンドン 2012
大会 結果 競技 種目
ロンドン 2012
#=5 Tennis Singles
#=17 Tennis Doubles
北京 2008
大会 結果 競技 種目
北京 2008
#=33 Tennis Singles

錦織圭/Kei NISHIKORI

日本
テニス
僕の目標はアジア新記録を出すことではなく、世界最高の選手になることです。
身長
178cm / 5'10''
体重
70kg / 154ポンド
生年月日
1989年 12月 29日 Matsue, Japan
性別

メダル獲得数

1 オリンピックメダル

オリンピック競技大会

3 オリンピック競技大会

錦織圭/Kei NISHIKORI 略歴

男子テニスの錦織圭は5歳でテニスを始め、中学生の時にアメリカに留学して技術を磨いた。26歳の時に出場したリオ五輪男子シングルスでは銅メダルを獲得。ここでは世界を舞台に輝かしい成績を残してきた錦織の年齢、身長、体重から成績までプロフィールをまとめて紹介する。

1989年12月29日生まれの錦織は現在30歳(2020年8月11日時点)。錦織と同じ1989年生まれの選手には、フランスのブノワ・ペール、オーストラリアのジョン・ミルマンらがいる。

島根県松江市出身で、小学校6年生の時には5月の全国選抜ジュニア選手権のほか、7月の全国小学生大会や8月の全日本ジュニア12歳以下でも優勝し、史上5人目となる3冠を達成した。

中学時代にはアメリカ・フロリダのIMGアカデミーにテニス留学して、世界のジュニアサーキットを転戦する。プロに転向したのは2007年、錦織は17歳だった。

■身長と体重

身長は178cm、体重は73kg(ATPツアー公式サイトより)。ノバク・ジョコビッチは身長188cm、ラファエル・ナダルやドミニク・ティエム、ロジャー・フェデラーは身長185cmで、トッププレーヤーの中では比較的小柄であることで知られている。

ウイルソンのラケットは10歳の時から愛用し、シューズはナイキ、ウェアはユニクロと契約している。

2008年から日清食品とスポンサー契約を開始し、2012年から同社に所属している。女子テニスの大坂なおみは2016年から、男子テニスの綿貫陽介は2017年から同社に所属。男子バスケットボールの八村塁は2019年に同社とスポンサー契約を開始した。

■錦織圭の成績…アジア人初のグランドスラム決勝進出

2008年8月の全米オープンでは日本男子シングルスとして71年ぶりにベスト16に進出、同年のATPワールドツアー最優秀新人賞に輝いた。

2011年には上海マスターズでベスト4に進出して世界ランキング30位まで浮上し、松岡修造が持つ世界ランキング46位の記録を大幅に更新する。スイス室内の準決勝では、世界ランキング1位のジョコビッチを破り注目を集めた。

2014年の全米オープンでは決勝進出を果たし、アジア人として初めてグランドスラム(4大大会)で決勝進出を果たす。2015年にはメンフィスオープン3連覇、メキシコオープン準優勝という結果を残し、世界ランキングは自己最高の4位になった。

優勝した大会

・2008年 デルレイビーチオープン(ATPツアー初優勝)

・2012年 楽天ジャパンオープン

・2013年 メンフィスオープン

・2014年 メンフィスオープン、バルセロナオープン、マレーシアオープン、楽天ジャパンオープン

・2015年 メンフィスオープン、バルセロナオープン、シティーオープン

・2016年 メンフィスオープン

・2019年 ブリスベン国際

準優勝した大会

・2011年 全米男子クレーコート、スイス室内

・2014年 マドリードオープン、全米オープン

・2015年 メキシコオープン

・2016年 マイアミオープン、バルセロナオープン、ロジャーズカップ、スイス室内

・2017年 ブリスベン国際、アルゼンチンオープン

・2018年 モンテカルロマスターズ、楽天ジャパンオープン、エルステバンクオープン

■錦織圭とオリンピック…リオ五輪で銅メダル獲得

2008年北京五輪の男子シングルスは1回戦で敗退。2012年ロンドン五輪では男子シングルスで準々決勝まで勝ち進み5位入賞を果たした。2016年リオ五輪は男子シングルスで銅メダルを獲得。日本勢として96年ぶりとなるメダル獲得だった。

世界を舞台に輝かしい成績を残してきた錦織が、4回目の五輪出場を見据え、完全復活を目指す。

※データはすべて記事執筆時点で公表されているもの

■錦織圭関連記事

錦織圭、2020年最新のコーチ体制は?マイケル・チャンとの歴史(リンク)

アスリート