あなたのアカウントを削除することを確認して下さい

ダイアナ・マセソン

13年以上にわたってサッカーカナダ女子代表を支えた小柄なミッドフィールダー。オリンピック3大会出場とFIFA女子ワールドカップ4大会出場の経験を持つ。

ロンドン2012ではロスタイムの決勝ゴールでカナダを銅メダルに導き、リオ2016でも銅メダル獲得の原動力となった。

2003年3月に代表デビュー。その数カ月後にメキシコとの親善試合で代表初得点をマークする。

北京2008ではカナダの8強進出に貢献するも、準々決勝で延長戦の末にアメリカに敗れた。

ロンドン2012の準決勝では再びアメリカと対戦。オリンピック史に残る名勝負となったこの試合では、ハットトリックを記録したクリスティン・シンクレアの活躍でカナダが3度リードを奪う。しかし、粘るアメリカはまたしても勝負を延長戦に持ち込むと、PK戦突入かと思われた123分にアレックス・モーガンが劇的な決勝点を挙げた。

カナダは3位決定戦でフランスと対戦。ソフィー・シュミットのシュートがこぼれたところをマセソンが押し込み、フランスを下して銅メダルを獲得した。

カナダとフランスはリオ2016の準々決勝で再び顔を合わせ、この時もカナダが1-0で勝利。続く準決勝ではドイツに0-2で敗れたが、3位決定戦で開催国ブラジルにサンパウロで2-1と競り勝ち、2大会連続の銅メダルを手にした。

4位に終わった2003年女子ワールドカップのメンバーでもあり、2015年大会ではカナダの8強進出に貢献。準々決勝では惜しくもイングランドに敗れた。

読み込み中...
Plus

ダイアナ・マセソン:リオ・オリンピック ハイライト

2016年夏 リオ・オリンピック ベストシーン

5 エピソード

ショー

Flame Catchers

オリンピック開催国に残された遺産を、影響を受けた観客やアスリートの視点で検証。

読み込み中...
Plus

カナダがサッカー女子で銅

カナダはサッカー女子3位決定戦でブラジルを破った。

サッカーベストゴール集

読み込み中...

他のコンテンツ