あなたのアカウントを削除することを確認して下さい

ザフラ・ネマティ

ザフラ・ネマティは、イラン女性として初めてオリンピックまたはパラリンピックで金メダルを獲得した。

バンコクで開催された2015年アジアアーチェリー選手権でのパフォーマンスにより、2016年リオオリンピック出場が決定。アーチェリー選手としては1996年のイタリア代表パオラ・ファンタート以来となる同年のオリンピックとパラリンピック両大会への参加資格を得た。

2012年ロンドンパラリンピックでリカーブ個人(W1/W2)で金メダル、リカーブ団体では銅メダルを獲得した。

自動車事故で下半身不随に。事故の前はテコンドーで黒帯の腕前を持っていた。

負傷後、アーチェリーを始めてわずか半年で車椅子に乗って2006年イラン全国選手権に出場。健常者のアーチェリー選手たちに交じって戦い、3位の成績を残した。

その結果、アーチェリーイラン代表に迎え入れられ、その後参加したすべての大会でメダルを獲得している。

初めて参加したパラアーチェリーの国際大会である2010年チェコ選手権で世界記録を更新。個人で金メダル、団体と男女ミックスで銀メダルを獲得した。

ケルマーンで生まれたネマティは、同じパラリンピックアーチェリー選手のロハム・シャハビプアと結婚した。シャハビプアは2012年ロンドンパラリンピックリカーブ個人で8位、団体で6位となり、2011年と2013年の世界パラアーチェリー選手権にも出場している。

ザフラを知ろう

16 エピソード

ショー

Heroes of the Future

各競技で次世代を担う世界の若きアスリート、明日のオリンピックの英雄を紹介。

他のコンテンツ