Generic Section Container

次の動画

モンテネグロのハンドボール界をけん引する母娘コンビ

あと 5 秒で再生 カウント停止
Footsteps: Family Stories from the Balkans

セルビアの卓球王朝

イバン・カラカシェビッチがユーゴスラビアに初めて卓球台を持ち込んだのは1928年。その息子ミリボイも卓球の道に進み、10年間にわたって世界トップ10の座を維持した。しかし一族のオリンピック出場は、孫アレクサンダルの代まで待たなければならなかった。