Generic Section Container

次の動画

モニーク&ジョセリン・ラムルーの冬季オリンピック至高の瞬間

あと 5 秒で再生 カウント停止
My Great Winter Olympic Moments

モニーク&ジョセリン・ラムルーの冬季オリンピック至高の瞬間

モニーク・ラムルー=モンドとジョセリン・ラムルー=デビッドソン、通称双子のラムルー姉妹は、平昌2018のアイスホッケーでアメリカ代表して金メダルを獲得した。カナダとの決勝ではモニークが同点ゴールを決め、ジョセリンがシュートアウトで決勝ゴールをマークし、チームを20年ぶりとなる栄冠に導いている。あれから20年。冬季オリンピック至高の瞬間の今回のエピソードでは、ラムルー姉妹が自身の輝かしいキャリアを振り返るとともに、平等とダイバーシティ、インクルージョンの推進役としての活動について語った。