どん底から完全復調へ向けて。土居美咲が歩み続けるテニス人生

ジュニア時代からテニス界で名を馳せていた土居美咲。2016年ウィンブルドンでのベスト16をピークに勝ち星に恵まれないまま、ここ数シーズンを過ごしている。しかし、2019年1月、メルボルンで行われた全豪オープン予選最終日では、2年ぶりの本戦出場を決めた。また、3月にアメリカのフロリダ州で行われたマイアミ・オープン(ATP1000/WTAプレミア、グランドスラム大会に次ぐ格の男女共催大会)では、1回戦で中国期待の新鋭、ワン・シンユ(王欣瑜)を6-2、1-6、6-3で破り、2回戦に進んだ。2018年6月、世界ランクが自己ワースト328位まで落ち、引退も考えるほどのどん底にいた土居は今、本来の姿を取り戻しつつある。

一度はどん底を味わった土居美咲が復活しつつある
一度はどん底を味わった土居美咲が復活しつつある一度はどん底を味わった土居美咲が復活しつつある

攻撃力で魅了するサウスポーが世界を舞台に羽ばたく

現在28歳の土居美咲(世界ランク104位※)は、左利きのトップスピンがよくかかったフォアハンドストロークが武器だ。6歳からテニスを始め、中学生の全国テニス選手権で二度ベスト4に進出するなど、早い段階からその才能を開花させている。ジュニア時代は、奈良くるみと組んだダブルスで数々の実績を残した。

高校在学中に出場したウィンブルドンジュニアや全米オープンジュニアでは準優勝。その名を世界に知らしめた。日本国内では18歳以下のジュニアシングルスランキングで3位となり、名実ともに日本ジュニアのトップ選手となった。

土居の持ち味は、大柄な欧州勢相手にも堂々と渡り合う攻撃的なテニスだ。159cmの体格は日本人選手としても小柄だが、豊富な練習量に裏打ちされたプレーは躍動感と破壊力に満ちている。ベースラインぎりぎりの逆クロスや、鋭く振り抜く左腕から繰り出されるフォアハンドで、次々とウィナー(相手のラケットに触れることなく決まるポイント)を奪う。

また、サウスポーという利点を生かした効果的なサービスも土居の武器のひとつ。特にアドサイドから逃げていくスライスサービスは、コートの外に相手を追い出してオープンスペースを作り出せるのでウィナーがとりやすくなる。このふたつの武器を軸に、土居は2008年12月、17歳8カ月でのプロへ転向以来実力を発揮してきた。

※2019年4月21日時点

攻撃的なテニスを武器に世界での地位を高めた土居
攻撃的なテニスを武器に世界での地位を高めた土居攻撃的なテニスを武器に世界での地位を高めた土居

日本人エースとしての功績とプロ人生最大のスランプ

土居がもっとも注目された年は2016年だろう。世界最高峰の大会ウィンブルドンで、日本人テニスプレイヤーとしては12年ぶりとなる16強入りを果たし、同年に開催されたリオ五輪では、日本代表女子のエースとして日本代表に選出された。

オリンピックに初出場した当時25歳の土居。シングルス1回戦は6-3、6-4でシュウェドワ(カザフスタン)に勝利し、2回戦に進出。2回戦では、第13シードで元世界ランク4位のS・ストーサー(オーストラリア)と対戦。土居はストーサーの強烈なフォアハンドのストロークに苦戦し、第1セット、第2セットと傾いた流れを取り戻せず、3-6、4-6のストレートで敗れて、3回戦進出とはならなかった。

リオ五輪で結果は残せなかったものの、直後のウエスタン・アンド・サザン・オープンでは3回戦に進出し、ランキングを32位まで上げた。迎えた全米オープンでは、初めてグランドスラム大会のシード権を手に入れ、自己最高の30位(2016年10月10日付け)を記録し、新たなシーズンでさらなる飛躍を見せてくれるかと周囲を期待させた。

しかし、勝負の世界は厳しく、2017年シーズン以降は勝ちに恵まれないシーズンが続く。追う立場から追われる立場へ。立場の変化は心の様相を変え、プレーにも影を落とし始める。2017年の初夏に腹筋を痛めた影響もあったのか、9月のジャパンウイメンズオープンは初戦敗退。ランキングもどんどん下がり、2018年序盤には世界ランクが300位台まで後退。コートに向かうことに恐怖を覚えるまでになり、引退を考えたこともあったという。

世界で戦い続ける厳しさを痛感した土居。「テニスが好き。一つ一つ地道に」と努力を重ねることで、徐々に復調への足がかりを掴んでいった。そして、2018年8月にはツアー下部大会に相当するITFの大会で優勝。噛み合っていない歯車が緩やかに噛み合っていくのを感じていた。2018年シーズンを戦い終える頃には、ランキングを128位まで戻していた。

2018年に入り、復調の兆しが見えてきた
2018年に入り、復調の兆しが見えてきた2018年に入り、復調の兆しが見えてきた

勝利で復活をアピール。東京五輪に向けて上昇気流に乗れ!

今年3月のマイアミ・オープン。土居は勝利を収めたことで、四大大会の本戦出場の目安となる世界ランキング100位以内の復帰がほぼ確実となった。また、2019年4月に行われた女子テニス国別対抗戦のフェド杯ワールドグループ2部入れ替えで、オランダ相手に活躍した姿は記憶に新しい。この大会にエースとして出場した土居は、世界ランク149位のスフーフスに6-3、6-2のストレート勝ち。NO.1同士の対決を制して、前日のシングルスから1セットも失うことなく、3連勝で日本の勝利が決まった。残るダブルス1試合も日本が勝利。ワールドグループで、日本が1試合も落とさずに勝ったのは、2012年ワールドグループ2部1回戦の対スロベニア以来7年ぶりのことだった。敗れればアジア・オセアニアゾーンへ転落という“崖っぷち”だっただけに、ワールドグループ2部残留を決めたこの勝利は、土居自身にとっても、日本代表チームにとっても、大きな1勝となった。

勝利の瞬間、何度も両手を突き上げ、喜びを見せた土居。きっとスランプ脱出の糸口を掴んだに違いない。東京五輪に向けて、2年間の不振を吹っ切るようなプレーを見せてくれることを期待しよう。

楽しめましたか?いいねまたは友達とシェアしよう!