【アスリートの原点】八村塁:野球を断念したのは豪速球が取れる選手がいないため。 中学からバスケを始め、当時からアメリカ行きを意識

熱心な友人の勧誘を受けバスケットボールの道へ

八村塁はアメリカの男子プロバスケットボールリーグNBAドラフト一巡目でワシントン・ウィザーズに指名を受け、一躍時の人となった。2メートル3センチという恵まれた体格を武器に、日本バスケ界を背負って立つ存在として期待される逸材だ。誰よりも強いバスケ愛を胸に、道を切り拓いていく。

アメリカのゴンザガ大では長身を生かして活躍(左端)。NCAAトーナメント(全米大学選手権)といった大舞台でも存在感を見せつけた
アメリカのゴンザガ大では長身を生かして活躍(左端)。NCAAトーナメント(全米大学選手権)といった大舞台でも存在感を見せつけたアメリカのゴンザガ大では長身を生かして活躍(左端)。NCAAトーナメント(全米大学選手権)といった大舞台でも存在感を見せつけた

小学校時代は100メートル走で全国大会に出場

「怪物」は1998年2月8日に富山県で誕生した。

父ザカリさんはアフリカのベナン共和国出身。母の麻紀子さんは英会話講師。2つの国の血を引いた少年は幼いころから運動神経抜群だった。小学校時代は野球に打ち込み、ピッチャーとキャッチャーを高いレベルでこなした。陸上でも100メートルを13秒台で駆け抜け、全国大会に出場するなど、早くから群を抜く身体能力を発揮していた。

小学校卒業後は地元の奥田中学校に入学。豪速球を投げるピッチャーだった八村はしかし、野球部には入らず、熱心な友人の勧誘を受けバスケットボール部の練習を見学し、加入を決めた。バスケのルールすら知らなかった八村だが、ここで運命が大きく動き始めた。八村自身はのちに野球部に入らなかった理由を「誰もボールを捕れなかったんです」と明かしている。

奥田中の坂本穣治コーチは、ある取材で当時をこう振り返っている。

「塁が練習中に片手でボールをつかんで、まるで野球ボールのように持ち上げたのを見て『NBA並みだ』と伝えたんです。そしたら彼も興味を示したみたいで」

コーチの見立ては正しく、八村はめきめきと力をつけていく。中学3年次には全国中学校体育大会で準優勝を果たした。自身も大会ベスト5に選出され、全国の名門校からスカウトが殺到する。最終的に「アメリカに行かせてあげたい」という坂本コーチと両親との相談の結果、大きな夢を実現させられる道として宮城県の名門、明成高等学校への進学を選んだ。

2019年6月、NBAドラフト一巡目の指名でワシントン・ウィザーズへ。バスケの本場アメリカでも才能を認められている
2019年6月、NBAドラフト一巡目の指名でワシントン・ウィザーズへ。バスケの本場アメリカでも才能を認められている2019年6月、NBAドラフト一巡目の指名でワシントン・ウィザーズへ。バスケの本場アメリカでも才能を認められている

高校時代はウインターカップ3連覇の偉業を達成

高校では1年次からスタメン起用され、全国高等学校バスケットボール選抜大会、通称ウインターカップの決勝で32得点をたたき出して優勝の立役者となる。さらにそのまま高校3年間、大会を3連覇する偉業を達成して高校バスケ界の歴史に名を残した。3年次にはインターハイの名で知られる全国高等学校総合体育大会でも優勝を果たしている。

2014年、高校2年次に参加したU−17世界選手権でも大会得点王に輝く活躍を見せた。海外の関係者からも注目を浴びると、全米大学体育協会(NCAA)ディビジョン1のゴンザガ大学からオファーが届き、憧れのNBA入りが現実味を帯び始めた。

ワールドカップ予選で初戦から4連敗と苦しんでいた日本代表に途中から合流し、逆転突破の立役者となった
ワールドカップ予選で初戦から4連敗と苦しんでいた日本代表に途中から合流し、逆転突破の立役者となったワールドカップ予選で初戦から4連敗と苦しんでいた日本代表に途中から合流し、逆転突破の立役者となった

八村はとにかくバスケを愛している。バスケを楽しむ姿勢こそが成長を支えてきた。

苦しい時でさえも楽しんでしまう持ち前の明るさで、日本人は通用しないといわれていたアメリカのバスケ界でも見事にポジションを勝ち取った。ゴンザガ大の中心選手として活躍を続け、全米コーチ協会やスポーツ専門誌が選出するベスト5を3度受賞。NCAAスモールフォワード最優秀選手にも選ばれたことが、日本人初のNBAドラフト一巡目指名を後押しした。ワシントン・ウィザーズではさっそくサマーリーグで活躍し、存在感を発揮し始めている。

2020年の東京五輪に対しては「昔からずっと憧れていた舞台」と闘志を燃やす。高校3年次にバスケットボール日本代表候補に選ばれ、2018年にはワールドカップの予選突破に貢献した。ベナンと日本、2つのルーツを持つ彼だからこその思いも強い。「多くの差別も存在するけど、ハーフの子どもたちには自分自身に対して申し訳ないと思わないでほしい。スポーツを楽しんで」。楽しむことで成功を手にし続けてきた若武者は、2つのルーツに誇りを抱き、四年に一度の祭典での躍動をにらむ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!