【アスリートの原点】石川祐希:サッカーと野球を経てバレーボールへ。小学6年次は157センチと体格面で苦労

中央大学に在籍時からイタリアでプレー

高校時代には日本バレーボール史上初となる2年連続の高校3冠を達成。中央大学時代には日本代表に選出され、海外留学も経験した。エリート街道を歩んで来たようにも見える男子バレーボール界の絶対的エースだが、そのキャリアのすべてが順風満帆だったわけではない。そんな彼の原点とは――。

2014年、中央大学在籍時に日本代表に。以降、中心選手として活躍を続ける
2014年、中央大学在籍時に日本代表に。以降、中心選手として活躍を続ける2014年、中央大学在籍時に日本代表に。以降、中心選手として活躍を続ける

スパイクが決められない日々が続いた中学時代

最初に興味を持ったスポーツはサッカーだった。1995年12月11日、愛知県岡崎市に生まれた石川祐希が矢作南小学校に入学したのは2002年のこと。サッカーのワールドカップで日本中が盛り上がっていた時期にあたり、国際的なこのビッグイベントが小学1年生の好奇心に影響を与えた面も多分にあったのだろう。もっとも、地元にサッカークラブがなかったこともあって、石川少年は小学3年生から野球を始めた。

転機は翌年、小学4年生の時に訪れる。1学年上の姉が所属するバレーボール部の練習を見学。これをきっかけに、バレーボールを始めた。岡崎市を含む三河地区はバレーボールが盛んな地域で、矢作南小のバレーボール部は全国有数の強豪チームだった。石川も6年生の時に全国大会でベスト8という実績を残している。

2008年、矢作中学校に進学。当初は体格の面で苦労した。小学6年生の時点で157センチだった身長は、中学入学のタイミングでおよそ160センチ。上背のある対戦相手とのレベルの差は顕著で、思うようにスパイクが決められない日々が続いた。

それでも、腐ることなく努力を重ねた。スパイクのフォームの修正、コースを打ち分けられる技術の習得、そしてレシーブ能力の向上……。自ら課題を掲げ、さまざまなことに挑み、多くを吸収していった。持ち前の運動神経に磨きをかけたこの時期の地道な奮励は、石川を支える原点の一つと言っていいだろう。その後、2年生の時には170センチほど、3年生のころには180センチを超えるまで背を伸ばし、チームのエースへと成長していった。

小学生まではそれほど大柄ではなかったが、現在は190センチを超える長身に。高い打点からスパイクを決める
小学生まではそれほど大柄ではなかったが、現在は190センチを超える長身に。高い打点からスパイクを決める小学生まではそれほど大柄ではなかったが、現在は190センチを超える長身に。高い打点からスパイクを決める

「世界を知らないことには世界で勝てない」

中学卒業後は、愛知県豊明市にあるバレーボールの名門、星城高校に進んだ。バレーボール部の竹内裕幸監督は、基本的に夏ごろまで新入生を起用しない方針を持つが、石川には入学直後からレギュラー争いの環境を与えた。180センチを超える長身ながらも積極的にレシーブにいける姿勢が高く評価されたためだ。身長に悩んだ中学時代、技術を磨いた懸命の努力が実を結んだ。

高校2年生、3年生の時には全国高校総体、国民体育大会、全日本バレーボール高等学校選手権大会という3大タイトルを2年連続で制覇。中央大学時代には、全日本のメンバーに定着し、イタリア留学も経験した。大学卒業後はプロになることを宣言。2018年6月、イタリアのリーグ、セリエAのシエナへの入団を発表した。

実力も容姿も兼ね備えた「NEXT4(ネクストフォー)」の一人として高い人気を誇る
実力も容姿も兼ね備えた「NEXT4(ネクストフォー)」の一人として高い人気を誇る実力も容姿も兼ね備えた「NEXT4(ネクストフォー)」の一人として高い人気を誇る

2019年6月、東京都内で2019-20シーズンの所属チームに関する記者会見を行った。前シーズンまでシエナでプレーしていた石川は、東京五輪を目前に控えた今、新天地に同じくセリエAのパドバを選択した。

日本復帰も選択肢の一つだった。だが、石川はイタリアにとどまり、世界を相手に戦い続けることを決断した。すべては自身のレベルアップと東京五輪での上位進出のためだ。記者陣を前に、石川はこう話した。

「世界を経験することが何より重要だと思いますし、世界を知らないことには世界で勝てない。今以上にもっと世界のレベルを肌で感じて、その経験を東京五輪につなげたいと思います」

石川はあのころと同じく、イタリアで地道な努力を続けている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!