オリンピックの長い歴史では、たった一人のレースや「幻の金メダル」も存在

長らくサッカー後進国だった日本の奮闘も

近代オリンピックの始まりは1896年のことである。約120年にわたる歴史のなかでは、さまざまなエピソードが生まれてきた。たった一人で行われたレース、「幻の金メダル」や「裸足の金メダル」、実は初めてのオリンピック制覇など、興味深い逸話の数々を紹介する。

1908年、ロンドン五輪の男子400メートルではたった一人の決勝が行われている
1908年、ロンドン五輪の男子400メートルではたった一人の決勝が行われている1908年、ロンドン五輪の男子400メートルではたった一人の決勝が行われている

約1500年の時を経てオリンピックが復活

近代オリンピックの第1回大会は、1896年にアテネで行われた。貴族であり教育者でもあったフランス人のピエール・ド・クーベルタンの提唱がきっかけとなり、開催に向けて世界中のさまざまな国が賛同して始まった。

当時は世界的に植民地の奪い合いが激しさを増していた頃にあたり、1893年にはハワイ事変、1894年には日清戦争、1895年にはキューバ独立戦争などが巻き起こっていた。教育者であったクーベルタンの狙いは、スポーツの力による教育改革を地球規模で展開すること、そして、それにより世界平和に貢献すること。そこで古代オリンピックの終焉から約1500年の時を経て、オリンピック競技大会の復活をめざしたのだった。

古代オリンピックは紀元前9世紀頃に始まったとされている。ギリシャを中心としたヘレニズム文化圏教にまつわる行事の一つで、全能の神ゼウスらの神々を崇めるための体育や芸術の祭だった。

古代オリンピックの歴史は長い。第1回大会は紀元前776年に行われ、紡いだ期間は1169年間。実に293回も開催されたと言われている。ボクシングや戦車競走、素手ならどんな攻撃をしてもいいという格闘技のパンクラティオンなどが競技として行われていた。

紀元前776年に始まったとされる古代オリンピックでは、中距離競走や長距離競走も実施されていた
紀元前776年に始まったとされる古代オリンピックでは、中距離競走や長距離競走も実施されていた紀元前776年に始まったとされる古代オリンピックでは、中距離競走や長距離競走も実施されていた

たった一人で行われた決勝レース

近代オリンピックが始まってから約120年。古代オリンピックと比べるとまだ歴史が浅いとはいえ、近代オリンピックのなかでも注目すべき出来事がいくつも起こっている。

1908年、ロンドン五輪の男子400メートルでは、前代未聞の決勝レースが行われた。

7月23日のファイナルには、地元イギリスのウィンダム・ハルスウェルの他、アメリカ人選手3名が勝ち上がり、計4選手がスタートラインに並んだ。レースは拮抗した争いとなり、アメリカのウィリアム・ロビンスとジョン・カーペンター、そしてハルスウェルという順でゴールへ向かってきた。最後の場面では、カーペンターとハルスウェルが先頭のロビンスを抜きにかかり、最終順位は1位カーペンター、2位ロビンス、3位ハルスウェルとなった。

ところが、審判が反則行為を指摘する。ゴール直前のシーンで、カーペンターがハルスウェルの走路を妨害したというものだ。これによりカーペンターは失格。なおかつこのレースは無効の判定となり、2日後の7月25日にカーペンターを除く3選手によって再レースを実施することが決まった。

しかし、アメリカ陣営はこの判定を不服として再レースへの参加を拒否。その結果、決勝の再レースはハルスウェル一人が走ることになった。もちろん金メダルはハルスウェルが獲得し、銀メダルと銅メダルは該当者なしと記録されている。

2000年のシドニー五輪の水泳でも一人のレースが行われている。100メートル自由形予選で3人中2人がフライングで失格。水泳経験が1年にも満たないエリック・ムサンバニ(赤道ギニア)がたった一人で懸命に泳ぐ姿が多くの感動を呼んだ。

2000年のシドニー五輪では、ほぼ「水泳初級者」のエリック・ムサンバニがたった一人のレースに臨んだ
2000年のシドニー五輪では、ほぼ「水泳初級者」のエリック・ムサンバニがたった一人のレースに臨んだ2000年のシドニー五輪では、ほぼ「水泳初級者」のエリック・ムサンバニがたった一人のレースに臨んだ

サッカー王国ブラジルは母国開催で初の金

1948年のロンドン五輪には、日本人選手による「幻の金メダル」というエピソードがある。当時の日本競泳陣には、古橋廣之進や橋爪四郎ら世界に誇るスイマーがそろっていた。ロンドン五輪でも金メダル獲得が期待されていたものの、日本はドイツとともに、この年のオリンピックに招待されなかった。第二次世界大戦の責任を問われたためだ。

悔しさを抑えられない日本水泳連盟の田畑政治会長は、ロンドン五輪と同時期に意図的に全日本水上選手権大会を開催する。すると1500メートル自由形で驚きの成績が出た。古橋は18分37秒0、橋爪は18分37秒8をたたき出し、当時の世界新記録を樹立する。ロンドン五輪の金メダリスト、ジェームズ・マクラーレン(アメリカ)の19分18秒5大きく上回るタイムで、古橋と橋爪は「幻の金メダル」を獲得した。

1960年のローマ五輪では、一人のマラソンランナーが注目を浴びている。裸足で走り抜いたアベベ・ビキラ(エチオピア)だ。中間地点を過ぎて先頭集団に入り込んだ当時無名のランナーは、40キロを超えたところでラストスパートを仕掛ける。2時間15分16秒の世界新記録を生み出すとともに、エチオピアに初めての金メダルをもたらした。

レースで履く予定だったシューズは大会直前に壊れてしまい、ローマで新たな一足を買おうとしたがどれも足に合わない。そのため、靴を履かずに42.195キロを走破することを決断。子どものころから靴を履かずに走ることに慣れていた裸足のランナーは、記録にも記憶にもその名を刻むインパクトを残した。

2016年のリオデジャネイロ五輪では、サッカー競技で歴史が動いた。8月20日、サッカー男子の決勝が行われ、開催国ブラジルがPK戦の末にドイツを下して金メダルを獲得している。

FIFAワールドカップの全21大会に出場し、5度の優勝を誇るブラジルのオリンピック制覇――決して意外ではない気もするが、実は彼らにとっては、これがサッカー競技における初めての金メダルだった。1952年のヘルシンキ五輪に初出場して以来、金メダルとは縁がなかったが、母国開催のオリンピックでサッカー王国の歴史を新たに塗り替えたのである。

サッカー王国のブラジルは、2016年リオデジャャネイロ五輪が実は初のオリンピック制覇だった
サッカー王国のブラジルは、2016年リオデジャャネイロ五輪が実は初のオリンピック制覇だったサッカー王国のブラジルは、2016年リオデジャャネイロ五輪が実は初のオリンピック制覇だった

オリンピックにおける日本サッカー界の奮闘

オリンピックの歴史という観点においては、長らくサッカー後進国だった日本の奮闘も見逃すことができない。

1936年のベルリン五輪で初めてサッカー競技に出場した日本は、1回戦で優勝候補筆頭のスウェーデンと対戦する。相手チームを応援する会場の雰囲気、選手の体格やチーム戦術、すべてにおいて劣勢と見られていた日本は、0−2とリードを許してハーフタイムを迎える。

ところが後半、のちに「ベルリンの奇跡」と言われるような劇的な試合を披露した。日本はショートパスで攻撃を組み立て、後半半ばまでに同点に追いつき、終了間際に逆転ゴールをマークする。3−2の逆転勝利で、対戦国のスウェーデンはもちろん、世界中を驚かせる試合を演じたのだった。

1968年のメキシコシティー五輪では、オリンピック史上最高位となる3位に輝いた。当時、サッカー後進国の一つだった日本にとっては文字どおり快挙と言っていい成績だ。

グループリーグ突破すら困難と見る向きもあったなか、日本はナイジェリアを下し、ブラジルとスペインとドローを演じて、1勝2分けで決勝トーナメントへと駒を進める。準々決勝ではフランスを3−1で退けてベスト4へ進出。準決勝ではハンガリーに0−5と大敗するが、3位決定戦でメキシコを2−0で破って銅メダルを獲得したのだ。エースストライカーの釜本邦茂は合計7得点を挙げる活躍で、世界中にその実力を知らしめた。

1996年のアトランタ五輪では、優勝候補と目されていたブラジルとグループリーグの初戦を戦い、大金星を挙げた。両チームのシュート数が試合の展開をよく表している。90分を通して日本が4本しか打てなかったのに対し、ブラジルはその7倍に当たる28本ものシュートを放ってきた。

圧倒的な攻撃を受けながら前半を0−0でしのいだ日本は、後半27分に均衡を破る。ブラジルのゴール前にこぼれたボールを伊東輝悦が蹴り込み、決勝点をマークしたのだ。残念ながら決勝トーナメント進出は果たせなかったものの、マイアミのオレンジボウルで演じられたこの歴史的勝利は「マイアミの奇跡」として語り継がれている。

1996年、サッカー日本代表は王国ブラジルを1−0で下す「マイアミの奇跡」を演じてみせた
1996年、サッカー日本代表は王国ブラジルを1−0で下す「マイアミの奇跡」を演じてみせた1996年、サッカー日本代表は王国ブラジルを1−0で下す「マイアミの奇跡」を演じてみせた

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!