オリンピックスタジアムの新国立競技場は47都道府県の木材を使用

新国立競技場の屋根は木材と鉄骨のハイブリッド構造

2020年東京五輪のメイン会場、新国立競技場の建て替え工事が順調に進んでいる。新たな競技場はどのような趣旨のもとに建設されているのだろうか。6万8000人を収容する新スタジアムは、スポーツファンへの細かい気配りや、木材を使った「日本らしさ」が世界中から目を引きそうだ。

新国立競技場は3つの階層が連なる3層構造となっている
新国立競技場は3つの階層が連なる3層構造となっている新国立競技場は3つの階層が連なる3層構造となっている

新国立競技場は2019年11月に完成予定

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、メインスタジアムの建て替え工事が進んでいる。建築家の隈研吾が設計を手がけ、2016年12月に着工した新国立競技場だ。

2018年夏の時点で約2000人が携わっていた工事現場では、屋根の本格的な取りつけ作業に伴い、1000人以上を増員した。スタッフの懸命な努力により工事は順調に進行しており、2019年11月30日に完成するスケジュールを組んでいる。

外観や収容人数はもちろんのこと、旧国立競技場との違いは少なくない。

収容人数は約5万4000人から6万8000人へと増える。旧国立競技場のスタンドは座席の最前列から最後尾までがなだらかな傾斜による1層構造だったが、新国立競技場は3つの階層が連なる3層構造となっている。座席は折りたたみ式を新たに採用する予定で、座席下にはファンを施し、気温が上昇した際には風をスタジアム内に流し込む。電光掲示板は、左右両側にそれぞれ1面ずつ、合計2面を設置する予定だ。

屋根にも注目したい。以前はメインスタンドだけに取りつけられていたが、今回の建て替えを機に客席全面をカバーする造りに生まれ変わる。屋根全体は根本鉄骨と3つのユニットに分かれた構造だ。根本から先端までは約60メートルで、1層スタンドの最前列までを覆うことができる。

座席下にはファンを施し、気温が上昇した際には風をスタジアム内に流し込む
座席下にはファンを施し、気温が上昇した際には風をスタジアム内に流し込む座席下にはファンを施し、気温が上昇した際には風をスタジアム内に流し込む

木材を取り入れ、周辺環境との調和を図る

新国立競技場の屋根部分には、もう一つ見逃せないポイントがある。軒(のき)と庇(ひさし)に、47都道府県の木材を使用するという点だ。新たなメインスタジアムの屋根は、木材と鉄骨を使ったハイブリッド構造となっている。

新国立競技場は木材を取り入れることで周辺環境との調和をめざす、「杜(もり)のスタジアム」をキーワードに挙げている。そこで、47都道府県で育ったスギに目をつけた。沖縄県はスギが自生しないため、素材の似通ったリュウキュウマツを使用する予定だ。木材はレイアウトのなかでそれぞれの産地に向けて並べられる見込みで、日本全国の一体感を生み出すデザインを表現する。

2020年に向けて、東京都内で新たに整備されているのは新国立競技場だけではない。1万5000席を有し、バレーボールの会場となる「有明アリーナ」、大井ふ頭中央海浜公園に整備される「大井ホッケー場」、カヌー(スプリント)とボートが実施される「海の森水上競技場」、競泳、飛び込み、アーティスティックスイミングの舞台となり、世界最高水準の水泳場「東京アクアティクスセンター」などは、新国立競技場同様に工事が進められている。

一方で、1964年の東京五輪の競技会場、たとえば「東京体育館」、「国立代々木競技場」、「日本武道館」、「馬事公苑」なども今なお健在だ。56年前にさまざまな感動を生んだ施設は、2020年もアスリートの熱戦を見守ることとなる。

オリンピック後にスタジアムを活用した事例

新国立競技場の東京五輪後を考えるうえでは、過去のオリンピックで使用されたメインスタジアムの存在が役に立つ。

28回のオリンピックが行われてきたなかで最も収容人数が多かったのは2000年シドニー五輪のメイン会場「スタジアム・オーストラリア」の約11万人だった。オリンピック後、約8万3000人収容とややコンパクトになったものの、ラグビーリーグ、ラグビーユニオン、オージーフットボール、クリケット、サッカーというプロスポーツが開催可能な世界で唯一の施設であり、現在も球技場としてフル稼働している。スタジアム・オーストラリア同様、2004年のアテネ五輪、2008年の北京五輪、2012年のロンドン五輪などのメインスタジアムも、引き続き多目的スタジアムや球技場として活躍中だ。

オリンピック・パラリンピックのメイン会場が野球場に変貌した例もある。1996年アトランタ五輪のメイン会場「センテニアル・オリンピックスタジアム」は、パラリンピック閉幕後にアトランタ・ブレーブスの本拠地となるべく改修された。翌1997年に「ターナー・フィールド」へと生まれ変わり、2016年までの19年間、メジャーリーグベースボール最古の球団のホームスタジアムとして使用されてきた。

「スタジアム・オーストラリア」はオリンピック後もさまざまなスポーツの会場として使用されている
「スタジアム・オーストラリア」はオリンピック後もさまざまなスポーツの会場として使用されている「スタジアム・オーストラリア」はオリンピック後もさまざまなスポーツの会場として使用されている

旧国立競技場が果たした役割とは

1964年の東京五輪において、開会式及び閉会式、陸上競技、サッカーの決勝と3位決定戦、馬術の大賞典障害飛越が行われた旧国立競技場も、その後、総合競技場として国民に広く愛されてきた。

当時、オリンピックの開催を境に世間ではスポーツへの関心が急速に高まった。旧国立競技場では屋内プールで水泳教室、体育館で体操教室が行われ、さらにトレーニングセンターやスポーツサウナなども立ち上げられている。国際的な競技場でありながら、スポーツの裾野を拡大させる重要な公共施設の役割を担ってきた。

もともと旧国立競技場は、1958年の第3回アジア競技大会のメイン会場として建設された競技場だった。着工は1957年1月で、翌年3月に完成。その後4年が経過し、東京五輪を2年後に控えた1962年3月、国際基準を見据えた拡張工事が始まる。バックスタンドを増設し、メインスタンドから見て右手に設置されていた聖火台をバックスタンドの中央最上部へと移設した。さらに、電光掲示板やナイター設備も改良されている。

完成から56年後、2014年にその幕を閉じた旧国立競技場。間もなく、オリンピックスタジアムという名のバトンが新国立競技場へと渡ろうとしている。

旧国立競技場では屋内プールで水泳教室、体育館で体操教室が行われた
旧国立競技場では屋内プールで水泳教室、体育館で体操教室が行われた旧国立競技場では屋内プールで水泳教室、体育館で体操教室が行われた

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!