クレー射撃:欧米優位の構図に変わりなし。日本は“父娘で五輪出場”に期待

空中に飛び出したクレーといわれる素焼きの皿を散弾銃で撃つクレー射撃
空中に飛び出したクレーといわれる素焼きの皿を散弾銃で撃つクレー射撃空中に飛び出したクレーといわれる素焼きの皿を散弾銃で撃つクレー射撃

射撃は銃器で標的を撃ち、精度の高さを競う競技だ。射撃には、空中に飛び出した標的を撃ち落とす「クレー射撃」と、固定された標的を撃つ「ライフル射撃」「ピストル射撃」がある。日本国内の競技人口は少なく、ヨーロッパ諸国を始めとする強豪国に遅れを取っているものの、日本にはオリンピック全競技を見渡しても珍しい、父娘そろっての出場を目指す選手がいる。もし実現することになれば、大きな話題になるかもしれない。

飛んでいるターゲットを撃ち抜け

クレー射撃は空中に飛び出したクレーといわれる素焼きの皿を散弾銃で撃つ。ひとつの装置から遠くに飛んでいくクレーを撃つ「トラップ」と、左右の装置から飛び出したクレーを撃つ「スキート」があり、それぞれ男女別で行われる。2020年東京五輪では、トラップに男女混合の「トラップ・ミックス」が新種目として加わる。

クレー射撃は18世紀後半のヨーロッパで、当時、王族しか楽しめなかった狩猟を、貴族たちが模して、標的として放ったハトを撃ち落としたことが起源。その後、ハトの替わりにクレーを標的として競技化され、1900年パリ五輪から競技として採用された。

クレーの大きさは直径11cm。飛ぶ速度は秒速22~30mになり、それを撃ち抜く弾丸は秒速300mを超える以上になる。銃を撃ったときに体にかかる反動が大きいため、体力はおろそかにできない。ただ、それ以上に精神力が求められている。引き金を引く瞬間の判断と精密な動作を繰り返すために、いかに集中力を高められるかが、勝負の分かれ目となるからだ。手に汗を握るような緊張感の中、弾丸がクレーに命中すると乾いた音を立てて砕け散る。その様子は非日常的で、ある種の爽快感が得られ、クレー射撃の最大の醍醐味だろう。

ロンドン五輪のクレー射撃会場
ロンドン五輪のクレー射撃会場ロンドン五輪のクレー射撃会場

トラップとスキートの2種目

トラップは横一線に配置された5カ所の射台を順に移動しながら、前方15メートルの位置から発射されるクレーを撃つ競技です。射手は銃を構えた状態で掛け声をかけ、その声に反応してクレーが飛び出す仕組みです。1ラウンドにつき25枚を撃ちます。命中すると1点です。1ラウンドに要する時間は25分程度。クレーが放出される角度や高度、飛行距離は9通りで、抽選などによって決められている。トラップの放出速度は3種目の中で最も速い。1枚のクレーに対して発射できる弾丸は2発。トラップは世界各国それぞれのルールで行われているが、オリンピックで実施されるトラップが、最も難度が高いとされている。

一方、スキートは直径36.82mの半円形に配置された1~7番と中心の8番の8カ所の射台を使い、さまざまな方向から1ラウンドで25枚のクレーを撃つ。射手の掛け声の後、3秒以内にクレーは放出される。クレーの飛び方は左、右、左右同時の3種類だ。1枚のクレーに対して1発しか撃てない。1ラウンドに要する時間は25~30分程度。1968年メキシコ五輪から正式種目となり、2000年シドニー五輪で女子種目が加わった。決勝で同点の場合は4番射台のみ使用し、サドンデスのシュートオフで決着をつける。世界トップレベルの戦いとなると、なかなか決着がつかず50個以上も撃つことがある。

クレーはオレンジ色に着色されていて、決勝ラウンドのみ弾丸が命中して砕けると、赤色の粉末が飛散する仕掛けになっている。

男子:トラップ

1日目に3ラウンド、2日目に2ラウンドの計5ラウンドで予選を行い、ファイナルズは50枚のクレーを撃つ負け抜け方式。

男子:スキート

1日目に3ラウンド、2日目に2ラウンドの計5ラウンドで予選を行い、ファイナルズは60枚のクレーを撃つ負け抜け方式。

女子:トラップ

3ラウンドで予選を行い、ファイナルズは50枚のクレーを撃つ負け抜け方式。

女子:スキート

3ラウンドで予選を行い、ファイナルズは50枚のクレーを撃つ負け抜け方式。

混合:トラップ

これまで男子のみのダブルトラップだった競技を混合団体に変更。


父娘での五輪出場を目指す折原研二
父娘での五輪出場を目指す折原研二父娘での五輪出場を目指す折原研二

日本人メダリストは一人

クレー射撃の日本代表は、過去、男子トラップの渡辺和三選手が銀メダルを獲得したのみ。自身三度目の出場となった1992年バルセロナ五輪で決勝ラウンドへ。チェコスロバキア(当時)のペトル・フルドゥリチカとともに同点1位にとなり、サドンデスのシュートオフに進出したが、左クレーを外し銀メダルに終わった。しかし、当時44歳でのメダル獲得は、バルセロナ五輪日本選手団での最高齢記録であり、アジア人男性史上初のメダル獲得となった。また、安倍政権で財務大臣を務める麻生太郎元首相は1976年モントリオール五輪の日本代表で、41位という成績を残している。

父娘での出場なるか

日本クレー射撃協会は2018年9月7日、2018年の世界選手権、2019年のワールドカップ、アジア選手権で国・地域別の出場枠を獲得した選手を、そのまま東京五輪の代表にする方針を決めた。個人種目の国別出場枠は、最大で2枠とされているが、日本は取れなかったとしても、開催国として各種目で1枠が保証されている。

注目選手は女子スキートの折原梨花だろう。高校時代には国体のビームライフル射撃に種目で優勝し、うち1種目では大会新記録を樹立。今、メキメキと力をつけているクレー射撃のニューヒロインだ。父の折原研二もクレー射撃の日本代表選手で、全日本選手権7連覇という実績を持つ。親子で一緒に練習することが多く、娘の梨花は、何か疑問があれば、父の研二にすぐに相談するような関係だそうだ。2018年にジャカルタで開催されたアジア競技大会には親子で出場した。父の研二はオリンピック出場の経験はなく、2020年東京五輪に親子そろっての出場を目指している。実現すれば高い注目を集めるだろう。

強豪国は欧米諸国に集まっているものの、アジアの台頭も始まっている
強豪国は欧米諸国に集まっているものの、アジアの台頭も始まっている強豪国は欧米諸国に集まっているものの、アジアの台頭も始まっている

欧米諸国の牙城を崩せるか

日本国内ではマイナースポーツの射撃競技。しかし、発祥地のヨーロッパでは、歴史と伝統があり、競技は盛んに行われ、強豪国も多い。また、アメリカも強く、近年では中国や韓国の台頭が著しい。

2016年リオデジャネイロ五輪の成績を見てみると、男子トラップの金メダルはクロアチア、銀メダルはイタリア、銅メダルはイギリス。男子スキートの金メダルはイタリア、銀メダルはスウェーデン、銅メダルは独立参加。女子トラップの金メダルはオーストラリア、銀メダルはニュージーランド、銅メダルはアメリカ、女子スキートの金メダルはイタリア、銀メダルは同じくイタリア、銅メダルはアメリカとなっている。

日本は開催国として各種目1枠の参加がすでに保証されている。これらの強豪国にどれだけ対抗できるかは、1年余りとなった時間で、どの程度成長できるかにかかっているだろう。また、集中力や精神力がものを言う競技なだけに、気候など慣れた環境下で試合が行える日本選手は有利だと言える。地元開催のアドバンテージをどこまで生かせるのか。クレー射撃で28年ぶりのメダル獲得に大きな期待が寄せられている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!