注目記事 | スポーツクライミング

スポーツクライミングのルールを知って東京五輪を楽しもう!|大会形式や注目選手について解説

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

スポーツクライミングはTokyo2020(東京オリンピック)より実施競技に追加された。楢崎智亜や野口啓代など、国際大会での活躍が目立つ日本人選手にはオリンピック初代王者への期待がかかる。ここではスポーツクライミングのルールや見どころ、注目選手などを紹介する。

東京オリンピック金メダル候補の一人楢崎智亜

五輪で実施されるスポーツクライミング

国際スポーツクライミング連盟(以下、IFSC)が認定する公式の競技会で行われている種目は「スピード」、「ボルダリング」、「リード」の三種目。オリンピックではこの三種目の複合(コンバインド)で実施される。

ルール

スピード

高さ15メートル、95度に前傾した壁を登りきるタイムを競う。フライングは一発で失格となる。選手にはあらかじめコースが伝えられており、事前に練習することができる。安全確保のため、終着点からのロープを装着した2人の選手が同時に競技を行う。

ボルダリング

高さ4メートル程度の壁に難しく設定されたコースを4分の制限時間内にいくつ登れるかを競う。選手は事前に練習ができない中でルートを考えながら登り、トップ(最上部)のホールドを両手で保持することができればそのコースはクリア(完登)となる。選手はロープ無しで臨み、途中で落下しても再度トライできる。

ボルダリングの壁には、指先しかかからない小さなものから、両手でも抱えきれないホールドが設定されており、次のホールドには左右のどちらの足をかけるか、そのとき手はどこをつかむか、制限時間内に自分の能力を考えながら登らなければ攻略できない。

リード

6分の制限時間内に高さ15メートル以上のコースをどの地点まで登れるかを競う種目。選手はロープの繋がったハーネスを装着し、途中の確保支点にロープをかけることで安全を確保しながら登り、最後の支点にロープをかけると完登と見なさる。再トライはない。

完登した選手あるいは同じ高さまで登った選手が複数いる場合は、タイムのよい選手が上位となる。多くの選手は一手でも上に到達するよう渾身の力を込めて壁を登る。ダイナミックなクライミングが見どころとなる。

大会形式

「スピード」、「ボルダリング」、「リード」の三種目の順位を掛け算し、その数字が小さい順に順位が決まる。各種目の順位の掛け算で成績が決まるため、得意な種目で順位を上げることとはもちろん、不得意な種目で大きく順位を落とさないことも、上位進出のためには大事な要素のひとつになるだろう。

楽しんで見るポイント

種目によって安全確保のためのロープなどの器具は装着するが、登るためには道具の使用は許されず、素手とクライミングシューズのみで壁に挑む。身体能力とテクニックだけではなく、攻略するための読みも必要。知力や判断力がないと勝利を手にすることができないため、各選手の戦略にも注目だ。

また、日本勢はボルダリングに強いが、フィジカル面が優劣を決めるスピードでは海外勢が強いなど、選手には種目ごとに得意不得意があるため、二種目終了時点では最終順位の予測ができず、最終種目まで目が離せない。

野口啓代は東京オリンピックでの引退を表明している

注目選手

スポーツクライミングはヨーロッパ・アルプス山脈周辺国の選手の活躍が伝統的に目立つ。そのような中、男子日本代表の楢崎智亜は2019年世界選手権優勝など、世界トップクラスの実力を持つ。

女子では、スロベニアのヤンヤ・ガンブレットが世界選手権連覇中(2018、19)。2019年ワールドカップ年間王者にも輝いており、東京オリンピックでも金メダルの有力候補だ。日本勢では、東京オリンピックでの引退を表明している野口啓代に注目。2019年世界選手権ではガンブレットに次ぐ2位となった。

楢崎智亜(1996年6月22日生まれ)

2019年世界選手権では金メダルを獲得。東京オリンピック出場権を手にした。東京五輪でも優勝候補の一人と見られており、スポーツクライミングの五輪初代王者に輝くか。

野口啓代(1989年5月30日生まれ)

日本女子クライミング界の第一人者といえる存在。2019年の世界選手権では準優勝で日本人最上位となり、東京オリンピック代表に内定した。東京オリンピックでの引退を表明している。