テニスのルールを知って試合を楽しもう|サーブや試合の流れについてのルールを解説

テニスのルールを知って観戦を楽しもう
テニスのルールを知って観戦を楽しもうテニスのルールを知って観戦を楽しもう

錦織圭や大坂なおみの活躍でテニスの試合を目にする機会も増えてきた。こと2020年の東京オリンピックでは、日本勢のメダル獲得も期待される。そんなテニスをより楽しめるよう、観戦の上でおさえておきたいルールを解説する。

【テニスのルールその①】試合形式について

テニスの試合の勝ち負けはマッチ、セット、最小単位数をゲームで構成されている。なお、男子シングルスでが5セットマッチ、女子シングルスや男子/女子ダブルス、混合ダブルスでは3セットマッチで試合が決まる。公式試合ではマッチを制するには、2セット先取する必要がある。

1セット6ゲームで構成。1ゲーム当たり、4ポイント(デュースになった場合は5ポイント以上)を獲得することでゲームを制す。点数のカウントは以下の通り。

0点:ラブ
1点:フィフティーン(15)
2点:サーティー(30)
3点:フォーティー(40)
4点:ゲーム

ゲームが終了するごとにサーブ権が交代される。ゲームカウントが6-6になった場合、7ポイント先取するとセットを獲得できる方式をタイブレークという。ただしポイントが6-6まで拮抗した場合、2ポイントの差がつくまで行われるので、時に試合の延長に大きく左右する。

【テニスのルールその②】サーブについて

サーブとは、試合の一番初め、または得点後の最初のショットを指す。相手のコートの得点エリア(白い枠で囲われた場所)にノーバウンドでボールを打ち込む。この際、ネットに当たって入っても有効だ。前述したように、サーブ権はゲームごとに交代し、サーブ権のあるゲームを「サービスゲーム」と呼び、サーブ権を持っている方がゲームを取ることを「キープ」、逆にレシーブ側がゲームを取るのは「ブレーク」と呼ぶ。

プロの試合ともなると、サーブの際にラケットの角度やボールを投げた時の回転数を変え、サーブの威力やボールの跳躍角度などを自在に調整できる。サーブも相手が返せなければ即時得点につながるので、体力を奪われにくいメリットがある。スピードがあればあるほど、相手も返しにくくなる。ジャンプして打つ選手が多いのは、速度が増すからだ。

速度はトップクラスの選手になると時速200kmを超す。錦織圭はサーブを苦手としているものの、最高速度は時速201kmをマークしている。世界最高記録は、2012年にサム・グロスが叩き出した時速263kmだ。

東海道新幹線(のぞみ)の最高速度が時速285kmなので、それに準ずるスピードが出ていることが分かる。

「サーブを制する者が試合を制す」といわれるくらいに重要なポイント。サーブ権を持っているとは、相手に触れさせずに得点を重ねられる、いわばサービスターンでもある。

サーブ権はゲームごとに交代する
サーブ権はゲームごとに交代するサーブ権はゲームごとに交代する

【テニスのルールその③】ビデオ判定について

前の項目でも触れた通り、テニスはプレーのスピードが早く、時に審判も判定を誤ることがある。そのため、下記のケースでビデオ映像での判定が認められている。

  • 審判の肉眼の判定が難しい場合
  • 選手サイドから試合の異議申し立てがあった場合

プロの試合において、選手はライン際のイン、アウトの微妙な判定に対し、1セットにつき3回失敗するまでビデオ判定を要求(チャレンジ)する権利を持つ。つまり、ビデオ判定において、インやアウトの判断を正しく当て続けられれば、選手はビデオ判定を要求し続けることが可能だ。(実際にそういったことはほとんどないが)

ビデオ判定は観客にも公開される。そのため、要求のタイミングや、アピール方法で会場の流れを一気に変えることも可能だ。

【テニスのルールその④】大会の形式について

テニスの大会形式は大きく3つに分けられる。

  • トーナメント形式
  • ラウンドロビン形式
  • 混合(トーナメント+ラウンドロビン)方式

それぞれ解説していく。

1.トーナメント方式

トーナメント方式は、多くのスポーツ大会で採用されている勝ち上がり方式。

勝ったものだけが次の試合に進み、最終的に1度も負けなかった選手が優勝となる。ランクの低い選手が高い選手に勝つ、大番狂わせが起きる方式だ。

もし8人の選手がいた場合、1回戦で4試合、準決勝で2試合、決勝で1試合の計7試合が行われる。選手によっては1試合しか対戦できずに終わる。

2.ラウンドロビン形式

ラウンドロビン形式とは、予選で採用されることが多い総当たり形式を指す。選手は参加している選手、または同グループにいる対戦相手すべてと当たり、その総合結果で順位が決まる。全員と当たるので、実力通りの結果になりやすい特徴がある。

8人の選手がいた場合、28試合が行われる。全員が7試合ずつするため、試合期間が長くなるのも特徴だ。

3.混合(トーナメント+ラウンドロビン)方式

混合方式とは、五輪やW杯で採用されている予選、決勝トーナメントで試合形式を変える方法だ。予選でラウンドロビン方式、決勝でトーナメント方式を採用することが多い。

多くは4人1グループで総当たり戦を行うので、最低3試合は1人の選手の試合を観戦できるチャンスがある。

ラウンドロビン方式で敗北した選手が、決勝のトーナメント方式で再度リベンジ、勝利して次の試合に駒を進めるというドラマチックな展開が起きる可能性もある。

【テニスのルールその⑤】用語解説

テニスではカタカナ用語が多く、何を指しているか分からないこともあるだろう。そこで最後に、用語の簡単な解説を載せておく。

■ラブ

得点時で、「テン、ラブ」などと審判がいうことがある。これは、いまだ得点がない、ゼロを指す。

■フォア/バック

フォアとは、身体の利き腕側、バックとは、身体の利き腕側とは反対側を指す。フォアハンドで返すとは、利き腕で返すことを意味する。

■ブレーク

レシーブ側のプレーヤーがゲームを取ること。

■デュース

デュースとは、1ゲームで双方3ポイントずつ獲得した際の状態のこと。

■タイブレーク

タイブレークとは、ゲームカウントが6-6になった場合、7ポイント先取するとセットを獲得できる方式。ただしポイントが6-6まで拮抗した場合、2ポイントの差がつくまで行われる。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!