注目記事 | 野球

プロ野球日本シリーズ2020の大会日程と放送予定|巨人とソフトバンクが激突

文: 渡辺文重 ·

プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2020」が11月21日(土)、京セラドーム大阪で開幕する。セ・リーグの読売ジャイアンツとパ・リーグの福岡ソフトバンクホークスという組み合わせは昨年と同じ。前回はソフトバンクの4連勝に終わったが、今回は巨人のリベンジとなるか。ここでは大会日程と放送予定を紹介する。(写真は時事)

■日本シリーズについて

日本プロ野球は1950年から、セントラルリーグとパシフィックリーグに分立。日本シリーズは両リーグの優勝チームが対決し、日本一を決める大会としてスタートした。現在はペナントレース終了後に行われるクライマックスシリーズ(CS)で、日本シリーズ出場チームが決められる。

2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、開幕が大幅に延期となった。こうした事情を踏まえ、セ・リーグではCSを開催せず、リーグ優勝の巨人がそのまま日本シリーズに進出。パ・リーグはリーグ1位のソフトバンクと、同2位の千葉ロッテマリーンズによるCSが行われ、ソフトバンクが4年連続となる日本シリーズ進出を決めた。

日本シリーズは2013年から7年連続でパ・リーグ球団が制している。現在3連覇中のソフトバンクは、この間に優勝5回。なお2012年の日本一は巨人で、今年優勝すれば8年ぶり23回目となる。

■大会日程と放送予定

日本シリーズは通常、出場チームのホーム球場で開催される。しかし巨人の本拠地・東京ドームでは11月22日から12日間、第91回都市対抗野球大会が開催されるため、日本シリーズでは使えないことになった。都市対抗は例年7月に開催されるが、Tokyo 2020(東京五輪)開催の影響を考慮して11月開催に変更。またプロ野球も開幕が大幅に遅れた影響で、日本シリーズの日程も当初の11月7日開幕から21日に延期された。こうした事情が重なり、巨人の主催試合は京セラドーム大阪で行われることとなった。また日本シリーズ2020は全試合でDH制が採用される。

第1戦 11月21日(土)18:10~ 京セラドーム大阪

地上波:日本テレビ系列

BS/CS:日テレジータス

ネット:HuluジャイアンツLIVEストリーム

第2戦 11月22日(日)18:10~ 京セラドーム大阪

地上波:日本テレビ系列テレビ宮崎

BS/CS:NHK BS1日テレジータス

ネット:HuluジャイアンツLIVEストリーム

移動日 11月23日(月)  

第3戦 11月24日(火)18:30~ 福岡PayPayドーム

地上波:テレビ朝日系列

BS/CS:NHK BS1テレ朝チャンネル2

ネット:ABEMA

第4戦 11月25日(水)18:30~ 福岡PayPayドーム

地上波:フジテレビ系列

BS/CS:NHK BS1フジテレビONE

ネット:フジテレビONEsmart

第5戦 11月26日(木)18:30~ 福岡PayPayドーム

地上波:東北放送毎日放送山陰放送南日本放送

BS/CS:NHK BS1

ネット:Paravi

移動日 11月27日(金)

第6戦 11月28日(土)18:30~ 京セラドーム大阪

地上波:日本テレビ系列

BS/CS:日テレジータス

ネット:HuluジャイアンツLIVEストリーム

第7戦 11月29日(日)18:10~ 京セラドーム大阪

地上波:日本テレビ系列

BS/CS:日テレジータス

ネット:HuluジャイアンツLIVEストリーム

■日本シリーズ2020のみどころ

セ・リーグ2位の阪神タイガースに7.5ゲーム差を付けて優勝した巨人と、パ・リーグ2位のロッテに14ゲーム差を付けて優勝のソフトバンク。両チームともペナントレースで圧倒的な強さを示しており、2020年のプロ野球を締めくくる好ゲームが期待される。

同じ対戦カードだった日本シリーズ2019は、強肩の捕手・甲斐拓也、走塁のスペシャリスト・周東佑京、シリーズ4試合で3本の本塁打を放ったジュリスベル・グラシアルらの活躍により、ソフトバンクが4連勝を収めている。

■注目選手

巨人 25 岡本和真(内野手/右投右打)

奈良県出身、1996年6月30日生まれの24歳。2014年ドラフト1位で智弁学園高校から巨人に入団する。2020シーズンは本塁打(31)と打点(97)の打撃2冠を達成。若き4番がチームをけん引する。

ソフトバンク 9 柳田悠岐(外野手/右投左打)

広島県出身、1988年10月9日生まれの32歳。広島商業高校、広島経済大学を経て、2010年ドラフト2位で入団。走攻守そろった好選手で、2020シーズンも打率2位(.342)、本塁打3位(29)、打点3位(86)とリーグ制覇に貢献した。