ラグビーのルールを知って東京五輪を楽しもう!|大会形式や注目選手について解説

Tokyo 2020(東京五輪)での開催が決まっている7人制ラグビー。ここではそのルールや見どころ、注目選手などを紹介する。

リオ五輪に出場したラグビー日本代表
リオ五輪に出場したラグビー日本代表リオ五輪に出場したラグビー日本代表

五輪で実施されるラグビーの楽しみ方

昨年、日本中を熱狂の渦に巻き込んだラグビーワールドカップで、日本代表はベスト8に進出した(優勝は日本を破った南アフリカ)。東京五輪では悲願の優勝を目指す。

■ルール

ラグビーとは、フィールドの両端にある相手ゴールに向けて互いに楕円形のラグビーボールを運び、得点の多さを競うスポーツ。前にボールを投げることは許されず、自分よりも後方へのパスや、前方へのキック、ボールを抱えて走るなどの方法で、相手ゴールへボールを運ぶ。得点方法は以下の4種類。

<トライ:5点>

相手ゴール領域内でボールを設置させる。

<コンバージョンゴール:2点>

トライ成功後、ゴールポスト間にボールを蹴り入れる。

<ドロップゴール:3点>

プレイ中、ボールをワンバウンドさせて、ゴールポスト間に蹴り入れる。

<ペナルティキック:3点>

相手反則時に与えられる。ゴールポスト間にボールを蹴り入れる。

■五輪のラグビーは7人制

五輪のラグビーは男女とも7人制で行われるが、15人制と同じ長さ100m、幅70mのフィールドを使う。しかし、試合時間は15人制の80分と比べ14分と短く、ハーフタイムも2分間で行われる。

7人の内訳はフォワード3人、バックス4人だが、15人制ほどポジションによる役割に縛られていおらず、一人ひとりの判断が勝負の分けれ目になることも少なくない。また、選手交代は1試合につき各チームとも5回までできる。

■大会形式

男女各12チームが出場し、まずは予選ラウンドを戦う。その後予選での成績に応じて、順位決定戦と決勝トーナメントを行う(9-12位決定戦、準々決勝、11-12位決定戦、9-10位決定戦、5-8位決定戦、準決勝、7-8位決定戦、5-6位決定戦、3位決定戦、決勝戦)。

■楽しんで見るポイント

様々な戦術に加え、選手たちのパワーやスピードが魅力的なラグビーだが、7人制ではよりその戦術やスピードに注目したい。15人制と同じフィールドを使用する分、より一人ひとりのスピードやタックルの強さが求められることになる。

また、より自由度が増し、長い距離のパスや、自陣ゴール前から走ってのトライも増える。試合時間が短い分展開もスピーディになり、見る者も一瞬たりとも気が抜けない。

■注目選手

福岡堅樹(ふくおかけんき)

2019年に行われたラグビーワールドカップでも代表として戦い、スピード感あふれるプレイで日本代表の8強入りに貢献した。今大会を最後に現役引退を示唆しており、集大成の高いとなる。引退後は医師を志す。

松田凛日(まつだりんか)

中学3年生で日本代表候補合宿に呼ばれ、昨年4月、17歳でワールドシリーズで世界デビューを飾った、日本女子ラグビー界期待の星。父は元ラグビー日本代表の松田努氏。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!