注目記事 | サッカー

久保建英とバルセロナ。入団の経緯とバルサ時代のプレーぶりとは?【動画あり】

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

■久保建英がバルセロナキャンプのMVPに選出

久保建英は10歳の時にバルセロナのカンテラ(育成組織)に加入した。現在はスペイン1部リーグ・ビジャレアルCFに在籍する。ここではバルセロナ時代のプレーを動画で紹介する。

久保は2009年、横浜で開催されたバルセロナキャンプに参加し、MVPに選ばれた。ベルギーで行われたソデクソ・ヨーロピアンカップではバルセロナスクール選抜として出場してMVPに選出されている。

■バルセロナのテストを受けて難関を突破

当時バルセロナのカンテラを率いていたオスカル・エルナンデスの推薦を受け、2011年4月に3週間にわたるバルセロナのテストを受けて難関を突破した。

川崎フロンターレは2011年8月、U-10所属で小学校4年生の久保が2011-12シーズンよりバルセロナのカンテラでプレーすることが決定したと発表した。

■バルセロナ・カンテラ時代の久保建英

バルセロナのカンテラでは、アレビン(11~12歳年代)のAチームでリーグ戦やカタルーニャ杯優勝などの原動力になった。その後、インファンティル(13~14歳年代)のBチームに在籍していた。

2015年5月、FC東京U-15むさしに加入し、FC東京U-18、FC東京、横浜F・マリノスでプレーした後、FC東京に復帰し、2019年にレアル・マドリードへの完全移籍を発表する。2019-20シーズンはRCDマジョルカに期限付きで移籍した。

■マジョルカ時代はバルセロナ戦2試合にフル出場

2019年12月、マジョルカの久保はアウェー・バルセロナ戦でフル出場したものの、2-5で敗戦を喫した。2020年6月、マジョルカはホームでバルセロナと対戦し、久保はフル出場したものの、0-4で敗れている。

2020-21シーズンはビジャレアルでプレーすることになった。バルセロナのカンテラで育った久保が、新天地でチームを勝利に導くだろう。