全日本大学駅伝が11月3日に開催。連覇を狙う青山学院大学、初出場の東京国際大学など注目校による熱戦に注目!

出雲駅伝優勝の國學院大學も戴冠に名乗り

「出雲駅伝」「箱根駅伝」とともに「大学三大駅伝」として高い注目度を誇る「全日本大学駅伝」だ。2018年は青山学院大学の優勝で幕を閉じたように、近年は関東勢の強さが際立っている。出雲駅伝優勝の國學院大學、箱根駅伝予選会トップの東京国際大学の走りも見逃せない。

熱田神宮前からスタートし、伊勢神宮でゴールとなる全日本大学駅伝(写真は2018年大会/時事)
熱田神宮前からスタートし、伊勢神宮でゴールとなる全日本大学駅伝(写真は2018年大会/時事)熱田神宮前からスタートし、伊勢神宮でゴールとなる全日本大学駅伝(写真は2018年大会/時事)

ゴールは伊勢神宮。最長距離の第8区が見どころ

1970年から毎年11月の第一日曜日に行われている「全日本大学駅伝」は、「全国の大学が出場できる、真の日本一を決める大会を」という目的で企画された。正式名称は「全日本大学駅伝対校選手権大会」だ。

選手たちは名古屋市の熱田神宮を出発し、三重県の伊勢神宮までの8区間106.8キロを疾走する。コースは平坦な道ではあるが、短い区間と長い区間が混在しているという難しさがある。最終第8区が19.7キロの最長区間となるため、持久力が勝負のカギを握るレースだ。

出場権を持つのは全27校。そのうち8チームは前大会で8位以内となったチームで、2019年は青山学院大学、東海大学、東洋大学、駒澤大学、帝京大学、國學院大學、法政大学、城西大学が対象。加えて、北海道1、東北1、関東7、北信越1、東海2、関西3、中国四国1、九州1という枠が設けられており、各地区で選ばれた17チームも参加する。オープン参加の日本学連選抜チーム(東海を除く全国7地区学連および日本学生陸上競技連合による選抜)、東海学連選抜チームの計2チームもレースを盛り上げる。初出場となる東京国際大学、環太平洋大学の2校にも注目だ。

一週早く10月27日には全国大学女子駅伝も開催され、仙台市内を駆け抜けるこのレースでは、名城大学が2時間4分34秒で3年連続4度目の優勝を果たした。

今年の全日本大学駅伝でもっとも注目されるのが青山学院大学の吉田(写真は2018年大会/時事)
今年の全日本大学駅伝でもっとも注目されるのが青山学院大学の吉田(写真は2018年大会/時事)今年の全日本大学駅伝でもっとも注目されるのが青山学院大学の吉田(写真は2018年大会/時事)

2018年の優勝校は青山学院大で、近年は関東勢の強さが目立つ

第50回記念大会となった2018年は、青山学院大が5時間13分11秒で駆け抜け、2大会ぶり2度目となる優勝を飾って幕を閉じた。さらに2選手が区間賞を獲得。箱根駅伝では東海大に競り負けて悔しい2位に終わったが、青山学院大は出雲駅伝も制し、三大駅伝のうちの2冠に輝いた。

2位には7区の途中までトップに立っていた東海大学、3位には5区以降に圧巻の追い上げを見せた東洋大学が入った。3大会連続で1位から15位は関東勢が独占と、あらためてその強さが浮き彫りとなっている。一方でオープン参加となった日本学連選抜チームも1区の選手が区間賞を獲得し、前半ではトップ集団に食い込むなど奮闘を見せた。

2017年の第49回大会では、ダークホース的存在だった神奈川大学が20年ぶり3度目の優勝。すべての区間で選手たちが安定して上位をキープしたことが、勝利につながった。2位には東海大、3位に青山学院大、4位に駒澤大と上位陣は常連校の名前が並んだ。また、2016年の第48回大会では青山学院大が頂点に、2位に早稲田大学、3位に山梨学院大学、4位に駒澤大、5位に中央学院大学という顔ぶれだった。

これまでの同大会の歴史のなかで、最多出場を誇るのは京都産業大学だ。今回の出場が47回目となる。また最多優勝回数記録を持つのは12回の駒澤大で、過去には4連覇を達成した時代もあった。同じく4連覇の経験を持つのは駒澤大のほか、早稲田大、大東文化大学となっている。

2019年10月の箱根駅伝予選会では東京国際大学がトップ通過/時事
2019年10月の箱根駅伝予選会では東京国際大学がトップ通過/時事2019年10月の箱根駅伝予選会では東京国際大学がトップ通過/時事

出雲優勝の國學院大、箱根予選会1位の東京国際大に注目

2019年10月14日の「出雲駅伝」で頂点に立ったのは、國學院大だった。大学三大駅伝で初優勝を果たして波に乗る同校は、前田康弘監督も「全日本、箱根では出雲駅伝の優勝チームとして上の順位をめざしたい」と意気込みを新たにしており、上位に食い込んでくることが予想される。出雲では3区を走った4年生エースの浦野雄平が並み居るライバルを押しのけ区間賞を獲得すると、主将を務める4年生の土方英和(ひじかた・ひでかず)がアンカーとして37秒差の大逆転に成功。中心的存在である2選手の活躍により、チームの士気はさらに高まっている。

10月26日の箱根駅伝予選会で1位突破し、3年連続4回目の本戦出場を決めた東京国際大の健闘も見込まれる。なかでも、2019年7月のユニバーシアードのハーフマラソンで3位となった4年の伊藤達彦に注目だ。予選会では1時間2分34秒で日本人1位、全体で5位という改装でチームを引っ張った。9月の日本インカレ5000メートルを制したケニア人1年生のイェゴン・ビンセント・キベット、全体3位に入るなど好調をキープしている。

また、予選会を4位で通過して2年連続61回目となる本戦出場を決めた明治大は、長距離を得意とする切り札の4年生三輪軌道(みわ・のりみち)が全日本大学駅伝を見据えて、予選会を欠場するなど気合十分。三輪のほかにも予選会では主力となる4年生を数名欠いた状態で臨んだが、安定したレース運びで本戦出場権を獲得し、層の厚さを見せつけた。

全日本連覇を狙う青山学院大は出雲駅伝では5位に終わったが、チームに新しい風が吹き始めている。2018年の優勝メンバーに加え、三大駅伝未経験の3年生松葉慶太と1年生の中村唯翔(ゆいと)がメンバー入りを果たすなど、新戦力が台頭してきている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!