注目記事 | テニス

全豪OP前哨戦ギップスランド・トロフィーの日程、放送予定|大坂なおみらが出場

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

テニスのグランドスラム(四大大会)・全豪オープンの前哨戦「ギップスランド・トロフィー」(WTA500)が1月31日から2月6日に、メルボルンパーク(オーストラリア)で開催される。日本からはシングルスで大坂なおみ(日清食品)、日比万葉(グラムスリー)が出場。ここでは同大会の放送予定を紹介する。

日程・放送予定

1月31日

【ネット】

DAZN(LIVE・見逃し配信)

2月1日

【ネット】

DAZN(LIVE・見逃し配信)

2月2日

【ネット】

DAZN(LIVE・見逃し配信)

2月3日

【ネット】

DAZN(LIVE・見逃し配信)

2月4日

【ネット】

DAZN(LIVE・見逃し配信)

2月5日

【ネット】

DAZN(LIVE・見逃し配信)

2月6日

【ネット】

DAZN(LIVE・見逃し配信)

ギップスランド・トロフィー

全豪OP(2月8日開幕)の前哨戦は、男女とも2つの大会に分けて1月31日から2月6日に開催。女子は「ギップスランド・トロフィー」と、「ヤラ・バレー・クラシック」を行い、両大会ともWTA500として実施される。シングルスの出場選手は、WTAランキング上位32位までの選手を2大会に分け、残りの選手は抽選で割り振られる。同3位の大坂は、「ギップスランド・トロフィー」の第2シードとして、2回戦から出場する。他にはシモナ・ハレプ(ルーマニア/2位)、エリナ・スビトリナ(ウクライナ/5位)、日比万葉(グラムスリー/182位)らが同大会に参加。ダブルスでは二宮真琴(エディオン)が、レナタ・ボラコバ(チェコ)とのペアで参戦する。

もう1つの前哨戦「ヤラ・バレー・クラシック」シングルスには、アシュリー・バーティ(オーストラリア/1位)やソフィア・ケニン(アメリカ/4位)、セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ/11位)、土居美咲(ミキハウス/84位)が出場。ダブルスでは、日本から青山修子(近藤乳業)・柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)組がエントリーしている。

ギップスランド・トロフィー:出場選手・組み合わせ(WTA公式サイト)

ヤラ・バレー・クラシック:出場選手・組み合わせ(WTA公式サイト)

大坂なおみについて

大坂は、優勝した2020年の全米OP以来の公式戦出場となる。今大会第2シードの大坂は、2回戦からの出場。アリーゼ・コルネ(フランス/53位)とアイラ・トムリャノビッチ(オーストラリア/69位)の勝者と対戦する。

これまで大坂は2019年全豪OPのほか、2018年、2020年全米OPと3度のグランドスラム優勝を誇る。自身4度目のグランドスラム制覇に向け、全豪OPと同じ会場・メルボルンパークで開催される今大会で、良い感触を掴みたいところだ。

ギップスランド・トロフィー(WTA公式サイト)