吉田さんが語ったオリンピックという大会の価値「五輪で活躍できたからいまの私がある」

オリンピックでは金メダル3つと銀メダル1つを獲得した。
オリンピックでは金メダル3つと銀メダル1つを獲得した。オリンピックでは金メダル3つと銀メダル1つを獲得した。

先日、引退会見を行った吉田沙保里さん。女子レスリングで世界大会16連覇、個人戦206連勝と数々の栄光を勝ち取ってきた吉田さんだが、オリンピックという舞台は特別なものであったようだ。

「夢の舞台であるオリンピックに4度出場することができて…自分の父はオリンピックを目指して出られなかったので、兄たちもオリンピックを目指していましたけど出られなくて、私が4度も出させていただいたことを本当にうれしく思います。家族の支えが夢を大きく、強く持たせてくれたので、頑張れたのかなと思います。

4回のオリンピックの中でいろいろなことを得ることができましたし、いろんな人と出会うことができて、オリンピックで活躍できたからいまの私があるのかなと思います」

とオリンピックという舞台の価値を語ってくれた。

オリンピックが特別な舞台であることは、レスリング一家である吉田さんの家族にとっても同じだったようだ。会見に出席した母・幸代さんはこう説明した。

「4回もオリンピックに出させていただいたことは家族にとって夢のような話で、それも金メダル3個、最後に本当にきれいな銀メダルをいただいた。そこで納得したかなと」

ロンドン五輪では旗手を務めた。
ロンドン五輪では旗手を務めた。ロンドン五輪では旗手を務めた。

ヤワラちゃんに憧れオリンピックを目指す

父・栄勝さんの影響で3歳から始めたレスリング。ヤワラちゃんという愛称で親しまれた谷亮子さんに憧れ、中学生の時にレスリングで金メダルを掴みたいという夢を描くようになった。当時、女子レスリングは五輪の正式種目ではなかったが、それでも”オリンピックに出たい”という思いを強めた。

2004年アテネ五輪で女子レスリングが正式種目になると、55kgに出場した吉田さんは金メダルを獲得。幼いころからの夢を掴んだ。それでも吉田さんは止まることなく、2008年北京五輪でも金メダルに輝く。

日本選手団の旗手を務めた2012年ロンドン五輪では、「旗手は活躍できない」というジンクスを破り、3大会連続の金メダルを掴んでみせた。直前に行われた世界選手権の団体戦で敗戦を喫し、実は最も大変な大会だったそうだ。

4連覇を目指したリオ五輪では、小さい頃から吉田さんに憧れていたヘレン・マルーリスに敗れ、銀メダルに終わった。しかし、この経験も吉田さんにとってとても価値あるものだったようだ。

「リオのオリンピックで初めて2番目の表彰台に登ったときに”負けた人はこういう気持ちなんだ”と思えましたし、”こうやって戦う、競い合う仲間がいたから頑張ってこられたんだ”と知ることができました。負けて得たものが私自身を成長させてくれたと思うので、リオ五輪の銀メダルが私的には一番成長させてくれたと思うので、思い出に残っています」

リオ五輪では銀メダルに終わったが、その経験が成長に繋がった。
リオ五輪では銀メダルに終わったが、その経験が成長に繋がった。リオ五輪では銀メダルに終わったが、その経験が成長に繋がった。

東京五輪への思い

リオ五輪で銀メダルに終わった後、吉田さんは現役引退を否定しながらも、実戦の場に登場することは一度もなかった。引退という決断に2年以上の時間を必要としたのは、母国で開催される東京五輪への思いがあったからだった。

「自国で開催される東京五輪に出場したいという思いと、リオ五輪で銀メダルに終わってしまい、たくさんの方からの”また金メダルを目指してほしい”という応援に支えられつつも、日々迷いながらここまで来ました」

と吉田さんは決断に至るまでの胸の内の葛藤を明かした。

年齢による体力的な問題もあったが、「やっぱり気持ちの部分が追いつかない状態でやり尽くしたなという思い」が強くなっていったため、引退を決断した。

吉田さんの東京五輪への思いを家族はもちろんわかっていた。

「”東京五輪というのはすごく魅力なんだよね”と(吉田さんは)話をしていました。みなさんに恩返しできるのは、東京五輪で自分の姿を見せることというのが一番彼女(吉田さん)のネックになっていたと思うんです」

母・幸代さんはそう教えてくれた。

東京五輪ではセコンドとして吉田さんの姿を目にすることができるかもしれない。彼女からバトンを受け継いだ選手たちはどのような戦いを見せてくれるのだろうか。

向田 真優(左)と吉田沙保里(右)
向田 真優(左)と吉田沙保里(右)向田 真優(左)と吉田沙保里(右)
Saori Yoshida:

Saori Yoshida: "I have done everything I could as a wrestler"

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!