小松昌弘:東京五輪の新種目3x3を牽引する経験豊富なベテラン

小松昌弘は、日本バスケットボール協会が公認する「3x3」のトップリーグ『3x3 PREMIRE.EXE』におけるTOKYO DIME.EXEに所属する日本代表唯一の社会人選手である。相手が自分より小さければインサイドで、少しでも離されればアウトサイドシュートで勝負と、幅の広いプレイが売り。国際大会の経験も豊富な彼が、2020年の東京五輪に新種目として採用された本競技において、日本のバスケットシーンを熱くする。

小松昌弘は世界各国で行われている3x3の舞台に精力的に参戦してきた
小松昌弘は世界各国で行われている3x3の舞台に精力的に参戦してきた小松昌弘は世界各国で行われている3x3の舞台に精力的に参戦してきた

5人制から3人制へ。小松が歩んできたバスケ道

以前から「3on3(スリーオンスリー)」の愛称で親しまれ、日常的にストリートコートで行われていた3対3のバスケットボール。2007年に世界統一のルールが定められ、スタートした競技が「3x3(スリー・バイ・スリー)」だ。ストリートバスケから生まれた新スポーツ「3x3」は、観客との一体感・気軽に楽しめることが一番の魅力。日本では2014年に世界に先駆けてプロリーグが誕生、日々ハイレベルな戦いが繰り広げられている。

小松昌弘は1984年4月22日に宮城県生まれた。身長192cm、体重91kg。現在はRBC東京、TOKYO DIME .EXEに所属している。学生時代から各世代の代表に選出されてきた。仙台高校時代にはU-18日本代表に名を連ね、大学はバスケの名門、筑波大学に進学し、活躍した。大学卒業後は三井住友銀行に入行。実業団チームに所属し、入社当時は2部だったチームを全国ベスト4に入るようなチームにするべく牽引してきた。オールジャパン予選となる社会人選手権では、肋骨を骨折していながらコートに立ち、チームの勝利に貢献したエピソードも残っている。小松の5人制バスケでのキャリアは、申し分のない輝かしいものだったと言える。

2015年に主戦場を3人制バスケに移した後も、小松は素晴らしい成績を残してきた。同年に開かれた第1回 3x3日本選手権に優勝して日本代表候補に選出され、2016年、2017年の3x3日本選手権も優勝して三連覇を果たす。さらに世界大会に出場。日本代表として、FIBA(国際バスケットボール連盟)が主催する3x3ワールドツアーマスターズ(中国・北京)、FIBA 3x3ワールドチャンピオンシップ(中国・広州)、FIBA 3x3アジアカップ2017(モンゴル・ウランバートル)といった世界各国で行われている3x3の舞台に精力的に参戦し、結果を出している。

3x3日本代表として重ねてきた経験は国内屈指だろう。屈強な体躯を駆使し、インサイドからアウトサイドまでをこなすオールラウンダー。自分よりも長身の選手と互角以上に渡り合うフィジカルの強さと、高いシュート力は相手にとって脅威になるだろう。

2007年に世界統一のルールが定められた3x3
2007年に世界統一のルールが定められた3x32007年に世界統一のルールが定められた3x3

東京五輪でのメダル獲得を目指す日本代表の現在地

小松昌弘は、2018年6月8日にフィリピンのマニラで行われたFIBA3x3ワールドカップ2018に日本代表として出場した。2020年の東京五輪で正式種目に採用されたこともあり、この大会は東京五輪の前哨戦といっても過言ではない。

スロベニア(大会時FIBAランク2位)、ポーランド(同7位)、エストニア(同10位)、インドネシア(同18位)と同じグループBに属していた日本(同15位)。この大会は総当たり戦を行い、上位2チームが決勝トーナメントに進出する。

第1戦でエストニアに11-17、第2戦でスロベニアに14-22の敗戦。高さと強靭なフィジカルの前に連敗を喫した。後がなくなった日本は、グループリーグ突破を懸け、インドネシアとポーランド戦に挑まなければならなくなった。グループリーグ内で唯一、格下の相手となったインドネシアとの第3戦。フィジカルで対等に渡り合えたことから、クイックネスに勝る日本が相手を振り回してリードする展開に。序盤から日本のペースで試合は進み、18-11で勝利を収めた。

予選最終戦はFIBA7位と格上のポーランドが相手だ。背水の陣で挑んだ日本であったが、身長で上回るポーランドにゴール下を支配され、思うようなゲームが展開できず、開始約2分で1-5とビハインドを負ってしまうことに。なかなかインサイドで起点を作ることができず、アウトサイドからのシュートに攻撃の手が偏ってしまう。それでもラスト3分から怒涛の反撃を見せ、終盤残り約1分で2点差まで詰め寄った。しかしながら反撃はそこまで。タイムアップ直前にポーランドに2ポイントを決められ16-20で試合が終了。意地は見せたものの、1勝3敗で予選敗退が決まった。

結局、ジャイアントキリングは果たせず、1勝3敗で予選リーグ敗退。世界のチームに比べて身長、身体能力で劣る日本が、今後、世界と戦っていくための課題が浮き彫りとなった。

東京五輪に向けて小松のようなベテランの力は不可欠
東京五輪に向けて小松のようなベテランの力は不可欠東京五輪に向けて小松のようなベテランの力は不可欠

一戦必勝の心構えで前進あるのみ

3x3で求められるオールラウンドなスキル、フィニッシュのスキル、当たり負けしないフィジカルは、5人制バスケの日本の課題でもある。そのため、3x3を新しい選択肢として、選手強化に役立てる方針をJBAは打ち出している。

その方針を追いかけるように、アルバルク東京の安藤誓哉、千葉ジェッツの原修太といった、トップレベルの現役Bリーガーを3x3日本代表に選出。5人制と3x3で相乗効果を期待すると同時に、オリンピックに向けて3x3の盛り上げ役になっている。こうした現役Bリーガーが、代表争いに加わることは、日本代表チームの底上げに大きなプラス材料となるだろう。さらに日本が世界と戦うためには、体格で劣る中、リバウンドで競う技術はあるのか、アウトサイドからのシュート力だけでなく、ゴール下へのドライブで決め切る能力はあるのか、相手にボールを持たせずに守る技術はあるのかなど、課題は山積している。小松は日本代表オフィシャルサイトのインタビューの中で「東京五輪に向けて、今の日本は世界の中でとても強いという地位ではないと思います。だからこそ目の前の相手をいかに攻略して勝つか。1試合ずつ勝って、しっかり結果を残していくことが大事です」とのコメントを残している。

Bリーガーという新たな起爆剤を得た3x3男子日本代表。プラスの「化学変化」を起こしながら、チームとしてのまとまりを維持するには、やはり小松のようなベテランの力が不可欠になるだろう。日本のFIBAランクは4位(2019年2月4日現在)。目指すは東京五輪でのメダル獲得だ。残された時間は約1年。本大会に向けて小松の挑戦はまだまだ続く。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!