注目記事

愛媛県の聖火リレールートとランナー|各区間の出発・到着時刻や交通規制について

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

3月25日に福島県のJヴィレッジでグランドスタートを迎えた、Tokyo2020(東京五輪)聖火リレー。愛媛県内全20市町を巡る。愛媛県の聖火リレールート、ランナー、交通規制などを紹介する。

愛媛県の聖火リレールート

東京2020オリンピック聖火リレーについて(愛媛県)

愛媛県内の聖火リレールート・スケジュール(愛媛県)

愛媛県松山市内聖火リレーの開催内容変更について(東京2020組織委員会)

聖火リレーは4月21日から愛媛県で行われる。愛媛県唯一の離島自治体である上島町を含め、県内全20市町を聖火が訪れる予定。1日目は四国中央市でスタートし、県東部・中部を巡り松山市でセレブレーションを実施する。2日目は砥部町から県南部でリレーを通過し、八幡浜市でセレブレーションが行われる。

みどころは宇和海を眺望できる宇和海展望タワーや、創立100年以上の歴史を有する内子町の内子座など。なお、1日目に予定されていた松山市では公道での聖火リレーが中止となった。セレブレーション会場内(松山城城山公園)で聖火皿まで、トーチに灯した聖火をつないでいく点火セレモニーを実施。セレモニーは無観客で行われ、ステージプログラムの実施を見送ることが決まった。

愛媛県内の走行スケジュールは以下の通り。詳細なルートやマップは愛媛県公式ホームページ、聖火リレーDay book(東京2020組織委員会)で確認できる。

■1日目:4月21日(水)

Day book(東京2020組織委員会)

【ルート】

四国中央市:愛媛県紙産業技術センター(8時30分)~しこちゅ~ホール(市民文化ホール)(8時50分)

上島町:生名総合支所駐車場前(9時15分)~立石多目的グラウンド駐車場(9時30分)

新居浜市:あかがねミュージアム(10時05分)~新居浜市役所正面(10時30分)

西条市:石鎚スキー場ピクニック園地(11時00分)~石鎚神社 成就社(11時30分)

今治市:広小路(共栄町)(12時20分)~今治城吹揚公園 (12時40分)

東温市:牛渕歩道橋前(15時15分)~メガネ店南側(15時35分)

松前町:想い通り東側(16時50分)~想い通り西側(17時03分)

久万高原町:笛ヶ滝公園(17時30分)~道の駅天空の郷さんさん(17時47分)

松山市:公道での聖火リレーは中止

セレブレーション会場:松山城城山公園堀之内地区(やすらぎ広場)

■2日目:4月22日(木)

Day book(東京2020組織委員会)

【ルート】

砥部町:国道33号県運動公園交差点(8時30分)~国道33号麻生交差点南側(8時46分)

愛南町:馬瀬山駐車場(9時25分)~宇和海展望タワー(9時45分)

伊予市:伊予市しおさい公園(10時00分)~伊予市総合保健福祉センター(10時20分)

内子町:内子自治センター駐車場(10時30分)~高昌寺ねはん像前(10時49分)

大洲市:ふれあい南通り常磐町交差点(12時40分)~冨士橋如法寺河原(13時05分)

松野町:松野町役場(14時35分)~道の駅虹の森公園まつの(14時44分)

鬼北町:鬼北町役場(15時35分)~道の駅森の三角ぼうし(15時49分)

西予市:西予市立宇和町小学校(16時10分)~西予市営宇和球場 (16時34分)

宇和島市:宇和島市立伊達博物館前(17時00分)~きさいや広場(17時25分)

伊方町:愛媛県立三崎高等学校(17時40分)~佐田岬はなはな(18時04分)

八幡浜市:八幡浜市役所(19時20分)~道の駅八幡浜みなっと(19時40分)

セレブレーション会場:道の駅みなとオアシス八幡浜みなっと(緑地公園芝生広場)

■交通規制

聖火リレー当日は、走行時間の前後にルート周辺で交通規制が実施される。愛媛県は、「皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご協力の程、よろしくお願いします」と呼び掛けている。交通規制の情報は、上記の聖火リレールート各市町村のリンクから確認できる。

西条市では交通規制は実施されない。

愛媛県の聖火ランナー

愛媛県公式ホームページでは、県実行委員会選出ランナーが公表されている。公道での聖火リレーは中止となった松山市では、アテネ、北京五輪マラソン女子日本代表の土佐礼子氏のほか、スピードスケート・郷亜里砂らがグループランナーとして松山市を走行予定だった。

Tokyo2020の聖火リレーについて

東京オリンピックの聖火リレーは「Hope Lights Our Way/希望の道を、つなごう。」をコンセプトに実施される。

聖火リレーは、3月25日に福島県のJヴィレッジでグランドスタート。その後121日間で47都道府県を回り、7月23日に東京都で終了する。2日から3日をかけ各都道府県を通過。東京都では7月9日に1964年東京大会のレガシー施設である駒沢オリンピック公園総合運動場(世田谷区)からスタートし、15日間にわたり全62市区町村で実施される。オリンピック開会式当日の7月23日に、都庁・都民広場(新宿区)でゴールとなる。

■新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染拡大を受け東京2020組織委員会は、感染症対策を実施した上で聖火リレーを行うことを発表。「東京2020オリンピック聖火リレーにおける新型コロナウイルス感染症対策に関するガイドライン」に基づき、「3密(密閉・密集・密接)の回避」、「飛沫感染・接触感染防止」、「殺菌・消毒の徹底」、「体調管理・確認の徹底」、「広報・周知の徹底」、「陽性者・体調不良者発生時等の対応計画の作成」といった対策を実施する。東京2020組織委員会公式ホームページ上では、沿道における観覧やセレモニー観覧についての注意事項、感染予防への取り組みが記載されている。

沿道における聖火ランナーの走行の模様は、NHK 聖火リレーライブストリーミング特設サイトで視聴することができる。

東京2020オリンピック聖火リレー 新型コロナウイルス感染症対策について(東京2020組織委員会公式HP)

※情報は公開時点のものです。変更される可能性もあるため、最新情報は公式サイトよりご確認ください。