日本選手権20キロ競歩:女子では岡田久美子が6連覇で東京五輪代表に内定、男子は山西利和が初優勝

競歩日本選手権で優勝し、東京オリンピック代表に内定した岡田久美子
競歩日本選手権で優勝し、東京オリンピック代表に内定した岡田久美子競歩日本選手権で優勝し、東京オリンピック代表に内定した岡田久美子

2月16日、Tokyo2020(東京五輪)代表選考会を兼ねた第103回日本陸上競技選手権大会20キロ競歩が、神戸市六甲アイランド甲南大学西側コースで行われた。女子では岡田久美子が1時間29分56秒で優勝し6連覇を達成。東京五輪代表に内定した。男子は、世界陸上ドーハ2019金メダリストの山西利和が優勝した。

日本選手権5連覇中の岡田久美子が、1時間29分56秒で優勝し6連覇を飾った。日本陸上競技連盟(JAAF)が定めた派遣設定記録(1時間30分0秒)も突破しており、東京オリンピック代表に内定した。岡田は2016年リオデジャネイロ大会に続き、2大会連続での出場となる。2位は河添香織、3位は林奈海だった。

男子では、世界陸上ドーハ2019で金メダルを獲得した山西利和が、1時間17分36秒で初優勝を果たした。既に山西は東京オリンピック代表に決定しているため、男子は今大会で新たに出場権を獲得した選手はいなかった。2位は池田向希、3位は髙橋英輝だった。

日本選手権20km競歩結果

【男子】

  1. 山西利和(愛知製鋼)1時間17分36秒
  2. 池田向希(東洋大学)1時間19分07秒
  3. 髙橋英輝(富士通)1時間19分53秒

【女子】

  1. 岡田久美子(ビックカメラ)1時間29分56秒
  2. 河添香織(自衛隊体育学校)1時間33分15秒
  3. 林奈海(順天堂大)1時間35分10秒

競歩の日本代表選手選考

各国陸上連盟は各種目最大3名まで出場枠を与えられ、出場選手を決定する。日本は男子2種目が3枠、女子1種目は2枠が与えられており、以下のように代表選手を選出する。

1: 世界陸上2019

3位入賞、かつ2020年ミンスク世界競歩チーム選手権までに参加標準記録を満たした選手。

2: 国内選考大会

男子20km

  • ドーハ 2019 世界陸上競技選手権大会(終了)
  • 第103回日本陸上競技選手権大会20km 競歩(終了)
  • 第44回全日本競歩能美大会(3月15日)

男子50km

  • ドーハ 2019 世界陸上競技選手権大会(終了)
  • 第 58 回全日本 50km 競歩高畠大会(終了)
  • 第104 回日本陸上競技選手権大会・50km 競歩(4月12日)

女子20km

  • ドーハ 2019 世界陸上競技選手権大会(終了)
  • 第103 回日本陸上競技選手権大会・20km 競歩(終了)
  • 第 44 回全日本競歩能美大会(3月15日)

国内選考競技会の日本人最上位者、かつ2020年ミンスク世界競歩チーム選手権までに参加標準記録を満たした選手。

東京オリンピック出場内定選手

男子20kmの山西利和と50kmの鈴木雄介は"世界陸上ドーハ2019"で金メダルを獲得し、東京オリンピック代表に内定している。また、10月に行われた選考会で優勝した川野将虎が50kmで東京五輪出場権を獲得した。

女子20kmでは、日本選手権で優勝した岡田久美子が代表に内定した。

男子20km

  • 山西利和

男子50km

  • 鈴木雄介
  • 川野将虎

女子20km

  • 岡田久美子

東京オリンピック・競歩日程

20km 競歩(男子)

  • 8月6日(木)16:30スタート

50km 競歩(男子)

  • 8月7日(金)5:30スタート

20km 競歩(女子)

  • 8月7日(金)16:30スタート

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!