東京オリンピックメダルのデザインに込められた意味を解説|デザイナー、歴代メダルのデザインは?

メダルおもて面:勝利の女神ニケ像があしらわれている
メダルおもて面:勝利の女神ニケ像があしらわれているメダルおもて面:勝利の女神ニケ像があしらわれている

東京2020組織委員会は開会式のちょうど1年前にあたる2019年7月24日に「東京2020オリンピックメダル」のデザインを発表した。アスリートの胸に輝く五輪のメダルにはどのような意味が込められているのか?デザインの意図や手掛けたデザイナー、メダルの仕様を詳しく紹介する。

■オリンピックメダルデザインの意図…テーマは光や輝き

アスリートには栄光の部分だけでなく、勝利に至るまでの日々の努力が必ずあります。東京2020オリンピックメダルのデザインは、原石を磨くようなイメージで、光や輝きをテーマとしています。

東京2020の公式サイトには、オリンピックメダルのデザインコンセプトについてこのように記されている。その光や輝きは「アスリートや周りで支えている人たちのエネルギーを象徴」して、「スポーツで競い合い、頑張っている人が称えられる世界になってほしい」という思いが込められているという。

メダルのデザインは「おもて」と「うら」で異なる。「おもて」面のデザインは、国際オリンピック委員会により、パナシナイコスタジアムに立つ勝利の女神ニケ像、東京2020オリンピック競技大会の正式名称、そしてオリンピックシンボルの要素を含めた構図と規定されている。「うら」面のデザインは、東京2020入賞メダルデザインコンペティションに応募のあった作品から選定された。

メダルうら面:光や輝きをテーマとしたデザインを採用
メダルうら面:光や輝きをテーマとしたデザインを採用メダルうら面:光や輝きをテーマとしたデザインを採用

■メダルデザイナーは川西純市氏

東京2020組織委員会は、第一線で活躍しているプロのデザイナーやデザインを専攻している学生を対象に、メダルのデザインを募集した。2017年12月から2018年1月にかけて「入賞メダルデザインコンペティション」のエントリーを受け付けたところ421名のエントリーが集まった。その後、要件確認や審査会を経て、メダルデザイン1案を選出。最終的に選ばれたのは川西純市氏の案だった。

デザイナープロフィール

川西純市(かわにしじゅんいち)

SIGNSPLAN 代表、SDA 公益社団法人日本サインデザイン協会 常任理事、USD-O 大阪デザイン団体連合 理事

  • 1990年 大阪芸術大学芸術学部美術学科卒業
  • 1992年 大阪芸術大学美術専攻科修了
  • 1992〜1995年 大阪芸術大学デザイン学科スペースデザイン研究室勤務
  • 1996〜2006年 ランドスケープ設計事務所、サインメーカー勤務
  • 2006年 SIGNSPLAN設立
  • 2006年〜2018年 SDA賞 奨励賞/入選/地区デザイン賞他
  • 2019年 東京2020オリンピックメダルデザイナー

入賞メダルデザインコンペティションの審査プロセス

  1. エントリー受付(2017年12月~2018年1月)
  2. 応募資格要件確認(2018年1月~2月)
  3. 平面デザイン受付(2018年3月~4月)
  4. 形式要件確認(2018年4月上旬)
  5. 事前審査会(2018年4月17日~21日)
  6. 一次審査会(平面デザイン審査:2018年4月25日)
  7. オリンピックメダルデザイン二次審査会(立体デザイン審査:2018年7月5日)
  8. パラリンピックメダルデザイン二次審査会(立体デザイン審査:2018年9月21日)
  9. デザイン発表(2019年)

■メダルの仕様…重さと原材料に違いあり

「金」「銀」「銅」いずれのメダルも大きさと厚さに違いはない。異なるのは重さと原材料。「金」は純銀に6g以上の金メッキが施され、3種類の中では最も重い約556g。「銀」の原材料は純銀で、「金」よりも約6g軽い。「銅」の原材料は丹銅(銅95:亜鉛5)で「銀」よりも約100g軽い。

仕様

  • 大きさ 直径85mm
  • 厚さ 最小部分7.7mm、最大部分12.1mm
  • 重さ 金約556g、銀約550g、銅約450g
  • 原材料(金) 純銀に6g以上の金メッキ
  • 原材料(銀) 純銀
  • 原材料(銅) 丹銅(銅95:亜鉛5)
  • リボン取り付け部分 メダル本体上部への埋め込み式
  • 側面 メダル側面に各競技名(競技名・種別名・性別・種目名)を英語で刻印
3種類の中で最も重い金メダル
3種類の中で最も重い金メダル3種類の中で最も重い金メダル

■歴代メダルのデザイン

1896年アテネ五輪のメダルには主神ゼウスと勝利の女神ニケがあしらわれている。1900年パリ五輪のメダルは丸形ではなく長方形だった。1904年セントルイス五輪や1908年ロンドン五輪のメダルはアスリートが、1920年アントワープ五輪のメダルは古代ローマの戦士がデザインに用いられている。1928年アムステルダム五輪のメダルの「おもて」面には勝利の女神ニケがあしらわれ、このデザインは1968年まで採用された。このように歴代メダルのデザインは時代によってさまざまな特長が見られる。

【図解】オリンピックの歴代メダルデザインの変遷

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!