【東京オリンピック出場枠争い】フェンシング:W杯エペ団体優勝で勢いづく日本、見延和靖、加納虹輝ら有力選手が代表確保か

開催国枠で8人を送り込める日本。その代表争いが始まっている
開催国枠で8人を送り込める日本。その代表争いが始まっている開催国枠で8人を送り込める日本。その代表争いが始まっている

2020年の東京五輪に向けて、フェンシング界でも出場枠争い、代表争いが始まっている。伝統的に強い欧州勢に対し、日本勢も2019年3月のW杯スペイン大会でエペ団体を制するなど、力をつけてきている。代表枠選考基準となる世界のランキングや、日本の有力選手などをみていこう。

好調のエペ日本勢を支える見延和靖
好調のエペ日本勢を支える見延和靖好調のエペ日本勢を支える見延和靖

東京五輪出場枠争いの概要(日本以外)

東京五輪では、男女それぞれ個人・団体(チーム)種目それぞれ6種目行われる。FIE(国際フェンシング連盟)が発表する公式チームランキングにより出場権を獲得した場合、それ以外の場合で選出方法が変わる。なお、公式ランキングにおいては、2019年4月3日から2020年4月4日までに加算されたポイントによって決定される。

チーム資格においては、FIE公式チームランキング(2020年4月4日現在)上位4チームが、所属大陸関係なくオリンピック出場権を獲得できる。5位から16位にランクインしたチームについては、FIEの4つのゾーン(アフリカ、アメリカ、アジア・オセアニア、ヨーロッパ)からの最高順位にランクされたチームに出場資格が与えられる。

個人資格については、チーム資格を通じて出場権を確保した24選手(8チームそれぞれ3選手)は、個人競技にも出場できる。FIE 公式個人ランキング(2020年4月4日現在)で、FIE公式チームランキングを通じて有資格となった選手を除き、国別で最高順位の選手と各地域6名(ヨーロッパ2名、アジア・オセアニア2名、アメリカ1名、アフリカ1名)の選手も出場権を獲得できる。

エペ個人では見延を上回る加納虹輝
エペ個人では見延を上回る加納虹輝エペ個人では見延を上回る加納虹輝

出場権の掛かった主要大会

チーム(団体)資格における出場枠については、以下の大会が対象となる。

1) 団体ワールドカップ競技会

2) 団体世界選手権大会

3) 団体大陸選手権大会

個人資格における出場枠については、以下の大会が対象となる。

1) 個人グランプリ競技会

2) 個人ワールドカップ競技会

3) サテライト競技会

4) 個人世界選手権大会

5) 個人大陸選手権大会

<出場権争いの現状、出場決定選手>

上記の通り、2020年4月4日現在のFIE公式チームランキング、FIE 公式個人ランキングで出場権が決まり、各国に出場枠が与えられるため、2019年5月現在で出場が決まったチーム・選手はいない。

現在のランキング

下記のランキングは、2018-19シーズンで蓄積されたポイント数である。

【男子】

<サーブル団体>

1位 韓国

2位 イタリア

3位 ハンガリー

4位 ロシア

5位 イラン

9位 中国

13位 日本

<エペ団体>

1位 ロシア

2位 スイス

3位 韓国

4位 ハンガリー

8位 中国

10位 日本

<フルーレ団体>

1位 アメリカ

2位 イタリア

3位 ロシア

4位 韓国

6位 香港

7位 日本

10位 中国

<サーブル個人>※日本人選手のみ

33位 徳南堅太

37位 島村智博

41位 吉田健人

<エペ個人>※日本人選手のみ

5位 加納虹輝

8位 見延和靖

<フルーレ個人>※日本人選手のみ

25位 西藤俊哉

37位 松山恭助

40位 敷根崇裕

【女子】

<サーブル団体>

1位 フランス

2位 ロシア

3位 イタリア

4位 アメリカ

5位 韓国

6位 中国

9位 日本

<エペ団体>

1位 アメリカ

2位 ロシア

3位 ポーランド

4位 中国

7位 韓国

10位 香港

14位 日本

<フルーレ団体>

1位 フランス

2位 イタリア

3位 アメリカ

4位 ロシア

5位 韓国

6位 日本

10位 中国

<サーブル個人>※日本人選手のみ

26位 青木千佳

30位 福島史帆実

34位 高嶋理紗

<エペ個人>※日本人選手のみ

66位 下大川 綾華

75位 古俣潮里

<フルーレ個人>※日本人選手のみ

12位 菊池小巻

16位 宮脇花綸

22位 東晟良

リオ五輪代表経験者の青木千佳は東京五輪でも代表候補筆頭だ
リオ五輪代表経験者の青木千佳は東京五輪でも代表候補筆頭だリオ五輪代表経験者の青木千佳は東京五輪でも代表候補筆頭だ

東京五輪での活躍が予想される日本のフェンシング有力選手

3月にアルゼンチンで行われたワールドカップで、エペ団体日本代表(見延和靖、加納虹輝、宇山賢、山田優)が優勝した。エペ団体の優勝は日本史上初で、他の種目も含めると、2011年ワールドカップフランス大会男子フルーレ以来8年ぶりの快挙だった。

2018-19シーズンにおいては、個人でもグランプリ大会で1勝(見延)、ワールドカップでも2勝(見延・加納)し、2018-19シーズンランキングでも加納が5位、見延が6位だった。個人・団体共にメダルが期待できる。

フルーレ団体は2018-19シーズンランキング7位。1月に東京で行われた高円宮杯ワールドカップで、日本代表(西藤俊哉、敷根崇裕、鈴村健太、松山恭助)は惜しくも5位だった。

フルーレ個人でも、西藤、鈴村は2回戦で、ロンドン大会団体銀メダルメンバーの三宅諒、15歳で初のシニア大会だった飯村一輝は1回戦で敗れているが、今後の成績次第ではメダルの期待も高まる。女子もランキング上位に3人が名を連ねているので、レベルアップを期待したい。

日本人選手の出場枠/開催国枠争いの状況、選考大会への出場権獲得状況

日本人選手の選考については、大きく以下の通りとなる。

・日本代表がFIE 公式チームランキングにより出場権を獲得した場合

<代表候補選手>

1)2019年4月3日から2020年4月4日までのFIE競技会において獲得したポイント数によって決定されるFIE 公式個人ランキングの日本人上位2名。

2)強化本部が推薦する選手1名。

<リザーブ候補選手>

強化本部が推薦する選手1名。

・FIE 公式チームランキングによる出場権以外の出場資格について

1)2019年4月3日から2020年4月4日までのFIE競技会において獲得したポイント数によって決定されるFIE 公式個人ランキングから、FIE公式チームランキングを通して有資格者となった各国及び、個人種目別の選手を除いた、アジア・オセアニアゾーンの FIE公式個人調整済みランキング上位2名。(※各国各種目1名のみ)

2)アジア・オセアニアゾーン最終選考会の最上位者各種目1名

フェンシングの開催国枠について

東京五輪を開催する日本は、開催国枠として8名分の出場権を確保する。強化本部によって、FIEランキングを考慮した上で、メダルの可能性が有力視できる種目や個人に分配される。ただし、各国の種目別出場枠は3つまでとしている。ただ、上位に入っていくためには、開催国枠に頼らず、自力で出場権を確保しておきたいところだ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!