【東京オリンピック出場枠争い】空手:欧州勢が 上位を占めるなか、日本勢も有力候補が代表入りを狙う

1920年代に日本国内に広がり、その後、世界中に広まった空手。現在では欧州が上位を独占するなか、日本人が食い込む状況だ
1920年代に日本国内に広がり、その後、世界中に広まった空手。現在では欧州が上位を独占するなか、日本人が食い込む状況だ1920年代に日本国内に広がり、その後、世界中に広まった空手。現在では欧州が上位を独占するなか、日本人が食い込む状況だ

2020年東京オリンピックの追加種目として初採用となった空手。日本の沖縄発祥の立ち技格闘技で、海外でも映画などの影響で競技者を増やした。空手競技は、技の正確性やフォームの美しさを競う「形」、実戦形式で勝ち負けを競う「組手」の2種目で行われる。日本発祥競技とはいえ、今や世界のスポーツとなっており、日本勢にとっても東京五輪は険しい戦いとなる。

形種目で世界1位の喜友名諒。金メダル候補として東京五輪に挑む/時事
形種目で世界1位の喜友名諒。金メダル候補として東京五輪に挑む/時事形種目で世界1位の喜友名諒。金メダル候補として東京五輪に挑む/時事

空手:東京五輪出場枠争いの概要

空手は「組手」で男女3階級、「形」は男女各1種目で行われる。組手の階級は、男子が67kg級、75kg級、75kg超級。女子は、55kg級、61kg級、61kg超級。1種目10人で行われる。選考過程においては、大きく5段階に分かれる。

  • 第1段階:オリンピック・スタンディング(オリンピック選考用ランキング)による選考

オリンピック・スタンディングは、WKF(世界空手連盟)世界ランキングの順位を基に決定する。WKF階級とオリンピック階級が同じ場合(男・女の形、男子組手75kg級、女子組手61kg級)は、WKF世界ランキング上位4選手が選出。1つの国から1種目1名なので、上位4選手で同じ国の選手がいた場合は、ランキング上位の選手が選ばれる。

残り4種目については、WKF2階級で統合されるので、WKF世界ランキングそれぞれの階級上位2選手を選出。同じ国の選手が2選手になった場合は、1位の選手が優先される。1位選手同士の場合は、ポイントが多い選手が出場する。

  • 第2段階:予選大会による選考

2020年5月8日から10日にパリで予選大会を実施し、各種目上位3選手がオリンピックの出場権を確保できる。予選大会に限っては、WKF世界ランキング50位以内に入っていなくても出場できる。

ただし、第1段階(オリンピック・スタンディング)で選出されている選手は、第1段階で選抜されているので、階級ごとでエントリーできないケースもある。

  • 第3段階:開催国枠

第1段階、第2段階で開催国の選手がいない場合は、日本人最上位の選手が開催国枠として本戦出場できる。これにより、日本人選手は全種目でオリンピック出場ができる可能性は高い。

  • 第4段階:大陸代表枠

各大陸空手連盟から2~3名が指名される。

  • 第5段階:三者委員会招待枠

IOC、国内オリンピック委員会連合、オリンピック夏季大会競技団体連合(ASOIF)の三者が男女2名ずつ指名する。後進国のアスリートを支援する制度である。

【出場権の掛かった大会一覧】

WKF世界ランキング(オリンピック・スタンディング)ポイント対象大会が、本大会出場権獲得に直結する。

  • ・WKF 世界空手道選手権大会(2018年開催)
  • ・各大陸選手権大会(隔年または毎年開催)
  • ・WKF KARATE1 プレミアリーグ(世界中で年間複数回開催)
  • ・WKF KARATE1 シリーズA(世界中で年間複数回開催)
欧州勢が隆盛を極めるなか、アジアでも日本勢が表彰台に登れない大会も増えている(写真は2018年アジア大会)
欧州勢が隆盛を極めるなか、アジアでも日本勢が表彰台に登れない大会も増えている(写真は2018年アジア大会)欧州勢が隆盛を極めるなか、アジアでも日本勢が表彰台に登れない大会も増えている(写真は2018年アジア大会)

欧州勢が上位を独占! 東京五輪出場権争いの現状と出場決定選手

 出場枠については、2020年4月6日時点のオリンピック・スタンディングで決定の上で、各段階で出場選手が決められる。

・現在のオリンピック・スタンディング(2019年5月13日現在)

【男子・形】

1位 喜友名 諒

2位 QUINTERO CAPDEVILA DAMIAN HUGO(スペイン)

3位 SOFUOGLU ALI(トルコ)

4位 BUSATO MATTIA(イタリア)

6位 本 一将

7位 新馬場 一世

【男子・組手67kg級】

1位 DACOSTA STEAVEN(フランス)

2位 CRESCENZO ANGELO(イタリア)

3位 ASSADILOV DARKHAN(カザフスタン)

4位 FIGUEIRA VINICIUS(ブラジル)

8位 佐合 尚人

19位 篠原 浩人

【男子・組手75kg級】

1位 BUSA LUIGI(イタリア)

2位 AGHAYEV RAFAEL(アゼルバイジャン)

3位 西村 拳

4位 ASGARI GHONCHEH(イラン)

19位 崎山 優成

【男子・組手75kg超級】

1位 AKTAS UGUR(トルコ)

2位 HORNE JONATHAN(ドイツ)

3位  GANJZADEH SAJAD(イラン)

4位  KVESIC IVAN(クロアチア)

7位 荒賀 龍太郎

12位 香川 幸允

【女子・形】

1位 SANCHEZ JAIME(スペイン)

2位 清水 希容

3位 BOTTARO VIVIANA(イタリア)

4位 LAU MO SHEUNG GRACE(香港)

11位 大野 ひかる

12位 岩本 衣美里

【女子・組手55kg級】

1位  OZCELIK ARAPOGLU SERAP(トルコ)

2位 WEN TZU-YUN(チャイニーズ・タイペイ)

3位  宮原 美穂

4位  TERLIUGA ANZHELIKA(ウクライナ)

11位 山田 沙羅

【女子・組手61kg級】

1位 YIN XIAOYAN(中国)

2位  LOTFY GIANA(エジプト)

3位  COBAN MERVE(トルコ)

4位  PHILIPPE GWENDOLINE(フランス)

14位 染谷 真有美

【女子・組手61kg超級】

1位 QUIRICI ELENA(スイス)

2位  CHATZILIADOU ELENI(ギリシャ)

3位  植草 歩

4位  ZARETSKA IRINA(アゼルバイジャン)

6位 染谷 香予

形の清水希容、喜友名諒、組手の植草歩、西村拳は東京五輪でも日本代表候補最右翼となる4人(写真は空手プレミアリーグ/時事)
形の清水希容、喜友名諒、組手の植草歩、西村拳は東京五輪でも日本代表候補最右翼となる4人(写真は空手プレミアリーグ/時事)形の清水希容、喜友名諒、組手の植草歩、西村拳は東京五輪でも日本代表候補最右翼となる4人(写真は空手プレミアリーグ/時事)

東京五輪で期待される日本人有力選手たち

男子・形で、現在オリンピック・スタンディング1位の喜友名 諒(きゆな りょう)(一般社団法人 劉衛流龍鳳会)は、東京大会金メダル候補と言われている。

2018年10月にスペイン・マドリードで行われた世界選手権で優勝し、大会3連覇を達成。初戦から全試合でポイントを落とさずに完勝している。個人大会3連覇は、佐久本嗣男以来30年ぶりの快挙だった。五輪種目ではないが、団体のメンバーとして参加し、スペインを5-0で下して2連覇を達成している。

男子・組手では、75kg級の西村 拳(チャンプ)に注目したい。世界選手権を5度制したAGHAYEV RAFAEL(アゼルバイジャン)に2016年から4連勝するなど、世界から注目を集めている。

180㎝の長身から繰り出す足技とスピードが持ち味。女性ファンも多く、会場ではサインを求められる存在だ。2018年の世界選手権では銅メダル、オリンピック・スタンディングも3位につけている。こちらもメダル候補と言っても良いだろう。

一方、女子では組手61キロ超級の植草歩がメダル最有力になるだろう。主戦場は68kg超級のため、1階級下の選手とメダルを争うことになる。国内では、全日本空手道選手権で4連覇中と無敵だ。

プレミアリーグでも2年連続年間チャンピオンに輝いている。五輪の階級となる61kg超級では、現在オリンピック・スタンディング3位につけている。「金メダルが欲しい」と公言する植草に注目してほしい。

日本人選手の出場枠/開催国枠争いの状況、選考大会への出場権獲得状況

上段でも触れている通り、日本は全階級で開催国枠を確保している為、全種目で出場権を確保できる見込みだ。開催国枠はあるが、1種目につき出場できるのは1人のみ。狭き門をめぐって、2020年4月6日まではランキング日本人最上位に入る事が大事。

開催国枠を確保しているが、メダル獲得及び入賞の為には、開催国枠ではなく、世界ランキング上位4選手及び2020年5月に行われる予選大会で出場枠を確保しておきたい。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!