東京マラソン招待選手一覧:東京五輪代表選考レースに大迫傑、設楽悠太らが出場

Tokyo 2020(東京五輪)のマラソン日本代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」男子第2戦を兼ねる「東京マラソン2020」の招待選手には、現日本記録保持者の大迫傑や前日本記録保持者の設楽悠太といった有力選手が名を連ねている。

約3万8000人が参加する世界でも有数のマラソン大会(写真は2007年)
約3万8000人が参加する世界でも有数のマラソン大会(写真は2007年)約3万8000人が参加する世界でも有数のマラソン大会(写真は2007年)

東京マラソン財団は1月28日、「東京マラソン2020 兼 MGCファイナルチャレンジ 兼 アボット・ワールドマラソンメジャーズ シリーズXIII」の海外・国内招待選手およびエリート選手を発表した。3月1日に開催される同マラソンは、東京五輪マラソン代表最後の1枠を目指すMGCファイナルチャレンジの男子第2戦を兼ねている。

同マラソンの海外・国内の招待選手は以下の通り。

■海外招待選手(男子)

1.ビルハヌ レゲセ(エチオピア)2:02:48

2.ゲタネ モラ(エチオピア)2:03:34

3.シサイ レマ(エチオピア)2:03:36

4.アセファ メングストゥ(エチオピア)2:04:06

5.ディクソン チュンバ(ケニア)2:04:32

6.ハイレ レミ(エチオピア)2:04:33

7.エルハサン エルアバシ(バーレーン)2:04:43

8.タイタス エキル(ケニア)2:04:46

9.アモス キプルト(ケニア)2:05:43

10.ビダン カロキ(横浜DeNA/ケニア)2:05:53

11.バシル アブディ(ベルギー)2:06:14

※左の数字はゼッケン、右の数字は自己最高記録

■国内招待選手 (男子)

21.大迫 傑(Nike)2:05:50

22.設楽悠太(Honda)2:06:11

23.井上大仁(MHPS)2:06:54

24.山本憲二(マツダ)2:08:42

25.村山謙太(旭化成)2:08:56

26.佐藤悠基(日清食品グループ)2:08:58

27.園田 隼(黒崎播磨)2:09:34

28.神野大地(セルソース)2:10:18

29.堀尾謙介(トヨタ自動車)2:10:21

30.河合代二(トーエネック)2:10:50

31.大六野 秀畝(旭化成)2:21:47

※左の数字はゼッケン、右の数字は自己最高記録

■海外招待選手(女子)

51.ルティ アガ(エチオピア)2:18:34

52.ベルハネ ディババ(エチオピア)2:18:46

53.バレリー アイヤベイ(ケニア)2:19:10

54.ロナー チェムタイ サルピーター(イスラエル)2:19:46

55.ティギスト ギルマ(エチオピア)2:19:52

56.アズメラ ゲブル(エチオピア)2:20:48

57.シュレ デミセ(エチオピア)2:20:59

58.カプチッチ セリー チェピエゴ(ケニア)2:21:06

59.シタイエ エシェテ(バーレーン)2:21:33

60.マルタ レマ(エチオピア)2:22:35

61.ストゥメ アセファ ケベデ(エチオピア)2:23:31

62.センベレ テフェリ(エチオピア)2:24:11

63.アンドレア デールストラ(オランダ)

64.レイチェル クリフ(カナダ)2:26:56

※左の数字はゼッケン、右の数字は自己最高記録

■東京マラソンとは?

首都・東京を舞台に、約3万8000人が参加する最大規模のマラソン大会。スタート地点の東京都庁(新宿区)から東進。中間地点の門前仲町(江東区)で折り返して高輪(港区)まで南下する。その後、北上してゴールの東京駅前・行幸通り(千代田区)を目指す。

■MGCファイナルチャレンジとは?

東京五輪におけるマラソン種目で、日本は男女とも出場3枠を確保。そのうち2枠は、2019年9月に開催されたMGCで決定。残り1枠は、日本代表選考レース「MGCファイナルチャレンジ」で設定記録を上回り、最も速いタイムを出した選手に内定が与えられる。

■MGC設定記録

  • 男子 2時間05分49秒
  • 女子 2時間22分22秒

■MGCファイナルチャレンジ日程

  • 2019年12月1日【男子】第73回福岡国際マラソン選手権大会:設定記録突破者なし
  • 2019年12月8日【女子】第5回さいたま国際マラソン(女子):設定記録突破者なし
  • 2020年1月26日【女子】第39回大阪国際女子マラソン大会:松田瑞生(ダイハツ)2:21:47
  • 2020年3月1日【男子】東京マラソン2020
  • 2020年3月8日【女子】名古屋ウィメンズマラソン2020
  • 2020年3月8日【男子】第75回びわ湖毎日マラソン大会

MGCファイナルチャレンジでMGC設定記録を上回るランナーが現れなかった場合、MGCで3位だった大迫傑が内定となる。

■アボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM)シリーズとは?

世界で開催されるマラソン大会の中でも大規模な6大会(東京・ボストン・ロンドン・ベルリン、シカゴ・ニューヨークシティマラソン)で構成された、マラソン大会のシリーズ。ボストン・ロンドン・ベルリン・シカゴ・ニューヨーク・東京の6大会およびオリンピック/パラリンピック、IAAF/ World Para Athletics世界選手権を含む対象大会において、マラソンの成績をポイント化して競い、総合優勝者を決定する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!