東京マラソン・有力ランナー紹介:東京五輪男子マラソン代表最後の枠を勝ち取るのは?

大迫傑は日本代表残り1枠の有力候補
大迫傑は日本代表残り1枠の有力候補大迫傑は日本代表残り1枠の有力候補

2020年3月1日に行われる東京マラソン最大の見どころは、東京五輪男子マラソン代表の残り1枠を巡る日本勢の争いだ。東京五輪の3枠目は設定記録の2時間5分49秒を突破した記録最上位の選手が入る。五輪代表の残り1枠を勝ち取るのはいったい誰なのか。東京マラソンの有力ランナーを紹介する。

東京五輪男子マラソン日本代表選手の選考基準

日本陸上競技連盟は2019年5月18日に発表した東京五輪マラソン日本代表選手選考要項において、「本大会において最大限持てる力を発揮する『調整能力』と世界と戦う『スピード』を有し、メダル獲得を目指す競技者から日本代表を編成する」と編成方針を明らかにした。

中村匠吾と服部勇馬はすでに内定

選考競技会は「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」と「MGCファイナルチャレンジ」の2段階に分けられた。一つ目のMGCは2019年9月15日に開催され、優勝した中村匠吾(富士通)と2位に入った服部勇馬(トヨタ自動車)の東京五輪日本代表入りがすでに内定している。

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の結果

  • 2019年9月15日
  • 優勝:中村匠吾(東京五輪日本代表内定)
  • 準優勝:服部勇馬(東京五輪日本代表内定)
  • 3位:大迫傑

東京マラソンとびわ湖毎日マラソン大会に注目

二つ目のMGCファイナルチャレンジとは、第73回福岡国際マラソン選手権大会、東京マラソン2020、第75回びわ湖毎日マラソン大会の3大会を指す。この3大会で日本記録より1秒速い設定記録の2時間5分49秒を突破した記録最上位の競技者が東京五輪の日本代表選手となる。しかし、2019年12月1日に行われた福岡国際マラソンでは設定記録を突破した選手がいなかった。東京マラソンとびわ湖毎日マラソンでも選考基準を満たす競技者がいない場合は、MGC3位の大迫傑(ナイキ)が3人目の東京五輪日本代表選手となる。

MGCファイナルチャレンジ 3大会の結果と予定

  • 【終了】2019年12月1日 第73回福岡国際マラソン選手権大会 設定記録突破選手なし
  • 2020年3月1日 東京マラソン2020
  • 2020年3月8日 第75回びわ湖毎日マラソン大会

残り1枠の有力候補は大迫傑、設楽悠太、井上大仁

東京五輪男子マラソンの日本代表に中村匠吾と服部勇馬が内定している中、残り1枠を勝ち取るのは誰か。3月1日に行われる東京マラソンには、大迫、設楽悠太(ホンダ)、井上大仁(MHPS)らが出場する。大迫は2018年のシカゴマラソンで2時間5分50秒の日本記録を出し、2019年12月のMGCは3位に入った。設楽は2018年の東京マラソンで2時間6分11秒という日本記録(当時)を打ち立てた。井上は2018年にアジア競技大会で優勝したほか、同年の東京マラソンでは2時間6分54秒という好タイムを記録。2019年9月のMGCでは完走者のうち最下位だったが、2020年元日のニューイヤー駅伝では区間新記録を樹立している。

39.5ミリの新モデルが登場したナイキの厚底シューズにも注目

東京五輪出場を狙う大迫、設楽、井上は3月1日の東京マラソンでナイキの厚底シューズを使用するものと見られる。世界陸連が「厚さ40ミリ以下という新規則」を公表した後、ナイキは従来の厚底シューズよりもさらに厚い39.5ミリの新モデルを発表している。東京五輪日本代表の最後の枠を狙う選手たちは現行モデルと新モデルのどちらかを使用することになるだろう。3月1日の東京マラソンは選手の足元にも注目だ。

東京マラソンの国内招待選手(男子)

  • 大迫 傑 所属:東京・Nike/資格記録:2時間5分50 2018シカゴ3位
  • 設楽悠太 所属:埼玉・Honda/資格記録:2時間6分1秒1 2018東京2位
  • 井上大仁 所属:長崎・MHPS/資格記録:2時間6分54 2018東京5位
  • 山本憲二 所属:広島・マツダ/資格記録:2時間8分42秒 2019びわ湖7位
  • 村山謙太 所属:宮崎・旭化成/資格記録:2時間8分56秒 2019ベルリン9位
  • 佐藤悠基 所属:東京・日清食品グループ/資格記録:2時間8分58秒 2018東京10位
  • 園田 隼 所属:福岡・黒崎播磨/資格記録:2時間9分34秒 2018別府大分2位
  • 神野大地 所属:東京・セルソース/資格記録:2時間10分18秒 2018東京18位
  • 堀尾謙介 所属:愛知・トヨタ自動車/資格記録:2時間10分21秒 2019東京5位
  • 河合代二 所属:愛知・トーエネック/資格記録:2時間10分50秒 2019びわ湖11位
  • 大六野秀畝 所属:宮崎・旭化成/資格記録:27分46秒55 2015八王子ロングディスタンス10000m9位

東京マラソン招待選手一覧:東京五輪代表選考レースに大迫傑、設楽悠太らが出場

東京マラソン2020プレビュー:東京五輪代表「最後の1枠」は誰の手に──2時間5分49秒の設定時間をクリアできるか

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!