注目記事 | 柔道

柔道ワールドマスターズ2021 ドーハ 3日目の日程、放送予定|原沢久喜、向翔一郎ら東京五輪代表内定選手が出場

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

柔道ワールドマスターズ2021ドーハ大会が、1月11日から13日に開催される。ここでは原沢久喜、向翔一郎、濵田尚里らTokyo2020(東京オリンピック)日本代表内定選手が出場する、大会3日目の放送予定を紹介する。

日程

■3日目:1月13日

【男子】

  • 100kg超級
  • 100kg級
  • 90kg級

【女子】

  • 78kg超級
  • 78kg級

トーナメント表(IJF公式)

放送予定

J SPORTS 1:1月13日22:50~25:55

※3日目5階級の3位決定戦・決勝を放送

出場日本人選手

■男子

  • 100kg超級:原沢久喜(百五銀行)
  • 90kg級:向翔一郎(ALSOK)
  • 73kg級:橋本壮市(パーク24)

■女子

  • 78kg級:濵田尚里(自衛隊体育学校)
  • 70kg級:大野陽子(コマツ)
  • 63kg級:鍋倉那美
  • 57kg級:芳田司(コマツ)
  • 52kg級:志々目愛(了德寺大学職員)
  • 48kg級:渡名喜風南(パーク24)

※太字は東京オリンピック日本代表内定選手

注目選手

向翔一郎(男子90kg級)

2019年世界選手権準優勝。2020年12月26日に行われた全日本柔道選手権大会(無差別級で実施)では3回戦敗退。国際大会は、2020年2月のグランドスラム・デュッセルドルフ大会(3位)以来の出場となる。

ワールドマスターズ

国際柔道連盟(IJF)主催の柔道の国際大会で、2010年度より始まった。オリンピック、世界選手権に次ぐ位置付けで、各階級の世界ランキング上位36選手によって争われる。2019年12月に中国・青島で行われた前回大会では、永山竜樹(男子60kg)、橋本壮市(男子73kg)、原沢久喜(男子100kg超級)、志々目愛(女子52kg級)、鍋倉那美(女子63kg級)が優勝。欠場の永山以外の4選手は今大会にも出場を予定しており、連覇を狙う。

今大会は当初2020年5月に開催される予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で延期となった。

ワールドマスターズ2021 ドーハ全日程の放送予定