瀬戸大也:「水嫌いだった」男は同学年のライバル萩野公介とともに世界トップレベルに成長【アスリートの原点】

萩野公介との初レースは小学3年次で、初勝利は中学2年次
競泳の男子200メートル、400メートル個人メドレーで東京五輪代表に内定している
競泳の男子200メートル、400メートル個人メドレーで東京五輪代表に内定している競泳の男子200メートル、400メートル個人メドレーで東京五輪代表に内定している

瀬戸大也は競泳の男子200メートル、400メートル個人メドレーで東京五輪代表に内定している。競泳界の“怪物”イアン・ソープに憧れ、幼少期から世界の頂点をめざし続けてきた男は、銅メダルに終わったリオデジャネイロ五輪のリベンジを誓って東京五輪の舞台に立つ。

小学3年生のころからずっと切磋琢磨してきたのが同学年の萩野公介(中央)だ。「初めて同年齢の選手に負けたので、相当悔しかった」
小学3年生のころからずっと切磋琢磨してきたのが同学年の萩野公介(中央)だ。「初めて同年齢の選手に負けたので、相当悔しかった」小学3年生のころからずっと切磋琢磨してきたのが同学年の萩野公介(中央)だ。「初めて同年齢の選手に負けたので、相当悔しかった」

“怪物”イアン・ソープに憧れ4泳法を習得

今でこそ世界トップクラスのスイマーとなった瀬戸大也だが、幼いころは「水嫌いだった」というから意外だ。風呂で髪を洗う際は、顔に水がかかっただけで嫌がったという。

両親ともに水泳経験はなく、母は“カナヅチ”だった。そんな両親のもとで、瀬戸は5歳の時に水泳を習い始めた。当初、本人がやりたがっていたのはサッカーだったが、体験に行ったサッカー教室は週に一度しか活動がなく、近くにあったプールは毎日でも行けるという理由から、母に勧められるがままに水泳教室に通い始めた。

瀬戸は上級生の練習の見よう見まねで4泳法を習得した。コーチの指導方針もあって大会に出場する時には個人メドレーに加え他の2種目にもエントリーし、4泳法を満遍なく泳げる選手をめざしていた。

その水泳に対する姿勢には幼少期から憧れるオーストラリアの“怪物”イアン・ソープの存在が大きく影響している。瀬戸が8歳の時に横浜で開かれたパンパシフィック選手権を観戦した際には、ソープやアメリカのマイケル・フェルプスらと写真を撮ったこともあるという。ジュニア時代から海外遠征でも優勝を重ねていた瀬戸は、常に世界を見据え、「オリンピックで金メダルを取る」と高らかに宣言していた。

ロンドン五輪出場は逃したものの、翌2013年には世界水泳選手権の400メートル個人メドレーで初めて金メダルを獲得した
ロンドン五輪出場は逃したものの、翌2013年には世界水泳選手権の400メートル個人メドレーで初めて金メダルを獲得したロンドン五輪出場は逃したものの、翌2013年には世界水泳選手権の400メートル個人メドレーで初めて金メダルを獲得した

ライバルと誓った「2人でオリンピックの表彰台」

世界の頂点をめざす瀬戸の前に立ちはだかってきたのが、同学年の萩野公介だった。初めて萩野と同じレースに出場したのは小学3年次のジュニアオリンピック。「初めて同年齢の選手に負けたので、相当悔しかった」と振り返ったことがある。その後も「天才スイマー」と呼ばれる萩野に連敗を重ね、負けず嫌いな根性が触発された。

瀬戸が萩野に初めて勝ったのは、中学2年次の400メートル個人メドレー。これ以来、互いを良きライバルとして認め合い、「2人でオリンピックに行こう」と誓った。

高校3年次に行われたロンドン五輪は、瀬戸が選考会で3位となり、萩野だけが出場権を手にした。すると萩野は、世界王者フェルプスに競り勝って3着となり、男子個人メドレーで日本人初となるメダルを獲得。身近にいたライバルが違う世界に行ってしまったような気がして、瀬戸は「悔しくて仕方がなかった」という。

しかし、瀬戸はこの挫折を見事に乗り越えた。ロンドン五輪後の9月に岐阜で行われた国民体育大会では萩野に完勝。翌2013年には世界水泳選手権の400メートル個人メドレーで初めて金メダルを手にした。

リオデジャネイロ五輪の400メートル個人メドレーでは萩野が金、瀬戸が銅メダルを獲得し、「2人でオリンピックの表彰台」という目標は達成した。だが瀬戸は、萩野に負けたままで満足する男ではない。2017年には元飛込競技選手の馬淵優佳と結婚。誰よりも喜びを分かち合いたい存在ができた。東京五輪では自分が最も輝く色のメダルを首からかける姿を思い描きながら、鍛錬を重ねている。

選手プロフィール

  • 瀬戸大也(せと・だいや)
  • 競泳選手(個人メドレー、バタフライ)
  • 生年月日:1994年5月24日
  • 出身地:埼玉県入間郡
  • 血液型:A型
  • 身長/体重:174センチ/75キロ
  • 出身校:毛呂山中(埼玉)→埼玉栄高(埼玉)→早稲田大(東京)
  • 所属:ANA
  • オリンピックの経験:リオデジャネイロ五輪(400メートル個人メドレー 銅メダル)
  • ツイッター:@daiya_seto
  • インスタグラム:Daiya Seto(@daiya_seto)

【アスリートの原点】萩野公介:日本競泳界待望のマルチスイマーは、少年時代からライバル瀬戸大也と切磋琢磨

【アスリートの原点】入江陵介:0歳から水泳を始め、16歳で平成生まれ初の日本代表入りを果たす

【アスリートの原点】石川祐希:サッカーと野球を経てバレーボールへ。小学6年次は157センチと体格面で苦労

【アスリートの原点】リーチマイケル:1カ月予定の留学を変えたのは、日本人とのつながり。誰よりも熱いラグビー日本代表キャプテンのルーツとは

【アスリートの原点】福岡堅樹:幼少期からスピードスター。2度の大けがが医師を志すきっかけに

【アスリートの原点】八村塁:野球を断念したのは豪速球が取れる選手がいないため。 中学からバスケを始め、当時からアメリカ行きを意識

【アスリートの原点】ラファエル・ナダル:元サッカースペイン代表と元テニス選手、2人の叔父によって育まれた才能

【アスリートの原点】キリアン・ムバッペ:10歳になる前に周囲が「プロになる」と確信。父いわく「24時間サッカーのことを考えていた」

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!