【サッカー】東京五輪世代の最新ニュース・出場記録

自国開催となる2020年東京五輪でメダル獲得を目指す、日本の男子サッカー。7月には久保建英がFC東京からスペインの名門レアル・マドリードへ加入するなど、急成長を続ける東京五輪世代の選手たちから目を離せない。

動向が注目されるレアル・マドリード所属の久保建英
動向が注目されるレアル・マドリード所属の久保建英動向が注目されるレアル・マドリード所属の久保建英

今週のトピック

【8/12(月)】中村敬斗がエールディヴィジ開幕から2戦連続ゴール…堂安律も今季初得点

【8/12(月)】ネイマールのレアル・マドリー加入が加速化?実現なら久保建英の今季トップ昇格は絶望的に

【8/10(土)】久保建英はカスティージャ行きか、他チームへの武者修行か…2択が有力と現地報道

【8/8(木)】久保建英、レアルBチーム初戦では見せ場を作れず…今後はバジャドリー行きも?

【8/7(水)】久保建英が7日からBチーム合流…トップチームのオーストリア遠征メンバー外に

【8/7(水)】相馬勇紀 鹿島アントラーズへ期限付きでの移籍

【8/6(火)】レアル・マドリー久保建英の現状について「報われていない」と現地報道

今週の海外組の活躍(8/5 - 8/11)

冨安健洋(イタリア1部ボローニャ)
プレシーズンマッチのビジャレアル戦に75分から途中出場し、1得点を記録。チームは3-4で敗戦した。

板倉滉(オランダ1部フローニンゲン)
エールディビジ第2節でトゥエンテと対戦し、板倉はフル出場。チーム1-3で敗戦した。

菅原由勢(オランダ1部AZ)
リーグ第2節でヴァールヴァイクと対戦し、菅原は右SBとして62分から途中出場。チームは2-0で勝利した。

中山雄太(オランダ1部ズウォレ)
リーグ第2節でユトレヒトと対戦し、中山はボランチでフル出場 。チームは1-3で敗戦している。

堂安律(オランダ1部フローニンゲン)
板倉と共に戦にトゥエンテ戦にフル出場。1ゴールをあげるがチームは1-3で敗戦。

伊藤達哉(ドイツ2部ハンブルガーSV)
伊藤はハンブルガーSVのセカンドチームで前線の一角として先発出場し、58分までプレー。チームは6-0で勝利。

中村敬斗(オランダ1部トゥエンテ)
リーグ第2節のフローニンヘン戦に左ウイングで先発出場し、76分までプレー。先制点を奪う活躍を見せた。チームは3-1で勝利。

前田大然(松本山雅FC/J1 ※CSマリティモへ期限付き移籍)
リーグ開幕戦でスポルティングと対戦し、57分から途中出場。チームは1-1で引き分けた。

安部裕葵(スペイン3部バルセロナB)
チームはカップ戦でロスピタレートと対戦したが、安部はベンチ外だった。

久保建英(スペイン3部レアル・マドリードB)
レアル・マドリードBはテネリフェと対戦。久保は出場しなかった。なお、スペイン1部バジャドリーへの移籍の可能性を地元メディアが報じている。

今週の国内組の活躍

小川航基(水戸ホーリーホック/J2)

アウェーのアビスパ福岡戦に出場し、53分にゴールを記録。今月水戸に期限付移籍で加入し、デビュー戦から2試合連続のゴールとなった。

コパアメリカには東京五輪世代の選手が数多く出場し、貴重ね経験を積んだ
コパアメリカには東京五輪世代の選手が数多く出場し、貴重ね経験を積んだコパアメリカには東京五輪世代の選手が数多く出場し、貴重ね経験を積んだ

東京オリンピック日本代表メンバー争い

オリンピックの男子サッカーの各チーム登録メンバーは18名。原則23歳以下(1997年1月1日以降に生まれた)選手のみだが、24歳以上の選手が出場できる「オーバーエイジ枠」が各チームに3名ずつ設けられている。ただし、必ずしも使用しなければならないわけでなく、判断は各国に委ねられている。

東京世代(U-22)日本代表候補選手(2019年招集)の公式戦成績

※8/12更新

GK

小島享介(大分トリニータ/J1):出場なし
オビ・パウエルオビンナ(流通経済大/大学関東1部):9試合810分出場
波多野豪(FC東京/J1):出場なし
山口瑠伊(エストレマドゥーラUD/スペイン2部):出場なし

DF

板倉滉(FCフローニンゲン/オランダ1部):2試合180分出場、0ゴール
田中駿汰(大阪体育大/大学関西1部):9試合810分出場、0ゴール
椎橋慧也(ベガルタ仙台/J1):7試合492分出場、0ゴール
町田浩樹(鹿島アントラーズ/J1):15試合1275分出場、1ゴール
大南拓磨(ジュビロ磐田/J1):12試合出場780分、0ゴール
立田悠悟(清水エスパルス/J1):19試合、1313分出場、0ゴール
原輝綺(サガン鳥栖/J1):15試合1267分出場、0ゴール
岡崎慎(FC東京/J1):2試合11分出場、0ゴール
古賀太陽(柏レイソル/J2):23試合1957分、2ゴール
橋岡大樹(浦和レッズ/J1):10試合809分出場、1ゴール

MF

中山雄太(PECズヴォレ/オランダ1部):2試合180分出場、0ゴール
相馬勇紀(名古屋グランパス/J1→鹿島アントラーズ/J1):17試合389分出場、1ゴール
三好康児(横浜F・マリノス/J1):19試合1035分出場、3ゴール
長沼洋一(愛媛FC/J2):22試合1775分出場、0ゴール
神谷優太(愛媛FC/J2):24試合1931分出場、3ゴール
三笘薫(筑波大/大学関東1部):8試合791分出場、4ゴール
伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ2部):出場なし
藤谷壮(ヴィッセル神戸/J1):2試合99分出場、0ゴール
遠藤渓太(横浜F・マリノス/J1):21試合1435分出場、1ゴール
舩木翔(セレッソ大阪/J1):2試合180分、0ゴール
高宇洋(ガンバ大阪/J1):6試合322分出場、0ゴール
岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌/J1):5試合28分出場、0ゴール
松本泰志(サンフレッチェ広島/J1):15試合1089分出場、0ゴール
杉岡大暉(湘南ベルマーレ/J1):20試合1800分出場、1ゴール
田中碧(川崎フロンターレ/J1):15試合1217分出場、0ゴール
齊藤未月(湘南ベルマーレ/J1):18試合1526分出場、1ゴール
川井歩(レノファ山口/J2):13試合1044分出場、1ゴール
松岡大起(サガン鳥栖/J1):16試合1170分出場0ゴール
久保建英(レアル・マドリード/スペイン1部):13試合1026分出場、4ゴール(記録はFC東京でのもの)

FW

小川航基(水戸ホーリーホック/J2):5試合393分、3ゴール
前田大然(CSマリティモ/ポルトガル1部):18試合1461分出場、2ゴール(記録は松本山雅でのもの)
旗手怜央(順天堂大/大学関東1部):9試合810分出場、3ゴール
上田綺世(法政大/大学関東1部→鹿島アントラーズ/J1):9試合616分、3ゴール → 3試合22分、1ゴール
小松蓮(ツエーゲン金沢/J2):18試合1159分出場、4ゴール
田川亨介(FC東京/J1):4試合88分出場、0ゴール

森保監督はどのようにメンバー選考を進めていくのだろうか
森保監督はどのようにメンバー選考を進めていくのだろうか森保監督はどのようにメンバー選考を進めていくのだろうか

東京オリンピック男子サッカー出場国

東京オリンピック男子サッカーの出場チームは16。開催国の日本に加え、欧州の4か国が既に出場を決めている。日本とメダルを争うことになる国々の動向からも目が離せない。

  • 開催国枠:日本
  • アジアサッカー連盟(AFC):3枠 AFC U-23選手権(2020年1月):3枠
  • アフリカサッカー連盟(CAF):3枠/U-23アフリカネイションズカップ(2019年11~12月開催)
  • 北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF):2枠/北中米カリブ海予選(2019年10月)
  • 南米サッカー連盟(CONMEBOL):2枠/南米予選(2020年1~2月)
  • オセアニアサッカー連盟(OFC):1枠/オセアニア予選(2019年9~10月)
  • ヨーロッパサッカー連盟(UEFA):フランス、ドイツ、ルーマニア、スペイン

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!