男子テニス国別対抗戦デビスカップ・ファイナルズには、ナダルやジョコビッチら世界トッププレーヤーも参戦

フランス、セルビアと同組の日本は錦織圭の欠場が大きな痛手

男子テニスのデビスカップは今年から新たな大会方式が採用され、2019年11月18日から24日にかけてファイナルズが開催される。ラファエル・ナダル(スペイン)やノバク・ジョコビッチ(セルビア)ら世界トッププレーヤーも名を連ねる今大会で頂点に立つのはどの国か。

日本代表のマクラクラン勉(左)とダニエル太郎(右)。フランスとセルビアという強豪とのラウンドロビンでの活躍が期待される
日本代表のマクラクラン勉(左)とダニエル太郎(右)。フランスとセルビアという強豪とのラウンドロビンでの活躍が期待される日本代表のマクラクラン勉(左)とダニエル太郎(右)。フランスとセルビアという強豪とのラウンドロビンでの活躍が期待される

大会方式が変更、クロアチアが連覇を狙う

男子テニス国別対抗戦の2019デビスカップ・ファイナルズが11月18日から24日にかけてスペインのマドリードで行われる。同大会はこれまで「ワールドグループ」に属する16カ国がトーナメント戦を繰り広げてきたが、今回から大会方式が変更された。2月に開催された予選ラウンドで勝利した12カ国と、前回大会の上位4カ国、そして主催者推薦枠の「ワイルドカード」を獲得した2カ国の計18カ国がファイナルズに出場し、優勝を争う。

ファイナルズでは、18カ国を6つのグループに分けてラウンドロビンが行われ、各グループ1位となった6カ国と、2位の中でセット率、次いでゲーム率で成績の高い2カ国が準々決勝に進出。8カ国がノックアウト方式で頂点を競う。各対戦はシングルス2試合とダブルス1試合が3セットマッチ形式で行われる。

前回大会では、クロアチアがフランスとの決勝を3-1で制し、2005年以来13年ぶり2度目の優勝を果たした。中でもアメリカとの準決勝は、2勝2敗で5戦目までもつれ込む接戦となったが、当時21歳のボルナ・チョリッチが白星を獲得し、3勝2敗で決勝へ。決勝では、当時世界ランク6位のマリン・チリッチが2勝を挙げるなど活躍し、優勝を手繰り寄せた。

連覇を狙うクロアチアのほか、フランス、アメリカ、スペインが前回ベスト4の枠で今大会に臨む。

スペイン代表は世界ランク1位のラファエル・ナダルを擁する。クロアチアとロシアが同居する「死のグループ」に入った
スペイン代表は世界ランク1位のラファエル・ナダルを擁する。クロアチアとロシアが同居する「死のグループ」に入ったスペイン代表は世界ランク1位のラファエル・ナダルを擁する。クロアチアとロシアが同居する「死のグループ」に入った

ファイナルズ進出を手繰り寄せたダニエルに注目

岩渕聡監督が率いる日本代表のメンバーは、西岡良仁、内山靖崇、ダニエル太郎、マクラクラン勉(べん)、杉田祐一の5選手だ。ATPランキングで国内トップの錦織圭は、右ひじの手術を受けるためにメンバーから外れている。今回選出された5人のうち、杉田を除いた4人は2019年2月に行われた予選ラウンドの中国戦と同じメンバーだ。

ファイナルズ進出をかけた中国との一戦は、最終第5試合までもつれ込んでいる。勝負を決する第5戦に臨んだのはダニエルで、相手は第1日に西岡をストレートで破ったリー・ジェだった。ダニエルは試合途中に足を痛め満身創痍のなか、2時間半を超えるフルセットの激闘を戦い抜き、白星を獲得。日本のファイナルズ進出に大きく貢献した。2019年5月のイスタンブール・オープンでツアー初優勝を飾ったダニエルだが、今シーズンは早期敗退が続くなど苦戦を強いられていた。しかし、楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオン シップス 2019ではベスト8進出を果たし、復調の兆しをのぞかせるなかで今大会を迎える。

気掛かりなのは、2019年11月18日時点、選出メンバーの中でATPランク最上位の69位につける西岡良仁が、肩の負傷で今月開催のタリ・オープンを欠場したこと。デビスカップ・ファイナルズん照準を合わせるための欠場だと表明しているが、短期間でどこまで調整できるか。西岡は今年8月のW&SオープンでATPマスターズ1000初のベスト8進出を果たしており、今大会でも日本代表の中心としての活躍が期待されるだけに、彼の回復状況が懸念材料の一つとなる。

日本が戦うグループAの注目選手はセルビアのノバク・ジョコビッチ。2019年にはウィンブルドン選手権(全英オープン)で2連覇を果たしている
日本が戦うグループAの注目選手はセルビアのノバク・ジョコビッチ。2019年にはウィンブルドン選手権(全英オープン)で2連覇を果たしている日本が戦うグループAの注目選手はセルビアのノバク・ジョコビッチ。2019年にはウィンブルドン選手権(全英オープン)で2連覇を果たしている

「死のグループ」はB組、全米オープン決勝の再戦なるか

ラウンドロビンで最も注目を集めるのは、前回王者クロアチア、前回ベスト4のスペイン、ロシアが同居するグループBだ。スペイン代表はATPランク1位のラファエル・ナダルを擁しており、優勝候補の一角と目される。ロシア代表には成長著しいダニール・メドベージェフが選出。今年の全米オープン決勝と同じナダルvsメドベージェフというカードがラウンドロビンで実現する可能性もある。

日本は前回準優勝のフランス、セルビアと同じグループAに組み分けられた。

前回大会の雪辱を誓うフランス代表は、ガエル・モンフィス、ブノワ・ペール、ジョー・ウィルフリード・ツォンガといった実績のある選手が名を連ねており、優勝有力国の一つに挙げられる。選手個人で見ると、何と言ってもグループAの注目はセルビア代表の中軸を担うATPランク2位のノバク・ジョコビッチだ。フランスもセルビアもポット3の日本にとっては格上。厳しい戦いが予想されるが、世界最高峰のプレーヤーとの実戦の場は、日本代表選手たちにとって貴重な経験となるだろう。

  • 錦織圭がテニス男子シングルスで銅

    錦織圭がテニス男子シングルスで銅

  • イギリスのマレーがテニスで2大会連続金

    イギリスのマレーがテニスで2大会連続金

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!