注目記事 | 卓球

石川佳純の女子卓球世界ランキングは? 推移や過去最高順位を徹底まとめ

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

■石川佳純、世界ランキングの推移

石川佳純は2012年ロンドン五輪女子シングルスでベスト4に入り、女子団体では銀メダルに輝いた。2016年リオデジャネイロ五輪女子団体では銅メダルを獲得している。ここでは国際卓球連盟(ITTF)女子世界ランキングの推移や過去最高順位をまとめた。

ITTFは12月1日、女子世界ランキングを更新。石川のランキングは前月と変わらず9位と発表された。

中学2年生だった2006年3月、石川の世界ランキングは420位から始まった。同年7月に300位台、8月に200位台、12月には100位台と着実に順位を上げていく。

2009年5月に世界選手権女子シングルスでベスト8に入り、102位から59位へと上昇、初の2桁とする。

2010年7月にモロッコオープン女子シングルスで優勝を飾り、34位から29位へ上昇した。同年12月の世界ジュニア選手権では女子シングルス準優勝、女子ダブルス準優勝、女子団体優勝という結果を残し、20位から11位へと順位を上げた。

■2017年2月、過去最高順位の3位へ

2011年1月、イングランドオープンに出場して女子シングルスでベスト8、女子ダブルスで3位に入る。ランキングは11位から8位へ上昇し、初のトップ10入りを果たした。

2011年8月にチリオープン女子シングルスで優勝を飾り、11位から7位へ上昇する。2014年12月にはグランドファイナル女子シングルスで優勝を収め、6位から4位へと順位を上げた。

2016年11月にスウェーデンオープンに出場して女子シングルスで優勝を果たし、同年12月にはグランドファイナル女子シングルスでベスト4に入った。2017年2月、4位から過去最高順位の3位へと上昇する。

2013年8月から現在まで世界ランキングはベスト10以内をキープしている。2021年7月に開幕する東京五輪で3度目のメダル獲得を狙う。