注目記事 | 空手

空手のルールを知って東京五輪を楽しもう!|大会形式や注目選手について解説

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

空手はTokyo2020(東京五輪)で初めてオリンピック正式種目に採用された。ここでは、日本の沖縄発祥の武術・格闘技、空手のルールや見どころ、注目選手などを紹介する。

男子・形で世界ランク1位の喜友名諒

五輪で実施される空手

空手は琉球王朝時代の沖縄を発祥とする武術・格闘技で、第二次世界大戦後に世界に広まっていった。競技には「組手」と「形」の2種類がある。組手は8メートル四方の競技場で2人の選手が1対1で戦い、体重別で実施される。オリンピックでの階級は男子が67kg級、75kg級、75kg超級、女子が55kg級、61kg級、61kg超級とそれぞれ3階級にわかれている。

形は仮想の敵に対する攻撃技と防御技を一連の流れとして組み合わせた演武で、階級はなく採点方式で行われる。

実施階級

男子

  • 67kg級
  • 75kg級
  • 75kg超級

女子

  • 55kg 級
  • 61kg 級
  • 61kg超級

ルール

組手

8メートル四方の競技場で2人の選手が1対1で戦う。白い無地の空手着を着用し、一方の選手は赤帯、もう一方は青帯を締める。攻撃の技は「突き」「蹴り」「打ち」の3種類がある。攻撃は決められた箇所に対して、良い姿勢で威力のある攻撃を行い、適切にコントロールされた技がポイントとなる。ポイントは、「有効」が中段への突き、上段への突きなどによるもので1ポイント、「技あり」は中段への蹴り、「1本」は上段への蹴り、倒した相手への突きなどが決まったときで3ポイントとなっている。攻撃部位の「上段」は頭部、顔面、頸部を指し、「中段」は腹部、胸部、脇腹などを示している。

「1本」は柔道とは異なり、その場で試合が終了するわけではない。競技時間内に8ポイント差がついたとき、または男子、女子ともに3分の競技時間が終了した際にポイントの多い選手が勝者になる。この他には、棄権、反則、失格があった場合その相手選手を勝者とする、同点の場合は先にポイントを獲得(先取)していた選手が勝者となる、というルールがあり、勝敗の決め方はこの4種類になる。

反則は、コントロールせず故意に攻撃部位に当てる「過度の接触」、腕や脚、関節、股間、足の甲など「禁止部位への攻撃」、負傷を装ったり誇張したりすること、繰り返し場外へ出る、自己防衛ができない「無防備」、攻撃せず逃げる、頭部・肘・膝での攻撃、などがある。

形は、仮想の敵に対する攻撃技と防御技を一連の流れとして組み合わせた演武。2019年1月からルールが改定され、7名の審判による採点で勝敗が決まる。予選は演武を1人ずつ行い、上位が決勝に進む。決勝は同じく採点方式だが1対1の対戦形式で行われる。また演武する形は世界空手連盟(WKF)が認定している102種類から選択して行う。

大会形式

組手

トーナメント方式で実施される。

7名の審判による採点で勝敗が決まる。予選は演武を1人ずつ行い、上位が決勝に進む。決勝は同じく採点方式だが1対1の対戦形式で行われる。

楽しんで見るポイント

組手

決められた攻撃部位に突き、蹴りを爆発的なエネルギーで繰り出すが、目標部位の手前でコントロールされているため、ヒットすることはない。どちらが先に突き・蹴りをきめるのか、一瞬の攻防が見どころだ。

形の見どころは「演武する形」。突き・蹴りの力強さやスピードを競う。リズム、バランス、極めなどすべてが揃った選手の強く美しい演武に注目だ。

注目選手

喜友名諒(1990年7月12日生まれ)

空手発祥の地・沖縄県出身。世界選手権3連覇中、全日本選手権では2012年から8連覇している。2019年の「KARATE1 プレミアリーグ」では6大会中5大会(パリ、ドバイ、ラバト、上海、東京)で優勝。東京オリンピックでは金メダルの最有力候補と見られている。

東京オリンピック日本代表

<男子>

  • 67kg級:佐合尚人
  • 75kg級:西村拳
  • 75kg超級:荒賀龍太郎
  • 形:喜友名諒

<女子>

  • 55kg 級:宮原美穂
  • 61kg 級:染谷真有美
  • 61kg超級:植草歩
  • 形:清水希容