第103回日本陸上競技選手権大会・室内競技、日程&放送予定|多田修平、澤野大地ら出場

2月1日(土)・2日(日)、第103回日本陸上競技選手権大会・室内競技(2020日本室内陸上競技大阪大会)が大阪城ホール(大阪府)で開催される。2019年世界陸上4×100メートルリレー銅メダルメンバー多田修平、棒高跳び日本記録保持者・澤野大地らが出場する同大会の、放送予定を紹介する。

2020日本室内陸上競技に出場する多田修平
2020日本室内陸上競技に出場する多田修平2020日本室内陸上競技に出場する多田修平

競技日程&放送予定

1日目:2月1日

【トラック】

  • 10:10:女子60m予選
  • 12:50:女子60mハードル予選
  • 14:50:男子60mハードル予選
  • 15:25:女子60mB決勝、決勝
  • 16:45:女子60mハードルB決勝、決勝
  • 17:45:男子60mハードルB決勝、決勝

【フィールド】

  • 14:00:女子棒高跳び決勝
  • 15:00:女子三段跳び決勝

【放送予定】

2日目:2月2日

【トラック】

  • 13:20:男子60m予選
  • 16:50:男子60mB決勝、決勝

【フィールド】

  • 10:00:女子走り高跳び決勝
  • 10:00:女子走り幅跳び決勝
  • 12:30:男子走り幅跳び決勝
  • 14:00:男子棒高跳び決勝
  • 14:20:男子走り幅跳び決勝
  • 15:00:男子三段跳び決勝

【放送予定】

ジュニア含む全競技日程(ITTF公式)

2019年世界陸上4×100mリレーメンバーの多田修平(左端)と白石黄良々(左から2番目)
2019年世界陸上4×100mリレーメンバーの多田修平(左端)と白石黄良々(左から2番目)2019年世界陸上4×100mリレーメンバーの多田修平(左端)と白石黄良々(左から2番目)

注目選手

多田修平(男子60m):1996年6月24日生まれ

2019年世界陸上4×100メートルリレーのメンバー。インターネットのファン投票によって選出される「Olympic Hopeful Athlete 2019」でトップに輝いた。リレーだけでなく、100mでの東京オリンピック出場を目指している。

【アスリートの原点】多田修平:小学校では校内で2、3番。中学時代は全国舞台も踏めなかった遅咲きのスプリンター

白石黄良々(男子60m):1996年5月31日生まれ

2019年世界陸上4×100メートルリレーで、アジア新記録(37秒43)を出したメンバーの一人。2019年より、多田修平と同じコーチ、同じ拠点で練習を行い、記録を伸ばしている。今大会は多田との対決が注目される。

寺田明日香(女子60mハードル):1990年1月14日生まれ

100メートルハードルで、日本陸上競技選手権大会3連覇などの実績を持つ。結婚、出産を経て、2016年から7人制ラグビーに転向。2019年に陸上競技に復帰した。2019年9月の「富士北麓ワールドトライアル2019」で、女子100mハードル日本記録を更新した(12秒97)。

【アスリートの原点】寺田明日香:元陸上選手の母のDNAを受け継ぎ、10代から他を圧倒。高校時代はインターハイの100Mハードルで3連覇

日本陸上競技選手権大会・室内競技

かつて日本初の室内陸上競技大会として、「日本室内陸上競技選手権大会」が開催されていたが、1963年の第3回大会で終了となった。その後、日本ジュニア室内陸上競技大阪大会は行われていたが、シニアでは室内競技の日本選手権は行われてこなかった。2020年はシニアの部を設け、シニアに限り「日本陸上競技選手権大会・室内競技」として開催されることとなった。

【実施種目】 

  • 60m
  • 60mハードル
  • 走り幅跳び
  • 三段跳び
  • 走り高跳び
  • 棒高跳び

チケット情報

【入場料金】

無料

【会場】

大阪城ホール(大阪府)/アクセスの詳細

  • 地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」駅徒歩5分
  • JR大阪環状線「大阪城公園」駅徒歩5分

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!