都市型スポーツとして日本でも注目度を増す新種目、BMXフリースタイル・パーク

都市型スポーツとして人気を集めているBMXフリースタイル
都市型スポーツとして人気を集めているBMXフリースタイル都市型スポーツとして人気を集めているBMXフリースタイル

BMXフリースタイル・パークとは

若者離れ、開催地問題など、課題が山積する自転車界の中で、若者に人気の都市型スポーツとして注目を集めているのがBMXフリースタイルだ。BMXとはBicycle Motocross(バイシクルモトクロス)の略で、自転車競技の一種であり、レースとフリースタイルの2つに競技は分かれる。レースは速さを競い、フリースタイルは技を競う。

さまざまな技を披露し、その難易度、独創性を競うフリースタイル。種目はさらに細分化され、平らな場所で連続したトリックを行う「フラットランド」、ランプやクォーターパイプなどを使用して、空中でのトリックを行う「バート」、そして、ジャンプなどのさまざまなセクションが設置されたパークでトリックを行う「パーク」の3種目がある。

フリースタイルの中でも、今回新たにオリンピックに採用された種目は、曲面やスロープを複雑に組み合わせた施設で行われる「パーク」だ。ジャンプ中に縦回転のバックフリップ、横回転の360に、自転車だけを回転させるテールウィップや、ハンドルを回すバースピンなどを組み合わせたトリックが主流となっており、1分間にトリックをいくつも行い、点数を競う。自分の演技構成を組み立て、なおかつ、他の選手とは違った技をすることが勝利の鍵となる。これまで速さを競うことに主眼が置かれていた自転車競技だが、技の難易度や独創性が採点の対象となり、選手がどのような技を繰り出してくるのか、多様な見どころがある競技だ。

そもそもBMXは、1970年代初頭にアメリカで登場したといわれている。さほど歴史が古いわけではないスポーツなのだ。日本のBMXシーンは「本場」のアメリカなどと比べると、まだまだ規模も小さく、問題が山積している。しかし、最近では日本でもBMXで活躍する選手が増え、競技人口やイベントなどで徐々に機運が高まりつつある。今回東京五輪の正式種目に名を連ね、注目が集まる状況が生まれている。

技の難易度、独創性を競う
技の難易度、独創性を競う技の難易度、独創性を競う

2020東京五輪で注目したい日本人ライダー

歴史が浅く、規模も小さい日本のBMXシーンだが、そんな中でも世界と肩を並べて、活躍している日本代表選手がいる。東京五輪代表選手の筆頭として名が挙がるのが中村輪夢だ。2002年2月9日生まれ、16歳の若きホープである。

BMXライダーでBMXショップも経営している父親の影響で、3歳から自然とBMXに乗り始めた中村。5歳で大会に初出場をすると、小学校高学年の頃には、キッズ クラスにおいてすべての大会で優勝。中学生でプロ転向を果たした。2015年にはBMXの本場アメリカで行われたRECON TOURの13〜15歳クラスにおいて優勝し、その世代の世界一に。2016年には世界の強豪も参戦したG-Shock Real Toughnessで優勝を飾り、日本中を驚かせた。2017年の11月に開催された第1回世界選手権では、最年少でファイナルに進出し7位入賞。12月に開催された全日本選手権では初代チャンピオンに輝いた。国内のみならず、国際大会にも積極的に挑戦し、日本代表の最有力選手であるだけでなく、メダル獲得に大きな期待が寄せられている。

その中村と並び期待をかけられるのは、30歳を迎え円熟味を増すトップライダーの高木聖雄(たかぎ・としお)だ。17歳で日本のプロクラスに昇格すると、海外修行や幾多のコンテストに挑戦。2011年全日本コンテストにて日本チャンピオンになる。その後4年連続で日本人チャンピオンに。2014年には、アメリカのシリーズコンテストで準優勝、プロクラス昇格を果たしている。自身が目標に掲げる世界一に向け、日々挑戦を続けており、東京五輪がキャリア集大成の場になるかどうかに注目したい。

中村と同年代の若いライダーからも目が離せない。2017年、山梨で行われたYBP GAMESのダートジャンプ部門で日本人1位に輝いた大霜優馬。2018年、中国で行われたワールドカップに、中村と一緒に出場した上田崇人も、東京五輪での活躍が期待されている。その下の年代には、世界大会準優勝の実績を手に入れた密岡奏央という小学6年生のスーパーキッズも控えている。

日本のBMXフリースタイルのガールズシーンを牽引しているのが大池水杜(おおいけ・みなと)選手だ。2017年のUCIワールドカップ(中国)で、ワールドカップ初出場ながら、決勝に進んで5位に。続くUCIアーバンサイクリング世界選手権では予選2位、決勝4位と、メダルに手が届く成績を残し、東京五輪のメダル候補として注目を集めている。

中学2年生でBMXに乗り始めた大池は1997年生まれ。2018年にフランスで行われたフリースタイルワールドカップで、日本人初優勝という快挙を成し遂げた。ビッグタイトルへの期待は大きい。


東京五輪でメダル獲得が期待される中村輪夢
東京五輪でメダル獲得が期待される中村輪夢東京五輪でメダル獲得が期待される中村輪夢

大きな盛り上がりを見せるBMXシーン

スポーツクライミングや3by3バスケットボールなど、若者に人気の高い都市型スポーツが初開催されることになった2020年東京五輪。BMXフリースタイル・パークが、そのひとつであることは言うまでもない。

2018年、BMXに関するビッグニュースがいくつか伝えられた。ひとつは世界大会のFISE(エクストリーム・スポーツ国際フェスティバル)が広島で開催されたこと。広島で開催された世界大会は、前夜祭も含めると、8万6000人もの大観衆が来場し、今までにない盛り上がりを見せたそうだ。もうひとつは、2024年パリ五輪の新種目として「BMXフラットランド」が正式採用されたこと。2008年北京五輪から採用されたBMX「レース」、東京五輪から正式種目となる「フリースタイル・パーク」「ストリート」に続いて4種目めとなる。BMXに対する期待の高さがうかがえる。

東京五輪まで残り1年となった。BMXフリースタイル・パークの出場人数は、男子9人、女子9人の計18人に決まっている。日本が出場するためには、UCI(国際自転車連合)ポイントを獲得し、東京五輪への切符を手にする必要がある。

オリンピックの正式種目になったことで、急速に「競技化」が進んでいるBMXフリースタイル。ルールや勝敗などの難しいことは考えず、世界のトップライダーが披露する高難度なトリックを、観客として純粋に楽しむのが正解ではないだろうか。選手たちも観客が楽しむことを一番望んでいるに違いない。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!