長谷川唯:新生なでしこの象徴的な存在。多彩なテクニックで攻撃の軸に

アグレッシブなプレースタイルは日本女子サッカー屈指
高校在学中に日テレ・ベレーザ入りし、チームの主軸となった長谷川唯。なでしこの一員としても存在感は増している
高校在学中に日テレ・ベレーザ入りし、チームの主軸となった長谷川唯。なでしこの一員としても存在感は増している高校在学中に日テレ・ベレーザ入りし、チームの主軸となった長谷川唯。なでしこの一員としても存在感は増している

サッカー日本女子代表“なでしこジャパン”。リオデジャネイロ五輪では、惜しくも出場権を逃してしまったが、その分、4年越しとなる自国開催の東京五輪で、彼女たちにかけられている期待は大きい。今年はFIFA女子ワールドカップフランス大会が開催されることもあり、再び世界一となり、そして、東京の地で“凛”とした花を咲かせることができるかに大きな注目が集まっている。そのなでしこジャパンの中で、今もっとも熱い視線が注がれている選手が、日テレ・ベレーザに所属する長谷川唯だろう。

長谷川自身が強みと語るドリブルは、チームの攻撃面の原動力になっている
長谷川自身が強みと語るドリブルは、チームの攻撃面の原動力になっている長谷川自身が強みと語るドリブルは、チームの攻撃面の原動力になっている

兄の影響で始めたサッカーが生活の中心に

長谷川は1997年1月29日、宮城県仙台市生まれ。仙台で過ごした幼少期のことはまったく覚えていないそうだ。それでも宮城県は、「自分の生まれたところ」であって、ルーツを感じる場所だと話している。サッカーを始めたのは、埼玉県戸田市に転居してから。兄の練習についていったのがきっかけだが、自然とボールを蹴り出し、気づいたときには、サッカーが大好きになっていた。

小学生になると、男女のチームを掛け持ちで参加するほどになり、戸木南ボンバーズなどを経て、2011年に中学校に進学すると、女子ユースサッカーの名門である日テレ・メニーナに加入した。

メニーナのチームメイトには高校生がいて、それまで経験したことがないようなサッカーに、ついていくのがやっとだったが、日々、必死に練習する努力の甲斐もあり、2014年までの4年間で全日本女子ユース (U-18)サッカー選手権大会優勝の中心選手になるまで成長した。

そして、高校在学中の2015年、なでしこリーグ1部の日テレ・ベレーザに選手登録。そのベレーザは2015年から2018年までリーグ4連覇を果たし、長谷川も2回ベストイレブンを受賞した。

相手を凌駕するイマジネーションあふれるプレースタイルが武器

「パワフルな外国勢選手に正面に向き合い、1対1の勝負をするのではなく、駆け引きをして、相手の背中に回ってボールを引き出すという、ポジショニングや運動力には自信がある」と、長谷川は自身のプレースタイルを自負する。

長谷川は試合中、あらゆるエリアに顔を出す。フィールドを縦横無尽に駆け回り、味方と連係する。状況に応じて、センターバックやフォワードの仕事もこなす。並々ならぬ運動量と技術の多彩さは、彼女の大きな強みだろう。さらに、複数の相手を一発で置き去りにするターンや、相手を食いつかせるパスなど、相手の心理も手に取るような動きにも見応えがある。

ベレーザで進化したことのひとつとして、「相手と2対1の数的優位を作るために、あえて自分から仕掛けて相手を引き付けることを意識した」と本人が語るドリブルにも注目だ。事実、ポジションがサイドからインサイドハーフになったことで、ボールに絡む回数が増え、味方との距離感も近くなったことから、駆け引きのアイデアが増え、精度が高まっていることが伺える。

また、「よく聞き、よく考えてプレーする」という日頃からの心掛けも、今日の活躍を支える大事な要素だという。スポーツをする上で、当たり前のようにも思えることだが、指導者からの厳しく、高い要求に対して、他人と自分を相対的に評価するのではなく、課題をひとつずつ、着実にクリアしていくことは、想像以上に地道な作業だっただろう。

日々、自分を向上させることに意識を注いだ成果は、やがて現れ始める。2012年U-17女子W杯では、「ブロンズボール」という個人表彰を受けた。2年後の2014年、U-17女子W杯ではチームを牽引。個人では「シルバーボール」に輝き、チームも世界一に導いた。

長谷川にとっての岩渕真奈(右)は、なでしこジャパンでの仲間であり、自身のプレーの質を上げてくれるライバルだ
長谷川にとっての岩渕真奈(右)は、なでしこジャパンでの仲間であり、自身のプレーの質を上げてくれるライバルだ長谷川にとっての岩渕真奈(右)は、なでしこジャパンでの仲間であり、自身のプレーの質を上げてくれるライバルだ

クラブのリーグ4連覇に貢献! 皇后杯も制す

日テレ・ベレーザを背負って立つ存在となった長谷川。今年の元日に行われた皇后杯決勝で、2018年シーズンの3冠達成を賭けて、宿敵のINAC神戸レオネッサと決勝で対戦した。延長戦までもつれる激しい試合となったが、4-2と見事に勝利を納めて、皇后杯2連覇を飾った。クラブとしては2007年以来となるシーズン3冠を達成。シュート1本のみだったものの、試合を組み立てる役割をこなして4連覇に貢献した長谷川自身も、最高のスタートが切れたことを喜んでいた。

ライバル岩渕真奈の存在

長谷川にはプレーの質を上げてくれるライバルがいる。2018年シーズンのラストを優秀の美で締めくくった日テレ・ベレーザだが、皇后杯決勝を戦ったINAC神戸レオネッサには、なでしこジャパンでともにプレーする選手も多い。中でも、長谷川は「岩渕選手は、一緒にやればやるほど恐ろしく、その凄さが分かる」と、リスペクトしながら、「特長を理解しているからこそ、対処法も練れる」と話している。岩渕のような才能あふれるライバル・仲間の存在が、互いを向上させているのだろう。

ワールドカップ前哨戦で存在感を発揮

なでしこジャパンに初招集されたのは、高倉麻子監督就任後の2017年のことだ。そこからはコンスタントに招集メンバーに名を連ね、重要な試合で着実に結果を残し、監督の信頼を勝ち取った。2月28日から3月6日までアメリカ行われた2019シービリーブスカップにも出場している。

世界でトップ10入りしている女子代表チーム4チーム(アメリカ、イングランド、ブラジル、日本)が総当たりで戦う、アメリカサッカー連盟が主催するこの大会。結果こそ、1勝1敗1分の3位に終わり課題を残した“新生”なでしこジャパンだったが、長谷川はしっかりとプレーで、爪あとを残して見せた。

第2戦のブラジル戦。23分、籾木結花の技ありのループシュートで先制。その後、一時は同点に追いつかれるも、81分に籾木のクロスから小林里歌子がヘッドで合わせて代表初ゴール。2-1と引き離すと、この日は途中出場だった長谷川が85分にドリブルで相手ペナルティエリアに侵入。シュートを打つと見せかけた鋭い切り返しから、完全に相手3人の裏をつき、冷静にゴールに沈めて、ダメ押しとなる3点目をマークした。このゴールは「3人置き去り弾」としてメディアが報じ、長谷川の存在感はさらに増す結果となった。ワールドカップに向けて、大きく弾みをつけた格好だ。

相手を圧倒する豊富な運動量と卓越したテクニック、相手を手玉にとるアイデアに満ちたプレー。なでしこジャパンの攻撃の軸として、獅子奮迅の活躍を見せる長谷川は、新生なでしこジャパンの象徴的な存在となった。日本女子サッカー界の未来を照らす若き才能が、東京五輪を舞台に、どのようなインパクトを残してくれるのか、期待はふくらむばかりだ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!