注目記事 | 陸上競技

陸上競技・ハードル種目のルールを知って東京五輪を楽しもう!|大会形式や注目選手について解説

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

陸上トラックの短距離種目では、アメリカやジャマイカ勢が強さを見せており、ハードル種目も同様だ。Tokyo2020(東京五輪)では、地元日本勢の上位進出にも期待がかかる。ここではハードル種目のルールや見どころについて解説する。

■種目

オリンピックで実施されるハードルは、男子は110メートルと400メートル、女子は100メートルと400メートルで実施される。男子が110メートルで行われる理由は、ハードル競技ができた頃の寸法はヤード方が主流で、120ヤード(100.9メートル)で行われていたためである。一方、女子はメートル法が主流になった後にできた競技のため、100メートルで実施される。

【男子】

  • 110メートル
  • 400メートル

【女子】

  • 100メートル
  • 400メートル

■ルール・大会形式

ハードル種目は、スターティングブロックを使用したクラウチングスタートで行われる。男子110メートルと女子100メートルは直線で実施される。各種目10個のハードルが設置され、ハードルの高さと間隔は種目によって異なる。ハードルは故意でなければ倒しても失格にはならない。隣のレーンの選手への妨害をしていなければ、足がハードルの外側に出ても問題ないが、バーの高さより低い位置を通ってはいけない。

オリンピックでは各種目、予選、準決勝、決勝が行われる。

ハードルの高さと間隔

【男子】

  • 110メートル:106.7cm、9.14m
  • 400メートル:91.4cm、35m

【女子】

  • 100メートル:83.8cn、8.5m
  • 400メートル:76.2cm、35m

■楽しんで見るポイント

男女とも110メートル、100メートルはスピードが見どころ。トップスピードに乗りながらハードルを越えるダイナミックなレースは迫力満点だ。

400メートルはスピード、スタミナとも高いレベルで要求される。ゴール前での逆転も多く、最後まで勝負の行方から目が離せない。またコーナーを曲がりながらハードルを越えるため、選手の技術も見どころのひとつだ。

■注目選手

高山峻野(1994年9月3日生まれ)

男子110メートルハードル現日本記録(13秒25)保持者。2019年の第17回陸上世界選手権では準決勝進出。東京オリンピックでは、決勝進出とメダル獲得を狙う。