注目記事 | フィギュアスケート

【1月15日】全米フィギュアスケート選手権1日目の日程・放送予定|ペアSP、女子SP

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

全米フィギュアスケート選手権(ネバダ州ラスベガス)が現地時間1月14日に競技初日を迎え、ペア・ショートプログラム(SP)と女子シングルSPを行う。女子シングルには3連覇を狙うアリサ・リュウ、マライア・ベルらがエントリー。ここでは初日の日程、放送予定などを紹介する。

日程・放送予定

※時刻は日本時間

1月15日

■競技

  • ペアSP
  • 女子シングルSP

【BS/CS】

J SPORTS 4:11:20~14:30(LIVE/女子シングルSP)

【ネット】

J SPORTS オンデマンド:7:55~11:00(LIVE/ペアSP)、11:10~15:30(LIVE/女子シングルSP)

注目選手

アリサ・リュウ(女子シングル):2005年8月8日生まれ

2019年全米フィギュアスケート選手権では、当時13歳ながらシニアクラスに出場し大会初優勝。2020年はフリースケーティング(FS)でトリプルアクセルを2回成功させ、連覇を達成。今大会では3連覇に挑む。

マライア・ベル(女子シングル):1996年4月18日生まれ

2020年全米フィギュアスケート選手権では、アリサ・リュウに次ぐ準優勝。今シーズンはISUグランプリ(GP)シリーズ・スケートアメリカで、ブレイディ・テネル、オードリー・シンらを抑え優勝している。

全米フィギュアスケート選手権

アメリカフィギュアスケート連盟主催のフィギュアスケート大会で、アメリカ合衆国の全国選手権。1年に1度開催されており、日本の全日本選手権に相当する。男女シングル、ペア、アイスダンスの4種目を実施。前回大会は、男子シングルはネイサン・チェン、女子シングルはアリサ・リュウが優勝した。

競技日程

出場選手

アメリカフィギュアスケート連盟公式サイト

新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大はフィギュアスケート界に影響を与え、2020年3月に開催予定だった世界選手権は中止。2020-21シーズンもその影響は大きく、GPシリーズは各開催国の選手が中心に出場することとなった。日本の宮原知子(関西大学・木下グループ)が出場予定だった第2戦のスケート・カナダと、紀平梨花や宇野昌磨(ともにトヨタ自動車)らが出場予定だった第4戦・フランス杯が中止。北京五輪のテストイベントとして、12月10日から13日に開催される予定だったGPファイナルも中止となった。世界選手権(3月22日~28日、スウェーデン・ストックホルム)と世界国別対抗戦(4月15日~18日、大阪府)についてISUは、今後の感染状況を見極めたうえで開催可否を判断するとしている。