注目記事 | スキージャンプ

【2月5日開幕】スキージャンプ女子W杯ヒンツェンバッハ大会の日程・放送予定|髙梨沙羅ら出場予定

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

2020-21シーズン、FISスキージャンプ女子ワールドカップ(W杯)が現地時間2月5日から7日に、ヒンツェンバッハ(オーストリア)で開催される。日本からは、過去4度のW杯総合優勝の髙梨沙羅(クラレ)が出場を予定。ここでは同大会の放送予定を紹介する。

日程・放送予定

※時刻は日本時間

※ノーマルヒル(ヒルサイズ=90m)で実施

2月5日:女子個人決勝

【BS】

NHK BS1:21:30~23:30(LIVE/21:30~22:40は102ch)

2月6日:女子個人決勝

【BS】

NHK BS1:20:45~22:45(LIVE/20:45~21:00は102ch)

2月7日:女子個人決勝

【BS】

NHK BS1:22:00~24:00(LIVE/23:50~24:00は102ch)

スキージャンプW杯

国際スキー連盟(FIS)主催のスキージャンプのシリーズ大会。男子は2018-19シーズンに小林陵侑が日本人選手として初めて総合優勝を果たした。女子では、髙梨沙羅がこれまで4度の総合優勝に輝いている。

2020-21シーズン女子W杯は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で大会の中止が相次いだ。開幕戦として予定されていたリレハンメル(ノルウェー)大会のほか、日本開催の札幌大会、蔵王大会なども中止。これまで個人は4戦を消化し、髙梨沙羅が第1戦(ラムソー大会/オーストリア)で3位、第4戦(ティティゼー・ノイシュタット大会/ドイツ)で2位に入り、2度表彰台に上がった。髙梨は第4戦終了時点で、個人総合で2位。今季3勝をマークしているマリタ・クラーマー(オーストリア)が、個人総合トップに立っている。

20-21シーズンFISスキージャンプW杯女子個人・総合順位(FIS)