【3/8(日)】びわ湖毎日マラソン日程&放送予定|東京五輪代表選考大会

Tokyo 2020(東京五輪)のマラソン日本代表選考レース、「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」男子第3戦を兼ねる「びわ湖毎日マラソン」が、3月8日に開催される。東京オリンピック出場を目指し、川内優輝らが出場する同マラソンの放送予定を紹介する。

びわ湖毎日マラソンに出場する川内優輝
びわ湖毎日マラソンに出場する川内優輝びわ湖毎日マラソンに出場する川内優輝

日程&放送予定

■日程

2020年3月8日(日)9時10分スタート

■放送予定

【地上波:NHK Eテレ

  • 9:00~12:00(LIVE)

【ラジオ:NHK FM

  • 8:59~11:45(LIVE)

■びわ湖毎日マラソンについて

毎年3月の第2日曜日に滋賀県で開催される。1946年に第1回が行われ、現在施行されている大会では、日本最古のマラソン大会と言われている。

日本人出場選手の自己ベスト記録、過去の結果(2011年、ケニアのウィルソン・キプサングの2時間6分13秒が大会記録)からも、びわ湖毎日マラソンで大迫傑の日本記録(2時間5分29秒)突破は困難だとされているが、大会3月1日に行われた東京マラソン2020では、大迫を含め、多くのランナーが自己ベストを更新した。これにはシューズの技術進化などが大きく寄与しており、びわ湖毎日マラソンでも驚くべき記録が出るか注目だ。

■コース

皇子山陸上競技場発着

国内招待選手

  • マチャリア ディラング(愛知製鋼/ケニア)2:07:53
  • ゼーン ロバートソン(スズキ浜松AC/ニュージーランド)2:08:19
  • 川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)2:08:14
  • マイケル ギザエ(スズキ浜松AC/ケニア)2:09:21
  • 荻野皓平(富士通)2:09:36
  • 大塚祥平(九電工)2:10:12
  • 野口拓也(コニカミノルタ)2:08:59
  • 鈴木健吾(富士通)2:10:21
  • 山本浩之(コニカミノルタ)2:09:12

海外招待選手

  • エバンス チェベト(ケニア)2:05:00
  • フィレックス ケモンゲス(ウガンダ)2:05:12
  • フィレックス キプロティチ (ケニア)2:05:33
  • サムエル ドゥング(ケニア)2:06:02
  • アブディ ナジーイ(オランダ)2:06:17
  • スティーブン モコカ(南アフリカ)2:07:40
  • サラエディーン ブナスル(モロッコ)2:07:52
  • アルフォンス フェリックス シンブ(タンザニア)2:08:27
  • ダーリス アヤラ(パラグアイ)2:10:27

※タイムは自己ベスト

有力選手

川内優輝(あいおいニッセイ同和損保):1987年3月5日生まれ

東京都出身。自己ベストは2時間8分14秒で、びわ湖毎日マラソンに出場する日本人選手の中で最も速い記録となっている。世界陸上に4大会連続出場するなどの実績を持つ。日本記録を更新し、初のオリンピック出場を目指す。

野口拓也(コニカミノルタ):1988年7月2日生まれ

宮城県出身。自己ベストは、2017年のゴールドコーストマラソン(オーストリア)で記録した2時間8分59秒で、出場日本人選手の中では2番目の記録となる。

大塚祥平(九電工):1994年8月13日生まれ

大分県出身。駒澤大学在学時は、4年連続で箱根駅伝に出場し、4年時には5区で区間賞を獲得する。2019年9月のMGCでは、大迫傑に次ぐ4位だった。

ナイキの厚底シューズ"ヴェイパーフライシリーズ"にも注目

1月31日、ワールドアスレティックス(世界陸連)が、使用シューズについての規定を発表し、スポーツ用品メーカー・ナイキの厚底シューズ「ズームX ヴェイパーフライネクスト%」の使用を認めた。新たな規定では、競技で使用できるシューズについて、靴底の厚さは40ミリ以下、複数のプレートまたはブレードの埋め込みを禁止、スパイク付の場合は靴底の厚さは30ミリ以下と定められている。

ナイキは従来の厚底シューズよりもさらに厚い39.5ミリの新モデルを発表している。3月1日の東京マラソンでは日本記録をマークした大迫傑をはじめ、ナイキのシューズを着用した選手が続々と自己ベストを更新した。

現行発売の厚底シューズは東京五輪で使用可能|世界陸連が発表

オリンピック関連情報

各国陸上連盟は各種目最大3名まで出場枠を与えられ、出場選手を決定する。男女ともに3枠を与えられている日本は、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)、MGCファイナルチャレンジの2段階で代表を選出する。

1: マラソングランドチャンピオンシップ(MGC、2019年9月15日)

男子

優勝者:中村匠吾(内定)
準優勝者:服部勇馬(内定)
3位:大迫傑

女子

優勝者:前田穂南(内定)
準優勝者:鈴木亜由子(内定)
3位:小原怜

2: MGCファイナルチャレンジ

男子

  • 第73回福岡国際マラソン(2019年12月1日)/設定記録突破選手なし
  • 東京マラソン2020(2020年3月1日)/大迫傑(2時間5分29秒)
  • 第75回びわ湖毎日マラソン(2020年3月8日)

女子

  • 第5回さいたま国際マラソン(2019年12月8日)/設定記録突破選手なし
  • 第39回大阪国際女子マラソン(2020年1月26日)/松田瑞生(2時間21分47秒)
  • 名古屋ウィメンズマラソン2020(2020年3月8日)

上記のMGCファイナルチャレンジ3大会において、設定記録(男子:2時間5分49秒、女子:2時間22分22秒)を突破した記録最上位の選手。この条件を満たす選手がいない場合、MGC3位の選手。

男子は、びわ湖毎日マラソンで大迫の記録(2時間5分29秒)を上回る選手が出ない場合、大迫が東京五輪代表に内定する。

東京オリンピック出場内定選手

2019年9月15日(日)に開催されたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で男女それぞれ上位2人が東京オリンピック出場選手に内定している。

男子

  • 中村匠吾(富士通)
  • 服部勇馬(トヨタ自動車)

女子

  • 前田穂南(天満屋)
  • 鈴木亜由子(日本郵政グループ)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!