注目記事 | 陸上競技

【8月23日】セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京のタイムテーブル・放送予定

注目は男子100m…桐生祥秀、小池祐貴、山縣亮太、多田修平、ケンブリッジ飛鳥ら

文: 渡辺文重 ·

日本陸上競技連盟(JAAF)主催、トラック&フィールド競技大会「セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京」が8月23日に行われる。日本のトップアスリートが集結する2020年最初の大会ということもあり、いつも以上に注目される。ここではタイムテーブルと放送予定を紹介する。

左から小池祐貴、桐生祥秀、山縣亮太

■放送予定

<地上波>

<ネット>

■タイムテーブル

  • 日時:2020年8月23日(日)
  • 会場:国立競技場(東京都新宿区)

11:35 男子走高跳(フィールド)

13:02 女子3000メートル障害 決勝(トラック)

13:03 女子走幅跳(トラック)

13:23 女子800m決勝(トラック)

13:33 男子800m決勝(トラック)

13:35 男子やり投(フィールド)

13:50 女子400mハードル決勝(トラック)

14:05 男子400mハードル決勝(トラック)

14:10 男子棒高跳(フィールド)

14:20 男子1500m決勝(トラック)

14:35 女子400m決勝(トラック)

14:45 男子400m決勝(トラック)

15:00 男子走幅跳(トラック)

15:06 男子100m予選HEAT1(トラック)

15:15 男子100m予選HEAT2(トラック)

15:24 男子100m予選HEAT3(トラック)

15:35 女子1500m決勝(トラック)

15:40 女子やり投(フィールド)

15:50 男子200m決勝(トラック)

16:00 女子100m決勝(トラック)

16:15 男子110mハードル決勝(トラック)

16:30 女子100mハードル決勝(トラック)

16:45 男子100m決勝(トラック)

参考:セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京タイムテーブル@国立競技場(pdf形式)

■男子100mの注目選手

セイコーGGP陸上2020東京で最も注目される種目は、男子100メートルだ。決勝は同日行われる予選3組の上位2名と、タイム上位2名による8選手で争われる。また予選の1~3レーンは「ドリームレーン」として、高校生アスリートが出場する。ドリームレーンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、多くの大会が中止や延期。さらにインターハイが中止となり、積み重ねていた練習の成果を発揮する場を失われた高校生が、国立競技場で日本のトップアスリートに挑戦する“夢の舞台”となっている。出場選手の選考は、JAAFの選考委員会によって行われた。ドリームレーンで最上位を記録した選手は、決勝にワイルドカードとして出場できる。

多田修平(住友電工)予選HEAT1

1996年6月24日生まれ、自己ベストは10.07。7月の大阪陸上競技選手権で優勝も、本人は「感覚が悪く、ゴール後に笑ってしまいました」と反省の弁。

山縣亮太(セイコー)予選HEAT1

1992年6月10日生まれ、自己ベストは10.00。肺気胸、右足首靱帯損傷からの復帰戦となる。リオデジャネイロ五輪の4×100mリレー銀メダリスト(1走)。

小池祐貴(住友電工)予選HEAT2

1995年5月13日生まれ、自己ベストは桐生祥秀と並ぶ9.98。この記録はサニブラウン・アブデル・ハキーム(フロリダ大学)の9.97に次ぐ、日本歴代2位。

桐生祥秀(日本生命)予選HEAT3

1995年12月15日生まれ、自己ベストは9.98。日本人として初めて9秒台を記録。リオデジャネイロ五輪では4×100mリレーで銀メダルを獲得(3走)。

ケンブリッジ飛鳥(Nike)予選HEAT3

1993年5月31日生まれ、自己ベストは10.08。リオデジャネイロ五輪の4×100mリレーではアンカーを務めた。

参考:出場選手情報(大会公式サイト)