「オリンピック至高の瞬間」でスポーツ感覚を取り戻そう

東京2020の当初開催予定期間に配信中のOlympic Channelオリジナルシリーズについて詳しく説明。

文: Olympic Channel ·

東京2020オリンピック競技大会の開催を来年まで延期することが3月に決まり、今年のスポーツイベントの日程には大きな穴ができました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行はいまだ終息しておらず、国際競技大会を開けない状態が続いています。

その大きな穴を少しでも埋めるべく、Olympic Channelはオリンピック至高の瞬間ストリーミングチャンネルを開設。夏季オリンピックの忘れられないレースや戦い、セレモニーを新たなコメントとともにメキシコシティ1968から振り返る、90時間以上におよぶコンテンツの配信を行います。

7月24日から8月末まで毎日、日本時間午後3時から視聴可能。体操競技のレジェンド、ナディア・コマネチらそうそうたるスターが、自身の至高の瞬間についてリアルタイムでコメントします。

スポーツ界のレジェンドたちがオリンピック競技大会で披露した歴史的パフォーマンスを、Olympic Channelが独占配信。世界各地で無料視聴可能で、olympicchannel.comのほか同チャンネルのモバイルアプリ、Amazon Fire TV、Android TV、Apple TV、Rokuプラットフォームでお楽しみいただけます。

配信スケジュールはこちらでご確認ください。

オリンピック至高の瞬間とは?

オリンピック至高の瞬間は、夏季オリンピック競技大会の歴史に残る思い出の瞬間の映像集。メキシコシティー1968からリオ2016までを振り返ります。

歴史的な決勝や戦いに加え、開会式や閉会式、ナディア・コマネチ、インドテニス界の英雄リーンダー・パエスらが五輪体験について語る独占インタビューもコンテンツに含まれています。

オリンピック至高の瞬間の配信日時は?

オリンピック至高の瞬間は、東京2020オリンピック競技大会が当初予定されていた7月24日から8月9日まで配信されます。

1968年から2016年までの50年間で開催された夏季オリンピック競技大会から選んだ、90時間以上に及ぶ映像集です。

アーチェリーからレスリングにいたるまで、全オリンピック正式競技を取り上げるほか、バルセロナ1992、アテネ2004、北京2008の開会式、アトランタ1996、シドニー2000、ロンドン2012の閉会式も盛り込みました。

アテネ2004でのマイケル・フェルプス、イアン・ソープらによる「世紀のレース」や、シモーン・バイルズ、ウサイン・ボルト、フー・ミンシャー、キャシー・フリーマン、ハイレ・ゲブレセラシェらのオリンピックレジェンドによるパフォーマンスも収録しています。

オリンピック至高の瞬間の視聴方法は?

オリンピック至高の瞬間はOlympic Channelで配信。olympicchannel.comとそのモバイルアプリのほか、Amazon Fire TV、Android TV、Apple TV、Rokuプラットフォームでご覧いただけます。

視聴可能な地域の制限はございませんので、世界各地でオリンピック至高の瞬間をお楽しみいただけます。