Bリーグの再開日はいつ? 再開する場合・しない場合のシナリオを解説| 優勝チームはどうなる

中止となった川崎ブレイブサンダース対レバンガ北海道の試合会場
中止となった川崎ブレイブサンダース対レバンガ北海道の試合会場中止となった川崎ブレイブサンダース対レバンガ北海道の試合会場

新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、男子プロバスケットボールリーグ「Bリーグ」の再開日はいつになるのか? 場合によっては試合が再開されないシナリオも考えられる。Bリーグが置かれた現在の状況をまとめた。

Bリーグ再開予定日はいつ?

Bリーグは3月17日、B1・B2リーグ戦の計95試合について開催中止を発表した。3月20日から4月1日にかけて無観客でB1第29節~第32節、B2第27節(代替試合)、第29節~第30節が行われる予定だった。Bリーグは4月4日の再開を予定している。

再開できた場合の日程消化について

Bリーグは2月28日から3月11日までの計99試合を延期した後、3月14日からリーグを再開して無観客試合を開催した。しかし、川崎ブレイブサンダース対レバンガ北海道の一戦で、北海道の3選手が発熱したため、再開から中二日で中止が決定。また、翌3月15日には千葉ジェッツ対宇都宮ブレックス戦でレフェリーの一人が発熱したため中止となった。

B1は、中止となった2試合の他に、4月4日・5日に第33節、4月8日に第34節を実施予定。B2は4月4日・5日に第31節、4月10日〜12日に第32節が開催される。中止となった2試合の扱いをどうするのか、また、予定どおり4月4日に再開して、5月6日から11日にかけてポストシーズンを行えるのか。3月27日に行われる臨時理事会で今後の方針が決まりそうだ。

再開できなかった場合のシナリオ

優勝チームは?

もしリーグ戦を再開できなかった場合は、どのような方法で「チャンピオンシップ」進出チームを決めるのか。参考までに現在の上位チームは、東地区首位・アルバルク東京、2位・宇都宮ブレックス、中地区首位・川崎ブレイブサンダース(確定)、2位・シーホース三河、西地区首位・琉球ゴールデンキングス、2位・大阪エヴェッサ、そしてワイルドカードは1位・千葉ジェッツ、2位・サンロッカーズ渋谷となっている。

昇降格について

また、リーグ戦を再開できなかった場合は、現在の下位4クラブが「B1残留プレーオフ」に臨むシナリオも考えられる。9位・新潟アルビレックスBB、10位・横浜ビー・コルセアーズ、11位・島根スサノオマジック、12位・三遠ネオフェニックスが「プレーオフ」を戦うことになるのかもしれない。

「B2プレーオフ」進出チームはどのように決めるのか。参考までに現在の上位チームは、東地区首位・仙台89ERS(確定)、2位・群馬クレインサンダーズ(確定)、中地区首位・信州ブレイブウォリアーズ(確定)、2位・西宮ストークス、西地区首位・広島ドラゴンフライズ(確定)、2位・香川ファイブアローズ、そしてワイルドカードは1位・茨城ロボッツ、2位・Fイーグルス名古屋という状況だ。

女子Wリーグはプレーオフの中止を発表

バスケットボール女子日本リーグ(Wリーグ)は3月23日の臨時理事会で、3月28日から4月5日にかけて開催予定だったWリーグプレーオフ全試合の中止を決定した。3月13日にプレーオフの日程を短縮して無観客で開催することを決め、感染拡大防止の準備を進めていたが、感染状況に終息の兆しが見えていないため、苦渋の決断を下した。その結果、今シーズンの優勝チームはなし、最終順位は決めないことになった。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!