BMXフリースタイルワールドカップ広島大会が4月19日から開幕

パーク部門には、中村輪夢、大池水杜がそれぞれ出場
東京五輪代表争いの前哨戦にもなるBMXフリースタイルパークワールドカップ。日本勢は中村輪夢、大池水杜とエース級が出場する
東京五輪代表争いの前哨戦にもなるBMXフリースタイルパークワールドカップ。日本勢は中村輪夢、大池水杜とエース級が出場する東京五輪代表争いの前哨戦にもなるBMXフリースタイルパークワールドカップ。日本勢は中村輪夢、大池水杜とエース級が出場する

都市型スポーツの祭典『FISE WORLD SERIES』が昨年に続き、広島県広島市で行われ、同イベントで『BMXフリースタイルワールドカップ』も併催される。

フランス・モンペリエで生まれた同イベントは、都市型スポーツの国際大会が集うワールドツアーで、2020年東京五輪から採用されるスケートボードやボルダリングなどを含めた複数の競技のワールドシリーズ大会、ワールドカップ大会も行われる。

なかでも『BMXフリースタイルワールドカップ』は、東京五輪で新規採用となった「パーク」部門には、全日本選手権王者の中村輪夢、女子の大池水杜が優勝候補として出場する。4月19日に予選が行われ、20日にセミファイナル、最終日の21日に決勝の予定だ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!