【NBAサマーリーグとは?】八村塁ら日本人選手も参戦、大会のみどころ、出場日本人選手を紹介!

NBAを中心に各国で活躍する若手プレイヤーが集う『NBAサマーリーグ2019』が、現地7月5日(日本時間6日)から米・ラスベガスで開幕する。今年、日本勢からは米NBAのワシントン・ウィザーズに入団した八村塁やメンフィス・グリズリーズ所属の渡邊雄太、そして日本のBリーグから比江島慎、馬場雄大の参加が決定している。

八村塁が6日開幕のNBAサマーリーグ登録メンバー入り

ワシントン・ウィザーズへ入団が決まっている八村塁も出場予定
ワシントン・ウィザーズへ入団が決まっている八村塁も出場予定ワシントン・ウィザーズへ入団が決まっている八村塁も出場予定

NBAサマーリーグとは?

サマーリーグとは、NBA全30チームの若手選手、NBA傘下Gリーグや米国外で活躍する実力派プレイヤーが集う大会。毎年ドラフト終了後に開催され、NBAチームに入団が決定したルーキーや、ドラフト外でNBA入りを狙う選手らが自らの実力をアピールする格好の舞台だ。

チーム首脳陣にとっては、自チームの若手の実力を測るだけでなく、新たな才能発掘の機会でもある。NBA外の選手を招致するのもこのためで、彼らも選手層の幅を広げるべく目を光らせている。現在、Gリーグチームに所属しながらグリズリーズでもプレーする渡邊雄太は、ブルックリン・ネッツの一員として参加した2018年のサマーリーグでグリズリーズ首脳陣の目に止まり、一定期間NBAでプレーすることが可能な「ツーウェイ契約」締結に至った。

米国外から参加が決定した選手は、サマーリーグ中、NBAチームのどこかに一時的に属する。馬場雄大(アルバルク東京)はダラス・マーベリックスのミニキャンプに参加した後、選考を経て同チームのロースター入りが決定。比江島慎(栃木ブレックス)は馬場と共にマーベリックスのミニキャンプ参加後、ワークアウトに参加したニューオーリンズ・ペリカンズでロースター入りが決まった。また今年はNBA全30チームの他に、クロアチア代表、中国代表チームも参加する。

本大会直前の現地7月1日(日本時間2日)からは、ユタ・ジャズが主催するソルトレイクシティ・サマーリーグと、サクラメント・キングスが主催するカリフォルニア・クラシックも同時開催されている。渡邊のグリズリーズはソルトレイクシティに参加中で、4チームによる総当たり戦を3日間に渡り戦う。

試合日程・結果(日本時間、日本人選手所属チームのみ)

日本人選手が所属するチームの全試合日程は下記の通り。7月2日〜4日はソルトレイクシティ大会、6日以降はラスベガス大会。

ソルトレイクシティ大会

7月2日

グリズリーズ(渡邊)85 – 68 ジャズ
渡邊雄太:26分出場、20得点、9リバウンド

7月3日

グリズリーズ(渡邊)84 – 99 サンアントニオ・スパーズ
渡辺雄太:出場なし

7月4日

クリーブランド・キャバリアーズ 68 – 81 グリズリーズ(渡邊)
渡辺雄太:25分出場、12得点、9リバウンド

ラスベガス大会

7月6日

マーベリックス(馬場)96 – 92 ネッツ
馬場雄大:18分間出場、5得点、6リバウンド

ニューヨーク・ニックス 74 – 80 ペリカンズ(比江島)| 地震発生により第4Q途中で終了
比江島慎:2分間出場、0得点、0リバウンド

7月7日

グリズリーズ(渡邊)105 – 75 インディアナ・ペイサーズ
渡邊雄太:23分間出場、15得点、4リバウンド

マーベリックス(馬場)113 – 81 ヒューストン・ロケッツ
馬場雄大:17分間出場、8得点、3リバウンド

ペリカンズ(比江島)79 – 84 ウィザーズ(八村)
八村塁:34分間出場、14得点、5リバウンド
比江島慎:5分間出場、0得点、0リバウンド

7月8日

グリズリーズ(渡邊)85 – 75 ロサンゼルス・クリッパーズ
渡辺雄太:22分間出場、12得点、7リバウンド

7月9日

ウィザーズ(八村)85 – 88 ネッツ
八村塁:29分間出場、19得点(両チーム最多タイ)、7リバウンド

マーベリックス(馬場) 101 - 105 キングス
馬場雄大:7分間出場、3得点

ペリカンズ(比江島) 109 – 72 シカゴ・ブルズ
比江島慎:出場なし

7月10日

フェニックス・サンズ 69 – 79 グリズリーズ(渡邊)
渡邊雄太:出場なし

クリッパーズ 90 – 72 ウィザーズ(八村)
八村塁:出場なし

7月11日

クロアチア代表 79 – 71 マーベリックス(馬場)
馬場:5分間出場、1アシスト

キャバリアーズ 78 – 99 ペリカンズ(比江島)
比江島:5分間出場

7月12日

アトランタ・ホークス 71 – 76 ウィザーズ(八村)
八村:32分間出場、25得点、1アシスト、9リバウンド

ボストン・セルティックス 113 – 87 グリズリーズ(渡邊)
渡邊:出場なし

7月14日

準々決勝:グリズリーズ(渡邊) 94 - 88 セルティックス
渡邊:出場なし

順位決定戦:ニックス 87 - 103 ウィザーズ(八村)
八村:出場なし(休養)

準々決勝:ヒート 100 - 101 ペリカンズ(比江島)
比江島:出場なし

準々決勝:マーベリックス(馬場)82 - 108 ミネソタ・ティンバーウルブズ
馬場:出場なし(ケガ)

7月15日

準決勝:グリズリーズ(渡邊)88 - 86 ペリカンズ(比江島)
馬場:出場なし(ケガ)

7月16日

チャンピオンシップゲーム

出場日本人選手と所属チーム

ゴンザガ大からウィザーズへの入団が決まった八村塁
ゴンザガ大からウィザーズへの入団が決まった八村塁ゴンザガ大からウィザーズへの入団が決まった八村塁

八村塁(ワシントン・ウィザーズ)

現在21歳の八村は、高校1年次から3連続で出場したウィンターカップで、母校・明成高等学校の3連覇に貢献。2015年のインターハイでも初優勝を経験した後、米ゴンザガ大に進学。3年次の2018-19シーズンにはチームのエースとなり、1試合平均30.2分の出場で19.7得点、6.5リバウンド、1.5アシストをマーク。6月に行われたNBAドラフト2019にて、ウィザーズから全体9位で指名された。日本人がドラフト1巡目で指名されるのは史上初の快挙。

ブラッドリー・ビール、ケガで離脱中のジョン・ウォールやドワイト・ハワードらを擁するウィザーズ。2018-19シーズンは32勝50敗でイースタン・カンファレンス11位に終わった。1978年に優勝して以降ファイナルから遠ざかっているチームに、八村がどのような新風を巻き起こせるか注目が集まっている。

グリズリーズでプレーする渡辺雄太
グリズリーズでプレーする渡辺雄太グリズリーズでプレーする渡辺雄太

渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)

田臥勇太に続き、日本人史上2人目のNBA選手となった渡邊雄太は現在24歳。高校2年次に高校生としては初の日本代表に選出され、以降3年連続で代表入りを決めた。卒業後、ジョージ・ワシントン大学に進学。1年次から主力として活躍し、大学卒業後に参加したサマーリーグをきっかけにグリズリーズとの「ツーウェイ契約」を締結した。2018-19シーズンはGリーグのメンフィス・ハッスルで1試合平均33.9分、14.1得点、7.3リバウンド、2.8アシストをマークし、NBA では15試合に出場した。

グリズリーズは1995年設立と比較的若いチーム。2010-11シーズンから7年に渡りプレーオフ常連チームを誇ったが、直近2シーズンはプレーオフ争いから離脱している。昨シーズンは33勝49敗でウェスタン・カンファレンス12位。

栃木ブレックスに所属している比江島慎
栃木ブレックスに所属している比江島慎栃木ブレックスに所属している比江島慎

比江島慎(ニューオリンズ・ペリカンズ)

日本代表エースの比江島慎は現在28歳。大学4年次から日本代表に選出され、2013年にはアイシンシーホース三河(現シーホース三河)に入団。1年目から活躍し、その年の新人賞を受賞した。18年に海外挑戦を宣言し、オーストラリアのブリスベン・バレッツに移籍。帰国後は栃木ブレックスに所属している。

2002年に創立されたペリカンズ。前身のホーネッツ時代には、現ロケッツのクリス・ポールが台頭。その後12年にはドラフト全体1位でアンソニー・デイビスを獲得した。以降、チームの絶対的エースとして活躍したデイビスは今年6月にロサンゼルス・レイカーズへ移籍することが決まったが、ペリカンズは今年のドラフト全体1位でオクラホマ大のザイオン・ウィリアムソンを獲得した。昨シーズンは33勝49敗でウェスタン・カンファレンス13位。

アルバルク東京で優勝を果たした馬場雄大
アルバルク東京で優勝を果たした馬場雄大アルバルク東京で優勝を果たした馬場雄大

馬場雄大(ダラス・マーベリックス)

日本代表にも名を連ねる馬場雄大は、現在23歳。高校1年次で出場した『FIBA アジアU-16男子バスケットボール選手権大会』でアジア3位となり、2年次にはU-18日本代表にも選出された。卒業後に進学した筑波大学では1年次よりインカレ2連覇を経験し、2017年には大学に在学しながらアルバルク東京と契約、新人賞を受賞。2018-19シーズンは『Bリーグチャンピオンシップ』で2連覇を果たし、ファイナルMVPも獲得した。

マーベリックスは1998年にダーク・ノヴィツキーを獲得した後、2000年からプレーオフの常連チームとなり、2010-11年シーズンにはチーム初の優勝を経験した。その全キャリアをマーベリックスで過ごしたノヴィツキーは昨シーズンをもって現役を引退。チームは現在、2018年のドラフトで獲得し、昨シーズン史上2番目の若さでトリプルダブルを達成したルカ・ドンチッチらを擁する。昨シーズンは33勝49敗でペリカンズに次ぐウェスタン・カンファレンス14位。

NBAサマーリーグ放送・配信予定

NBAサマーリーグは、ラスベガス大会が動画配信サービス「Rakuten TV」で配信される。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!