PVシンドゥとトーマス・レーラーが語るマインドフルネス

リオ2016やり投王者とバドミントン銀メダリストが、マインドフルネスを活用してパフォーマンスを最大に高める方法を伝授

ブリヂストンOlympic Channelがお届けするOlympic State of Mind」には、最高の自分を手に入れるためのヒントがいっぱい。その重要なテクニックの一つがマインドフルネスだ。

とはいえ、それは一体何なのだろうか?

コリンズ英語辞典によると、マインドフルネスは「気持ちを落ち着かせ、精神状態を改善するために、あるがままの現実に意識を集中させること」とある。

つまり、アスリートが心を乱す要素を排除し、目の前の問題に意識を集中するために、間違いなく有効なテクニックと言える。

陸上競技 - トーマス・レーラー

オーストラリア競泳界の新星アリアーン・ティトマスなど、試合前に音楽で気持ちを奮い立たせるアスリートがいる一方で、より精神的なアプローチを採るアスリートもいる。

リオ2016やり投の金メダリスト、ドイツのトーマス・レーラーがその1人だ。

レーラーは次のように語った。「試合に備える部分については、音楽を使っていない。僕にとってはその場の環境が非常に重要で、スタジアム内で常に心地よく感じられる状況に身を置きたいんだ。ウォームアップエリアにいるときからね」

「試合会場という環境で心を完全にクリアにしておきたいからこそ、ウォームアップ中に音楽は聞かない。僕はそんなアスリートの1人さ」

さらにレーラーは、調子の良し悪しも深く考えないようにしている。

マインドフルネスは経験から派生するものであり、目の前によりよい未来が待っていると知っているからこそ、心の平静を保ち、安らかな気持ちでいられると考えている。

「ネガティブな考えをポジティブに変えることは、長い時間をかけて会得するものだと思う。トレーニングで失敗するのは普通だからね。完璧な自分になって毎朝目覚めるアスリートなんていない」

「精神的に疲れている、あるいは肉体的に疲れていても、特に問題はない。その状況が何なのかを僕らは知っている。翌日か1週間後、あるいは1年後かもしれないけど、いずれよくなることをわかっているし、スポーツには長い時間がかかるプロセスもある。それが経験なんだ」

バドミントン – PVシンドゥ

インドの人気選手PVシンドゥを目標達成に導いたもの。それがマインドフルネスだ。

彼女はこれまで、主要大会で二番手に甘んじることが多く、リオ2016での銀メダルに続き、世界選手権でも2年連続の準優勝に終わっていた。

しかし、2019年半ばに瞑想を取り入れると、その数週間後に早くも決勝の壁を突破。バーゼルで自身初の世界タイトルを手に入れた

「精神的にも肉体的にも強くなければいけない。比率で言えば50-50。どちらも同じように大切なの」

「リードされている、あるいはポイントを落としがちなときこそ、メンタルの強さが必要になる。そのための取り組みを重ねていて、瞑想を始めて以来、冷静で落ち着いていられるようになったわ。試合中にもそれがすごく重要になってくる。心を乱してはいけないし、常に集中していなければいけない」

「とても楽しんでいるわ。以前は漠然と試合をイメージするだけで、こんな風に瞑想したことはなかった」

「朝でも午後でも、時間があればいつでもできる。何かを心に思い浮かべるとき、とにかくそれに打ち込まなければいけない。それが私にとってのマインドフルネスね」

「Olympic State of Mind」でマインドフルネスを体験

Olympic State of Mind はOlympic Channelのライブコンテンツで、チーム・ブリヂストンのアスリート・アンバサダーであるアリソン・フェリックス、ジョーダン・バローズ、上田藍、アリアーン・ティトマスが登場。
モチベーション、マインドフルネス、ビジュアライゼーセンを高める動画のほか、Olympic Channelポッドキャストのスペシャル版も提供。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!