なでしこジャパン、女子W杯開催国フランスに親善試合で1-3の敗戦...小林里歌子が1ゴール

1ゴールの小林里歌子(右、写真はシービリーブス杯アメリカ戦のもの)
1ゴールの小林里歌子(右、写真はシービリーブス杯アメリカ戦のもの)1ゴールの小林里歌子(右、写真はシービリーブス杯アメリカ戦のもの)

女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」は、現地時間4日にフランスのオセールで、フランス女子代表と国際親善試合を行い、1-3で敗れた。

6月に開幕する女子W杯のホスト国フランスとの、敵地での腕比べになったこの試合。日本は主将の熊谷紗希らが先発に名を連ねた。試合は立ち上がりの3分にいきなり失点を許すも、24分に小林里歌子がこぼれ球を押し込んで同点に追いつく。しかし、33分にフランスに勝ち越しを許し、1点ビハインドでハーフタイムを迎える。

後半も同点ゴールを狙いたい日本だったが、終盤の82分にセットプレーから追加点を許し、1-3で敗れた。

なでしこジャパンは9日に世界ランク2位のドイツ代表と親善試合を行う。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!