【アイスホッケー】北京五輪3次予選:男子日本代表、最終戦黒星で敗退

2月6日から9日かけ、2022年北京五輪の男子アイスホッケー3次予選がスロベニア・イェセニチェで行われた。IIHF(国際アイスホッケー連盟)世界ランキング23位の日本代表は最終予選進出1枠を懸け、同18位・スロベニア、同24位・リトアニア、同29位・クロアチアと対戦した。

好守を見せたGK福藤豊(写真は2017年4月のイギリス戦)
好守を見せたGK福藤豊(写真は2017年4月のイギリス戦)好守を見せたGK福藤豊(写真は2017年4月のイギリス戦)

日本はクロアチア代表との初戦に9-0で勝利。第2戦・リトアニア代表戦も4-0で白星を挙げる。全勝対決となった第3戦・地元スロベニア代表戦。日本は第1ピリオドに中島彰吾の得点で先制する。しかし第2ピリオドで追いつかれると、第3ピリオドはスロベニアの猛攻に失点を重ねる。試合は6-2でスロベニアに軍配。スロベニアが最終予選に進み、日本は3次予選敗退となった。

■男子アイスホッケー3次予選・日本代表戦結果

  • 2月6日(木)9〇0 クロアチア代表
  • 2月7日(金)4〇0 リトアニア代表
  • 2月9日(日)2●6 スロベニア代表

3次予選で1位となった国は、8月27日から30日にかけて行われる最終予選に進出。2019年のIIHF世界ランキング上位8カ国(カナダ、ロシア、スウェーデン、フィンランド、チェコ共和国、アメリカ合衆国、ドイツ、スイス)と開催国の中国は、北京五輪出場を決めている。(全12カ国出場)なお女子の予選プロセスは、2020年5月のIIHF連盟総会にて決定される。(全10カ国出場)

■男子アイスホッケー最終予選・グループ分け

グループD:スロバキア(開催国)、ベラルーシ、オーストリア、3次予選勝者

グループE:ラトビア(開催国)、フランス、イタリア、3次予選勝者

グループF:ノルウェー(開催国)、デンマーク、韓国、3次予選勝者

■男子アイスホッケー日本代表

GK

1 成澤優太(王子イーグルス)

29 福藤 豊(日光アイスバックス)

30 古川 駿(東北フリーブレイズ)

DF

2 河合龍一(東北フリーブレイズ)

4 蓑島圭悟(ひがし北海道クレインズ)

6 山田 虎太朗(王子イーグルス)

7 橋本 僚(王子イーグルス)

20 大津夕聖(日光アイスバックス)

12 佐藤大翔(日光アイスバックス)

22 梁取慎也(ひがし北海道クレインズ)

FW

8 高橋聖二(王子イーグルス)

9 高木健太(王子イーグルス)

11 大津晃介(ひがし北海道クレインズ)

13 寺尾裕道(日光アイスバックス)

15 入倉大雅(ひがし北海道クレインズ)

17 池田一騎(ひがし北海道クレインズ)

18 古橋真来(日光アイスバックス)

19 中島彰吾(王子イーグルス)

24 大澤勇斗(王子イーグルス)

25 越後智哉(王子イーグルス)

26 平野 裕志朗(ウィーリング・ネイラーズ/アメリカ合衆国 ECHL)

27 上野拓紀(ひがし北海道クレインズ)

28 佐藤航平(ニューハンプシャー大学/アメリカ合衆国)

チームオフィシャル

チームリーダー:中嶋正敬

ヘッドコーチ(監督):岩本裕司

アシスタントコーチ:大北照彦

アシスタントコーチ:外崎 潤

GKコーチ:春名真仁

医師:島本則道

理学療法士:金子知広

理学療法士:前田勇麿

備品設備マネジャー:吉田年伸

チームスタッフ:細谷妙子

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!