アイスホッケー

アイスホッケー女子日本代表が北京五輪出場決定|日本勢初の出場権獲得

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
ソチ、平昌五輪に続き3大会連続出場が決まったスマイルジャパン

4月24日、アイスホッケー女子日本代表"スマイルジャパン"の2022年北京冬季五輪出場が決まった。国際アイスホッケー連盟(IIHF)が24日に年間世界ランキングを発表し、日本は6位。上位6チームに出場権が与えられるため、日本は予選を戦うことなく3大会連続のオリンピック出場権を獲得した。

IIHF世界ランキングは、過去4年間の世界選手権と冬季オリンピック(予選含む)の結果を基にしており、24日に発表された2020年の世界ランキングは、2022年北京オリンピック出場権とグループ分けに適用される。男子は上位8チーム、女子は6チームにオリンピック出場権が与えられる。日本は男子が24位、女子が6位だったため、女子日本代表の北京オリンピック出場が決定。ソチ、平昌大会に続き3大会連続での出場となった。日本勢の北京オリンピック出場権獲得は初となる。

北京オリンピック出場決定を受け、飯塚祐司監督は「ソチ、平昌五輪よりチーム目標のハードルを上げ、最終予選ではなく、世界ランキングによって出場権を獲得することを選手とスタッフ一丸となり取り組んできた。本大会まで2年弱の時間があるが、チームのレベルアップに妥協なくチャレンジし、五輪本番へ挑みたい」とコメントした。

2022年北京オリンピック・アイスホッケー

男子は各組1位と、2位のチームのうち最も良い成績のチームが準々決勝へ進出、その他のチームはプレーオフ戦へ進む。女子はグループBの上位3カ国とグループAの5カ国で決勝トーナメントを行う。

<男子>

  • グループA:カナダ(1)、アメリカ(6)、ドイツ(7)、中国(開催国)
  • グループB:ロシア(2)、チェコ(5)、スイス(8)、予選3
  • グループC:フィンランド(1)、スウェーデン(4)、予選1、予選2

<女子>

  • グループA:アメリカ(1)、カナダ(2)、フィンランド(3)、ロシア(4)、スイス(5)
  • グループB:日本(6)、予選1、予選2、予選3、中国(開催国)

※()内の数字はIIHF世界ランキング

2020年の世界ランキングには、男女とも2020年世界選手権のポイントが含まれるが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により同大会は開催中止となった。今シーズンの世界選手権でのについては、大会シード枠に従ってポイントが付与され世界ランキングに反映された。