ウィザーズが今季初連勝、八村塁も15得点で貢献

13試合連続でスタメン出場し、2戦続けて2桁得点をマークした八村塁
13試合連続でスタメン出場し、2戦続けて2桁得点をマークした八村塁13試合連続でスタメン出場し、2戦続けて2桁得点をマークした八村塁

現地22日(日本時間23日)、NBAワシントン・ウィザーズは本拠地でシャーロット・ホーネッツと対戦し、125 – 118で勝利した。ウィザーズにとって今シーズン初の連勝となった。八村塁は2戦連続の2桁で15得点。

13戦連続の先発出場を飾った八村は、前半で1本のダンクを含む7得点と2スチールをマーク。後半、第3Q開始早々にレイアップを決めると、その後も要所で着実にスコアを伸ばし、残り2分54秒でベンチへ下がった。第4Qでは出場機会がなかったが、計21分20秒出場し、15得点2リバウンド2スチールで勝利に貢献した。

試合は、第3Q終了までホーネッツがやや優勢。90 – 96の6点ビハインドで突入した第4Qでは13点差にまで離されたが、残り3分2秒、ジョーダン・マクレーの3P(ポイント)シュートでついに逆転、そのまま勝ち切った。 

ウィザーズの戦績は5勝8敗に。次戦は24日(日本時間25日)、ホームのキャピタルワン・アリーナでサクラメント・キングスと対戦する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!